悩める50代の方
言葉をつかって人生を好転させる
3Cコーチング  澤田実季 です
 

 

 

自主的に行動ができる人に

なりたいと思ったときに

できることは何か?

 

 

今日はそんなおはなしです

 

 

ねぎらいの言葉だったり

感謝の言葉だったり

勇気づけの言葉だったり

 

逆に

もっと頑張れのエールだったり

欠点を指摘されたり

 

 

いろいろな言葉かけがあります

 

 

 

例えば

ずいぶん前のことですが

良かれと思って

私はつれあい君にヘルシーな

おかずばっかり

用意したことがありました

 

 

なんとなんと

文句を言われてへこむ

 

「ボリュームのあるものが食べたかった

肉が食べたかった」

「食べたいものくらい聞いてから作ったら」

などなど

 

へこむだけならいいんですが

自分を否定されたようで

悲しくなりました

 

そんな経験ありませんか?

 

ご主人に対してではなくて

お子さんなどにも

 

 

お子さんはママのためにと思って

洗濯物を畳んだら

ぐちゃぐちゃで

ママは「余計なことしなくていいから」

忙しくてイライラしていると

言ってしまうことありませんか?

 

 

子どもは悲しいでしょうね

 

 

そんなとき

どんな言葉をかけたらいいと思いますか?

 

 

「ありがとう

気持ちがこもっていて嬉しいよ」

 

と、まず勇気づけの言葉をかける

 

勇気づけって

単に褒めるのではなくて

過程や努力、感謝、気持ちなどを

伝えます

 

 

image

 

先程の子どもの例だと

「ママが忙しいのをわかっていて

畳んでくれたんだね、ありがとう」

 

 

そう、言われたら

子どもは嬉しくて

もっと役に立とう

と、思います

 

子どもに限らず

奥さんだってそうですよね

旦那さんだってそうですよね

部下だったり、上司だったりでも

同じですよね

 

 

勇気づけの言葉をかけられていると

自分で考えて行動する力が尽きます

 

つまり

自主的に行動できるようになります

 

 

逆に

欠点ばかり言われたり

 

勇気をくじかれる言葉をかけられ続けると

自分で考えて行動するのが

怖くなってしまいがちです

 

つまり

指示待ちになってしまうようです

 

 

でね、

人に勇気づけ、人を認める

その前に一つだけもっと大切なことがあります

 

 

それは

まずは

自分が自分を認めること

 

image

 

自分が自分を認めると

自信につながります

 

そして

自分で考えて

自主的に行動できるようになる

 

 

まとめると

まずは

自分を認める 

ことから始めてください

 

 

 

 

 

********

 

 

今日は朝からよい天気になり
気持ちもあがり、テキパキと行動できました

 

そして○○りへリフォーム後の家具を見に
行きました

 

あんまりたくさんあるとかえって選ぶのに
迷うものですね

 

選択肢がたくさんあることは重要ですが
ありすぎて困る場合もあるんですね

 

自分の人生の選択肢はたくさんの中から
選べるとより好きなものを選べそうだな
なんて○○りへ行って思った今日でした

 

 

 

 

今日も最後までお読みくださり
ありがとうございました

 

 

明日もステキな一日をお過ごしください

 

 

 

 

 

 

お知らせ

しばらくの間
講座はリクエスト開催とさせていただきます

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 現在募集中のイベント 
しばらくはリクエスト開催

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

2020年より
一般社団法人 エスバイシーベネフィット協会 専任講師