悩める50代の方
言葉をつかって人生を好転させる
3Cコーチング  澤田実季 です
 

 

 

 ずっと気になっていること

ってありませんか?

 

 

私は子どもの頃に違和感を覚えたできごと

実はあるんですよね

 

 

それは母親がとった行動

子ども時代はずーーーーっと

気になっていた違和感

 

 

でも、それおかしいよね!

よくないことだよね!

とは、言えない自分がいました

 

 

どんなエピソードだったと思いますか?

 

 

まだ小学校1年生?

年長さん?

くらいの年齢のことです

 

母と一緒に出かけました

電車で出かけるのでウキウキ

嬉しい気持ちでいっぱいだったのを

覚えています

 

 

それがね、母がビニール袋を

持って出かけたんです

小さいんですよ

中に何が入っているのかを知らなかった

 

で、駅に行ったら

駅のゴミ箱にそれを捨てたんです

 

「何、捨てたの?」と聞くと

 

「生ゴミだよ。家にずっと置いておくと

臭くなるでしょ」って

 

 

?????

 

 

そりゃそうかもしれないけれど

だからって生ゴミを

駅のゴミ箱に捨てていいのか?

 

 

今と違って1980年代以前には

駅にも街にも

ゴミ箱はたくさんありました

 

 

自分の家が臭くならなければいいのか?

公共の場は臭くなってもいいのか?

それを回収する人の気持ちや

手間はどうなのか?

 

子どもながらに思ったのを

今でも鮮明に覚えています

 

 

私がセラピーやコーチングの世界に入った

きっかけとなった母との葛藤

 

 

もう何年も前のことですが

こちらに詳しく書いてあります

 

 

 

 

 

 

ゴミの捨て方

誰に教えてもらったわけでもないのに

どうしてそう思ったのか

今でも不思議です

 

親の背中を見て育つ

このエピソードは反面教師だったようです

 

そして

母との葛藤で書いたように

その時の違和感を

ずっと

自分の意見を言えないでいた自分

Yesマンを演じていた自分

 

 

あー、苦しかったんだな

 

と、今ならわかります

 

そして

苦しかったんだね

もう終わりにしていいんだよ

 

 

自分の中で終わりを告げられたこと

 

今なら堂々と母に

「それはいけないことだよ」

と言える自分になっています

 

 

言えるようになった自分

自分の意志を伝えられる自分

 

すぐには無理かもしれないけれど

あなたも

自分の意見や考えが言えなくて
自分が我慢をすればすむこと
相手に合わせていればすむこと

 

そんな自分から卒業してほしいな

と、
そんな自分からあなたなら卒業できます

 

 

よかったらこちらで気持ちを話す練習してみませんか

 

 

 

 

 

 

 

 

********

 

 


 

 

私の夢が叶った

サトちゃんとのコラボ講座です
 

 

 

 

澤田実季 サトちゃんカメちゃんの お悩み相談会 - リザスト親子関係 夫婦関係 コミュニケーション 自分自身  ルノルマンカード ナチュラ メンタルコーチ セラピスト コンサルティング 澤田実季リンクresast.jp

 

 

 

今日も最後までお読みくださり
ありがとうございました

 

 

明日もステキな一日をお過ごしください

 

 

 

 

 

 

お知らせ

しばらくの間
講座はリクエスト開催とさせていただきます

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 現在募集中のイベント 
しばらくはリクエスト開催

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

2020年より
一般社団法人 エスバイシーベネフィット協会 専任講師