今朝、まだ眠気の中にあったのですが

『嵯峨天皇』とはっきり浮かびましたので

調べるようにとの間違いない言葉の体験

です。

 

その言葉が来る前に、夢を見ていたような

感じで、その中で調べるべき言葉が

あったのに、目覚めた時、それが何だったか

忘れてしまっていたのです。

 

それで何だったか思い出せずに

いた時、『嵯峨天皇』と来て、

思い出したような感覚で来たという

いきさつでした。

 

でも、自分でもたまにはこのように

はっきりと、自分ではないと思える体験が

差しはさまれないと、きついものがあります。

 

今朝はこの体験だけですごく安心感を

持ちました。

 

昨日あたりも自分自身の興味によるもの

ばかりだったからです。

ですが、

 

今朝、この嵯峨天皇のあと、

たくさん続けて浮かんでいたのですが

 

その中に、再々度というべき言葉

『どみにおん』があります。

 

来た時に、『どみにおん』という言葉が、

昨日もその前も、このところ気になっていた

あのドミニオン、だとは、判別がつかなかったのです。

なので、導きの言葉だったということで

間違いないと感じることができました。

 

 

『嵯峨天皇』 は念のため

ひらがな検索しましたが

当然

『嵯峨天皇』のウィキのページが先頭です。

嵯峨天皇 - Wikipedia

 

冒頭から丁寧に読んでいきました。

かなりの量になっていましたが

略歴 の中に、

【空海に東寺を賜い、..】とあり、また、

【 空海、橘逸勢とともに

三筆の一人に数えられる】とのことでしたので

空海つながりだったと解りました。

 

嵯峨天皇の年代を見たときから

時代的にも空海さんつながりかもしれないと

思っていました。

 

嵯峨天皇にはこれまでに言葉の体験で

すでに出ていないのか

調べてみましたが

意外にも出ていませんでした。

 

もし出ていたら、憶えているはずと

感じますのでやはり初めてだったと

思われます。

 

記憶に残っていないと何度でも来る場合も

あるのです。

ちょっと久しぶりに空海さんつながりの

体験となりました。

 

 

 

不思議な体験について

皆さんに何かを伝えたい思いから

ブログランキングに参加しています。

応援いただけますと嬉しいです。

 


スピリチュアルランキングキラキラ