MMOのクエストについて | 吹雪のつぶやき

吹雪のつぶやき

MMORPGなどの仮想世界で暮らす「吹雪」が、思わず口にしてしまった「つぶやき」を綴った日記帳です。


テーマ:

今年のGWは天気良かったですね。オイラは恒例の東京旅行へ行って釣りしてました。田舎から都会へ遊びに行って、釣りしてるってのも変ですがね。まあ釣りと言っても、自然の川をせき止めた釣り堀で行っているので、「釣りした!」と威張れるものではないですw


さて、本題に入る前にちょっとブログのご紹介です。以前にも紹介したことがあるのですが、オイラがMMO放浪記を書き始めた時に最新MMORPGの情報ソースとして使ってきたブログがKULTUR(クルトゥーア:ドイツ語で「文化」を意味します)です。更新頻度が高く、非常に詳細な記事が掲載されるので、てっきり4亀みたいなゲーム情報サイトだとばかり思っていたのですが、どうも個人ブログ(?)のようでビックリしています。


KULTURの管理人さんはどんな職業なんだろう?と、ちょっと考えてしまいましたが、細かいことは置いておいて(そんなこと言えば、この「吹雪のつぶやき」の管理人のオイラも、正直怪しい人物だからなぁwww)、MMORPGに関する情報、話のネタとしては、KULTURは中々いいと思います。皆さんも巡回してみては如何でしょうか?


KULTUR(クルトゥーア)


今日は、このKULTURさんの最新のブログについて考えてみようと思います。お題は「MMOのクエストについて」です。KULTURさんの記事では、クエスト中心のゲームプレイがMMORPGにもたらす悪影響として、以下の5つを挙げています。


1.クエストはプレイヤーの自主性と自由を奪う

  仮想世界でのあなたの運命はゲームデザイナーがずっと前に立てた計画によって最初

  から決められている。


2.クエストはゲームの社会性とコミュニティを弱める

  今やソロクエストは典型的に序盤、中盤、そしてレベルキャップに到達するまでの大部分

  を占めている。


3.クエストがルーチンワークと化し、MMO体験をつまらなくさせる

  現在のMMOコミュニティが退屈で活気がない理由になっている。どれだけたくさんのレア

  アイテムを実装しても、この病は癒えない。


4.クエストはプレイヤーを怠惰で間抜けにさせる

  クエストはプレイヤーが自分自身のために考えて行動するのを嫌にさせ、次のクエストを

  追いかけるだけにさせる。


5.クエストの報酬が寛大すぎる

  その報酬にはモンスターからドロップする装備やプレイヤーの手で製作される装備など、

  MMORPGの他の要素の重要性を低下させるという副作用が存在する。


どれもこれも「そうそう、そうなんだよな」と共感できる理由ばかりです。クエスト自体は、ご新規さんの腕試し用やコミュニティーに参加する切欠としていくつか用意するのは良いと思いますが、クエスト主体にして、そのクエストがほぼソロでクリアできるとなると、MMORPGの一番の醍醐味であるPTプレイが無くなって面白くないですね。


それと、ソロでクリアできるクエストは、何千、何万クリアしても1つも心に残らないと思います。オイラも色々なオンゲをやってきましたが、そこでクリアしたクエストなんて全然覚えてません。つい最近やったArcheAgeや黒い砂漠のクエストだって全然記憶にないし心に残ってません。


心に残っているクエストは、AS(アルカディアサーガ)のクエストばかりですね。ミノクエとか大地クエとか、クエスト自体は全然面白くないけど、クエスト前後にPKに襲われるとことが良かったですね。当時は「邪魔するな!!」と本気で怒ってたけど、今、思い返すとPKさんも色々考え工夫してたんだなと感心しますよ。


大地クエなんて、白ネ(白ネーム:善良(?)なプレイヤー)がクエに入る所を赤ネ(赤ネーム:犯罪者)に襲撃されて全滅してしまう。なので白ネさんは大地クエの入口にハウスを建ててPTメンバーが揃うまでそこに待機できるようにする。そして食事やポーションを置いてちゃっかり商売もする。赤ネはハウスに入れないから外で待ち伏せして、ワザとエフェクトピカピカさせて低性能PCプレイヤーをフリーズさせてキル取ろうとする。


白ネも赤ネも知恵を出して考えてプレイする所が、面倒くさいようで実はゲーム的に良かったんですね。PKが要る要らないじゃなく、ゲームをどう楽しむかを真面目に考えることが重要ですね。PKはその要素のひとつなだけ。


1

↑Liliumギルド本部へご新規さんを案内しているところ。新規加入者の勧誘やりましたね。

今から思えば、ASでは面倒くさいことをワザワザ時間を掛けてやってましたね。今でも覚えているのが、紅の山賊さんのロールプレイ。グリマジさんが自身のブログで体験談を書かれていて、それを読んだオイラは、「さ、山賊にロールプレイされたい!」とエリア内をウロウロしていたものですw


オイラだけかもしれませんが、ASでは、ゲーム内で事件が起きる → ゲーム内チャット、2ch掲示板で騒ぎになる → 有名ブロガーさんがそれについて記事を書く → ゲーム内のプレイヤーへ広く伝搬するというように、情報の流れが出来ていたように感じます。鯖がひとつでプレイヤーも100人前後だったためかもしれませんが、ゲームプレイヤー同士の一体感が心地よかったですね。


このブログを書いていて、ASのことを色々思い出しました。あれから沢山の世界を旅してきましたが、心に残っているのはASの思い出ばかりですね。さて、今日から黒い砂漠のOBTがスタートします。ASより遥かに多くの開発費と開発期間を要した大作ですが、ASより多くの思い出をオイラにもたらしてくれるのでしょうか?ああ、思い出は人からもらうモノではなく、自分から作り出すモノでしたね。元開拓者さんのご来場を心からお待ちしております^^)ノ

吹雪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス