Evergreen

テーマ:


夏になると、必ずここに帰って来ます。
若くして本当に天使になってしまった華月。
yu-kiさんの声とパフォーマンスも美しい。
世の中に、こんなにも美しい曲があるのかと聴く度に、何度も涙を流します。
自分の心が汚れている程、美しい気持ちや何かに触れると自然に涙が流れます。
それは汚れた自分の許しを乞う術であり、最後の最後ではまだ自分は、終われないと、このまま終わるのは許せないもう一人の自分が居るのかもしれません。

自分自身も、本当はギリギリの所で様々なマイナスの感情が、負の気が心身に溜まって行く感覚がわかるけど、何となく大丈夫な気がしています。
ギリギリの所でしか見えない気持ち、気付き、有難みを実感するとその足元も悪い事では無いのだなと思えます。
争いや怒り、憎しみの感情は悲しみしか生まない。
だけど、その悲しみや憤りの果てに見える景色はきっと温かいものだと信じていたい。



こっそり、勝手に置いたいなり
この前新宿の眼科画廊で展示会を見てきました。

何となく、これを堺に自分の寿司熱が一段落した様な気がします。
二年前、無感情だった自分にいつでも微笑んでくれた寿司達。
どんなに辛い時もいつでも笑ってくれていた寿司達。
本当に、感謝しかない。
でももう、この子達に依存しないで生きて行ける気がするから、大丈夫。本当にありがとう。
ある程度距離を置いて寿司をキャラクターとして見た時に初めて対等になれる気がしました。

なんか精神世界みたいな事書いてますが至って普通です。あわよくばホイミンとライアンのスピンオフ作品を電子小説で書いてます。
ただちょっとどうやっても官能に走るんだよなあ…