最近ずっとNo.0とクソカワpartyを聴きながら三浦知良選手の本を読んでいる。三浦知良選手の言葉は凄く突き刺さる。


自分的には今、煮詰まってるのかと言う感覚すら分からないが色々な言葉や景色、メロディが溢れては掴もうとすると消えるの繰り返し。その中から残った表現にありがとうを心から言わないといけない。そして形にしないと報われない。

猛暑の中体調も整えて、以前重度の熱中症で死にかけるという事があったので、慣れない暑さに本当に気をつけてください。 懐かしいな…懐かしがってる場合じゃないけど何も考えてない勢いだけの夏。あの頃に戻りたいかって言われたら、勘弁だな。お芝居してる怪獣みたいに飲み食いするキングスライムが居て、多分その人に内蔵をやられたんだよね。

今次のライブを入れてないのだけど、自分の中で思う事があって、それは私生活の事や身体的な事は全く関係無くて、 アルバムを作りたくてそれを描く事が自分の証になるのかと思っている。
今、たくさんいろんな思いが浮かんで来ているけれど自分は本当に、器用ではないのでひとつの物をずっと見つめていないと入って来ないから、少し時間はかかるかもしれないけど必ず形にしたい。
悲しみや憎しみ、未来なんて望めない世界なのかも知れないがその中で輝くもの、愛と呼べるものを少しでも大事に出来れば。
生かされた以上は、きっとやらなきゃいけない事があるはずだと思うんだよ。
そしてそれに向かって進む事がせめてもの、我儘に殺してきた人の気持ちや思いに対しての償いだと勝手に思っている。
次回のアルバムを作るにあたって、凄い人に絵のオファーをしたんだ。
凄いんだよ、その人は。初めてその人の作品を見た時に衝撃を受けたよ。
慈悲への回帰というテーマに合うと思う。
異常な猛暑をどうにかやり過ごして、また早くライブが出来るように頑張ろう。
水分をたくさん採れない体質の人は電解質~と記載されているタブレットがおすすめです