榛名山と渡来系豪族 | ねねさんのアンテナ☆

ねねさんのアンテナ☆

神様のこと、まわりで起きた不思議なお話、霊感アンテナに引っかかったことなどを、
エッセイ漫画や日記、イラストという形で伝えています。
お仕事で漫画や神様アートを描かせて頂いています



最近地味に色々と忙しいです。orz


先日番組表見てたら「ふしぎ発見」が気になって録画してました。

ポンペイみたいな場所が日本にもあるって回でしたが、すごく面白かったです!

でも見てみたら、あ、この話私知ってるわってなりましたが(笑)。

要約すると榛名山噴火時に周辺に巨大な王国があったけど、みんなが逃げだした後、王様とその家族は残って、山の祟り神に立ち向かったみたいな話です。

火山の噴火に巻き込まれて遺骨や調度品がポンペイみたいに残ってました。



image

榛名山は行ってみたい山のうちの一つです。

今も一応活火山になってるって最近知りましたが、昔からある修験道の一つです。

山登りが無理でもせめて神社には行ってみたいです。

写真でしか見たことないけど、すごい神山だと思います。

image


昔、関東にもヤマト政権に負けない大きな国があったとは聞いたことあったけど、静岡の方だと思ってました。

以前静岡の神社に行く時に古墳に寄ったことありましたが、すごいパワースポットでした。。。

写真探したけど見つけられなくて、全然関係ない写真を貼ってます(笑)。

榛名山付近の国も大きかったそうです。

火山に巻き込まれた王様は何もなければ普通に前方後円墳に埋葬されるくらいのエライ人だったとか。。。

火山に巻き込まれた王様の遺骨を分析すると渡来人だとわかりました。

でも奥さんは昔から日本にいる縄文弥生の流れを汲む女性らしく、渡来した男性が現地の女性をお嫁さんにしたそうです。

この話がとても興味深かったんですが、歯を調べると生まれ育った場所がわかるんですが、分析するとこの二人は群馬県の別の場所から榛名山の麓まで移動して国を治めたそうです。

しかも群馬のその場所も榛名山と同じように大和政権とつながりが深く、やはり古墳時代は大国だったそうで、大陸から渡ってきた渡来人が馬や外国の文化を持って群馬にやってきて、当時珍しかった馬の飼育をしていたそうです。
(※馬は当時権力の象徴でした。たくさん持ってる王様ほど力が持てたんです)

渡来人のもたらした文化は当時の日本人の食生活を豊かにしました。

古代に渡来人で権力を持った豪族が多かったのも頷けますよね。

神社も渡来系豪族が作ったものが多いです。

大和政権に馬を供給してたから、群馬って地名になったそうです(へーってなった!!こういうトリビアすき!)


14


そういえば最近知ったんですが、山口の有名な豪族の大内氏を遡ると渡来人です。

百済の聖王の末裔とされています。

一回山口の百済王の末裔の供養塔になぜか(^^;呼ばれたんですが、そこの看板に

聖徳太子に呼ばれて百済から渡来した百済王の息子が、一旦奈良に行って聖徳太子と会った後、当時の山口に所領を与えられて、移動したってありました。

結局大内氏は毛利氏に滅ぼされちゃいますが。。


そういえば最近も県外出身の人を瑠璃光寺に連れて行って、観光案内しました。

最近やたらと大内関係に呼ばれるなぁって思います。。

いかに昔、西の京って言われるほど栄えていたかという話をしていましたが、最終的に今はこんな超田舎だけどって話になります(ディスってるやん!)

大内氏は当時の皇室ととても太いパイプがありましたので、当時の有名人の雪舟や利久を呼んでお茶三昧。

サビエルさんも布教させてくれって鹿児島からわざわざ来るわ、伊勢神宮うちにも作りたいって当時の天皇に頼んで大神宮作るは、アゲアゲでした(笑)



神社の大元を辿ると大体渡来系豪族に行きつきますが、それだけ当時の日本全国に最先端の文化を広めていった功績なんでしょうね。



9


以上、ただの歴史話でした。。スピじゃなくてごめん(笑)






ポチッと押してもらえると嬉しいです!


スピリチュアルランキング


※神様の絵のオーダーの受付は現在お休みしています。
再開するときはブログやHP等でお知らせします。
アクセサリーの通販は今後縮小しやめる予定でしたが、趣味の範囲で絵の合間に通販を行うことがあります。
その際はブログ更新にて随時お知らせします。


<ホームページ>
https://easterbunny.amebaownd.com