安倍総理の米国議会演説について | 吹雪のつぶやき

吹雪のつぶやき

MMORPGなどの仮想世界で暮らす「吹雪」が、思わず口にしてしまった「つぶやき」を綴った日記帳です。


テーマ:

4月29日、米国上院下院合同議会冒頭にて、安倍総理が日本の総理大臣として初めて演説を行いました。今朝はその演説の内容や、米国議員らの反応、そして全然関係ない某国の反応などが新聞、TV、そしてインターネットで多数報じられていました。


45分間の演説を視聴したオイラの意見を総括すると、「安倍総理の演説は非常に良かった。」と表現して良い出来だったと思います。約45分間全文英語にて演説されたこと自体、英語が不得意な日本の政治家としては十分評価できる所ですし、お世辞にも上手い発音では無いながら、大きな声で堂々と話す態度は日本人として誇れるものだったと思います。


この演説についてあーだこーだ言う人は、まずご自分で視聴してみることをお薦めします。そうしなければ、如何なる批判も意味のないものだと思いますね。


安倍総理 米国議会演説(ノーカット通訳版)


パフォーマンスの部分は置いておいて、その演説の内容ですが、こちらは日本語じゃないとよく判らないので、以下に示します。


安倍総理 米国議会演説(全文)


米国議会演説と言っても、内容的には難しいことを言っている訳ではなく、総理の身の上話や簡単なジョークも織り交ぜられています。某国や日本の左翼がギャーギャー騒ぐアジア周辺諸国へのお詫びですが、「みずからの行いが、アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目をそむけてはならない。」と非常にバランス取れた内容になっています。


謝り過ぎず、かと言って日本は悪くないと居直っている訳でもない良い内容だと思います。オイラとしては、日本は悪くないと声を大にして言いたい所ですが、敗戦国が戦勝国の議会で演説するんですから、多少謙るのは仕方がないと思います。


それより、安倍総理の演説の中で、硫黄島に上陸したローレンス・スノーデン海兵隊中将と、栗林大将のお孫さんである新藤義孝国会議員を紹介し、お二人が共に強く握手を交わされた所が非常に印象深く、感動的でした。このことは、後に大きく評価されると思います。この握手を演出してくれただけでも、今回の安倍総理の演説は大成功だったと思います。


先の大戦で肉親を亡くされた方々には申し訳ありませんが、戦後70年を経て、憎しみではなくお互いを尊敬しあえる仲になったのではないかと思いましたね。戦場で戦った日米の兵隊さんのお話では、確かに肉親や同僚を殺されたことに対しては怒りと憎しみを覚えるが、互いに命を掛け必死に戦ってきたからこそ分かり合えることもあるとのことでした。


そしてTPPの話ですが、安倍総理が、TPPは経済連携ではなく安全保障であると明確に意思表示されたことに注目しました。安全保障だからと言って、一方的に日本だけが損をするには我慢ならないですが、経済的観点だけでTPPを推進している訳ではないと発言されたことに対しては、一国民として安心できます。


日本はこれまで以上に世界平和と世界秩序の安定に寄与すると明言し、そのために必要な法案(集団的自衛権に関する法律)の整備を夏までに実現すると言い切りましたね。ここは左翼の皆さんから一斉に突っ込みがあるでしょうが、与党としては米国議会で約束してきたからと強行できるでしょうw


最後に、東日本大震災でトモダチ作戦を遂行してくれたことに感謝の意を示し、「日米同盟」を「希望の同盟」としようと語りかけた所は、純朴で保守的な米国人には心に響いたことでしょう。米国人は権謀術数に秀でたように思えるでしょうが、基本は陽気なカウボーイですよ。少々こっぱずかしいことをストレートにはっきり言った方がいいと思いますね。


米国は衰退し、今後中国が台頭すると言われていますが、実は、中国の労働者人口は一人っ子政策の悪影響により今後急速に減少するそうです。逆に米国は積極的な移民政策もあり、労働者人口が1000万人規模で増加するそうです。(ただし、オイラは日本での移民政策については反対です。なぜなら、移民してくる人間が反日思想の人間ばかりになるからですw)


もうオワコンだと思っていた米国経済は、実は1000万単位の労働者人口の増加で復活すると言う意見もありますね。多少卑怯な部分はありますが、中国と比較すれば米国経済の方がまだ公平です。どちらが日本経済にとって有用か、そして安全保障上有利かと言えば、答えは言うまでもありませんよね。今回の安倍総理の米国議会演説は、日米の中国けん制と日米両国の仲直りの意味を込めて企画されたのでしょう。


今回の演説を聞いて思いましたが、日本は真面目に高性能な日本語英語の自動翻訳機を開発すべきじゃないですかね。そうすればもっと互いに判り合えて、世界は今よりよくなる気がしました。

吹雪さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス