「GoToトラベル」キャンペーンの対象となる旅行で、キャンペーン開始前に予約するなど全額を支払ったものについての事後還付の手続きが14日で締め切られます。


 14日締切となるのは、8月末までの「GoToトラベル」の対象となる旅行で、旅行した人が一旦全額を支払ったものについて、旅行代金の最大35パーセントを国から補助してもらうための還付手続きです。

 「GoToトラベル」は、東京を除いて7月22日から始まりましたが、予約の取り直しによる混乱を避けるためキャンペーン開始前に予約した場合や、予約システムの準備が間に合わずキャンペーン開始後にもかかわらず旅行者が全額を支払った場合なども対象となるということです。

 こうした旅行で補助を受けるためには、利用者が旅行業者に代金を支払った場合は旅行業者を経由して、宿泊施設に直接代金を支払った場合は利用者自身が還付手続きを行う必要があります。

当館の場合は、対象のかたすべてに宿泊証明書と領収書をお出ししていましたので、還付申請が可能です!

 還付手続きは郵送かオンラインで行うことができ、詳しいやり方は「GoToトラベル」事務局のホームページか、コールセンターで確認できます。

 郵送の場合は14日の消印有効、オンラインの場合には14日中であれば手続きができますが、アクセスの集中が予想されるため、事務局は早めに手続きをしてほしいとしています。