昨日の続き。 | 紙ふうせん
2018-10-07 22:12:45

昨日の続き。

テーマ:うみぼうず

 そういえば昨日は台風で風が強く、外に出られず。
 先週も台風で風が強くて大変でしたし、暑さもぶり返すしで、今年はどうなってるんでしょうねぇ。
 各地の被害が大きくなければいいのですが。。。

 そんな事を思いながら、先週テレビを見てて、折り紙の番組で紹介されていたものを折りました。

パトリシア・クロフォードさんの「グランドピアノ」
三本の足、蓋の形、蓋の支え、譜面台。どれも本物そっくりで、すごいなぁと。

こちら、時間を遡って、夏休みの最後に依頼があった折り紙教室で作った作品です。
地域の人たちが自主的に学童のような取り組みをされているところで、頭が下がる思いです。
これで1時間半くらい。

もっと遡ってお盆くらいに作ったのが、この睡蓮。15cmの折り紙を2枚。
内側のパーツと外側のパーツで折り方が違います。単独でもかわいいです。

こちらは9月に入って小学生対象の折り紙の教室の依頼を受けたときの作品。
これで2時間。参加者が7人でしたので、すんなり行き過ぎて、途中10分休憩を入れたのですが、それでも少々時間があまりました。

ハンチング帽は新聞見開き一枚。サングラスは30cm折り紙で。あとの伝書鳩、良く飛ぶ飛行機、一枚で折るコマは15cmです。
今回リベンジで一枚で折るコマを入れましたが、20分で出来上がってしまいました。人数が少ないと、進み方も早くなりますねぇ。

こちらは、図書館から借りて来た「あたらしい草花あそび」という本を見て。
銀杏で作るチョウチョはかわいらしいです。楠の葉で作るカブトムシやキツネ、クワガタは、香りがよくて、今もそのまま飾っています。

先月、本屋さんで買っておいた「秀麗な折り紙」から、やっとこさ作ったものを。
川畑文昭さんの「アノマロカリス」。サイズも見た目もかわいいー。けど難しかったー。

ロマン・ディアスさんの「プードル」。シンプルな直線がたまりません。


あ!。前回貼り忘れていました。小林弘明さんの「こぎつね」

これも直線で折り紙らしいフォルムでたまりません。

 

 作る気力が・・・。とか言ってた割には、いろいろつくったなぁ。しみじみ。
 ではー。

 

kamifu-senさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス