悩める50代の方
言葉をつかって人生を好転させる
3Cコーチング  澤田実季 です
 

穏やかな一日でした
オリンピック開催にむけて
色々と今日は新しいことも決まり
前へと進みだした感

 

何ごとも動き出さないことには
前へとは進めませんからね

 

 

********

 

 

 

さて、今日のおはなしは

交渉してみる

 

ここしばらくリフォームのお話を書いてきました

 

今日はリフォームに関してですが
交渉することは大事
そしてそのときの

コミュニケーションの仕方も大事

 

そんなおはなしです

 

 

今日は私が

新しい住まいの管理事務所に交渉に

 

実はこちらの住まい
来たときにビニールのカーテンがかかっていて
それを取り外して

自分がつかうカーテンをつるしました

 

 

ちょっとお家らしくなってきた

 

image

 

 

娘の部屋のカーテン使ってます(笑)

 

image

 

 

 

でね、そのビニールのカーテン
どうなっちゃうんだろう


引っ越しの立ち合いで管理事務所の方が
一緒に来ているんだから
カーテンを引き取ってくれてもよさそうなのに


結局、あとでわかったら
その「ビニールは可燃ごみの袋にいれて
捨ててください」ということでした

 

4部屋分もあるので結構なかさばりよう
ゴミ袋も有料で必要な枚数もかかりますよね

わが家のものではなく
管理会社と管理組合のものなのに???
 

ということで
これは管理会社に引き取ってもらいたいな!
と、思い管理事務所へ

 

そのときに
なんて言って引き取ってもらうのがいいか
行く前に考えたわけです

 

最初は「うちのじゃないのに」と思って
腹がたっていたので

文句を言いに行くモード


でもこれではケンカ腰になってしまうし
話がこじれるのも嫌だし・・・・・

 

そんなときにハタ!と

思いついたことがありました

 

「私は文句を言いに行くのではなくて
相手の人と交渉に行くんだ」と

 

そう思った瞬間
腹がたっていたのが冷静になりました

 

文句⇒交渉

 

に、言葉を変換しただけ

 

だったら冷静に交渉事の話の段取りを考えられる

 

 

さて、交渉はいかに

 

まず丁重にやわらかく事情を説明
・わが家のものではない
・管理会社のものを片付けるのはおかしい
・しかもゴミ袋にお金をかけなくてはならない

 

まぁかいつまんで言えば
これらのことを

丁寧にゆっくりと穏やかに話しました

 

先方も
「そうなんですけどね・・・
じゃ、こちらで特別に廃棄しますのでもってきてください」

と、すんなり交渉成立

 

わたし

Good job !

 

言ってみるものですね
また
ケンカ腰で文句をいうつもりだったら
たぶん、こんなにすんなりとはいかなかったと思います

 

感情的になればなるほど
話はこじれます

 

おなじことを話すのでも
声の調子やトーン、ペース
これらの要素も踏まえながら話す

 

実は人って
言葉の内容、言葉の意味よりも
話し方やしぐさ、声の調子で
相手を判断しているんです

(メラビアンの法則より)


 

相手との会話の内容
言葉ではない部分での会話

 

ぜひ身につけてくださいね

 

そして最後に

もう一つ忘れてはならないこと

 

お礼と感謝のことば

 

ビニールカーテンをもっていったとき

「大変助かりました ありがとうございます」

と、伝えてきました

 

 

 

 

 

明日もステキな一日をお過ごしください

 

 

 

 

 

 

 

しばらくの間
講座はリクエスト開催とさせていただきます

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 現在募集中のイベント 
しばらくはリクエスト開催

お問い合わせフォーム

 

 

 

 

2020年より
一般社団法人 エスバイシーベネフィット協会 専任講師