織物の神様 | ねねさんのアンテナ☆

ねねさんのアンテナ☆

神様のこと、まわりで起きた不思議なお話、霊感アンテナに引っかかったことなどを、
エッセイ漫画や日記、イラストという形で伝えています。
お仕事で漫画や神様アートを描かせて頂いています





先日、着物の帯締めを自分で作るというのを習いました。

正絹の糸をちゃんと使ってます。夏帯なので今年はもう使えませんが(笑)

image


私が二本目の半分を編んでるとき、他の人は一本目の半分ほどでした。

めちゃくちゃ集中してたので、周りの人に異常に早いって言われて、初めて気づきました。

編み物もやったことないし初めてのことだったので、最初はもたついてたんですが、すぐチャキチャキ編みだしました。


あれ?これ私やったことあるわってなりました。

編んでる途中で楽しくなってきましたが、前世も視えてきました。

今まで自覚なかったんですが、どうも私、前世でも織物やってたようです。

今まで無縁だと思ってたので意外でした。

着物の織物に興味があるのもそのせいでした。

一回だけじゃなくて何度かしているようです。

琉球の着物に興味あるのもそのせいだと思いますし、産地によって興味の度合いが違うのも納得できました。




以前も織物の神様の話をしていましたが、呼ばれていることに気づいてませんでした('ω')←

それで行った神社さんに時々織物の神様がいらっしゃるのか!って腑に落ちました。

前回の旅行では出雲鳥取に行きましたが、呼ばれた神社さんの中にやっぱり織物の神様がいらっしゃいました。

出雲には古代、倭文織(しづおり)という織物がありました。

その倭文織の神様が祀られている神社さんでした。

でも幻の織物と言われていて、ネットで一部見れますが、ほとんどすたれてなくなっているようです。

なのでその神社さんの案内板では、以前は織物の神様が祀られていたけど、途中から安産がメインになったと書かれてありました。(※私から視ると、まだちゃんといらっしゃいました)

出雲の王や民衆はこの織物の着物を着ていたのかと思うと、感慨深いです。




image

今晩は中秋の名月の日でした。
この日に満月は八年ぶりだそうで、見てみたら思いっきり雲がかかってました^^;





ポチッと押してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


自己啓発ランキング







<お願い>
・ブログ内の写真やイラスト画像等のネットへの転載や、待ち受けの無断使用は管理人に著作権がありますので、ご遠慮ください。




※絵のオーダーの受付は現在お休みしています。
再開するときはブログやHP等でお知らせします。
アクセサリーの通販は今後縮小しやめる予定でしたが、趣味の範囲で絵の合間に通販を行うことがあります。
その際はブログ更新にて随時お知らせします。


<ホームページ>
https://easterbunny.amebaownd.com