作家・神永学公式ブログ「担当さん、〆切り待ってください!!」

作家・神永学公式ブログ「担当さん、〆切り待ってください!!」

作家、神永学のオフィシャルブログ。
本のことを中心に、気ままに日常を綴っています。 

◆2ヶ月連続刊行◆

文庫版
4月20日発売
「浮雲心霊奇譚 呪術師の宴」
集英社文庫



最新刊
5月10日発売
「火車の残花 浮雲心霊奇譚」
集英社



日曜日の夜のことです。


ドラマ「ネメシス」の観賞を終え、そろそろ寝ようかなーーなどと思いつつスマホを見ると、TwitterのDMが届いていました。


はて??


私のTwitterにDMが届くのは、プレゼント企画をやっているときくらいなのに珍しい。


何気なしに差出人の名前を見てフリーズ!!


た、た、た、竹本健治先生?!


あまりの驚愕に、二度見……いや三度見しました。


えっ?


な、な、何で??


竹本健治先生は、私が3歳の頃から第一線で活躍されている小説界の重鎮です。


先生の作品は大好きなので、Twitterはフォローしていましたが、これまで面識はありませんでした。


ど、どういうこと??


もしかして、私は何か失礼なことをしてしまったのではないか??


必死に記憶を辿りましたが、何も思い当たることがありません。


さては、あれだ。


Twitterをフォローしてしまったのがいけなかったのか?


こういうとき、怒られることを前提にしてしまう哀しい思考……(汗)


ウダウダ考えながらオロオロしていましたが、時間をかけ過ぎるのも良くない。


覚悟を決めてDMを開くと、何と変格ミステリ作家クラブに加入しませんか?というお誘いのメッセージ!!


想定外過ぎたのと、嬉しさのあまり興奮状態に。


大好きな作家に認知されただけでなく、お誘いを受けるなんてーーこんな嬉しいことはありません。


取り敢えず、隣でゴロゴロしているハチのお腹をモフモフして気分を落ち着けてから、「是非、お願いします!」と返信させて頂きました。


ちなみに、変格ミステリ作家クラブとは何ぞや?と思う方は、コチラを見てね↓


変格ミステリ作家クラブ 


もう、この概要説明が面白い。

パノラマ島の建設を目指すって……(笑)


当面は、名乗れることが特典ということなので、プロフィールとか修正しようかな。