2018年5月27日(日)

この日は亀戸のクレシェンドさんで

昨年3月に行われた

「ヨーロッパ連合 VS アメリカ連合 ポップス・バトル」

第二回目の開催です。

 

お客さんのリクエストと

マスターの選曲で作られたリストに沿って

1956年~1982年までのヒット曲を

マスターの解説を交えて

次々と流していきます。

 

ビール、コーヒーなど飲物券2枚、

お茶菓子、軽食が沢山ついて

1500円は割安です。

 

尚 曲順は

ヨーロッパを E-*

アメリカを   A-*

とします。

 

E-1

デイブ・ディー・グループ

Dave Dee Group

キサナドゥーの伝説

 

A-1

雨にぬれても/B・J・トーマス

Raindrops Keep Fallin' on My Head/B.J.Thomas

これは誰でも知ってるエヴァーグリーンな名曲ですね。

ラストのアレンジってどうやって閃いたんだろう・・

 

E-2

悲しき片想い / ヘレン・シャピロ

You Don't Know - Helen Shapiro

 

A-2

コニー・フランシス

かわいいベイビー

コニー・フランシスという名を知ったのは

わたせせいぞうさんのハートカクテルというコミックでした(古っ)

当時は気になったとしても

アルバムを買う余裕もなく そのままでしが

今は気になったアーティストはYOUTUBEで
すぐ調べて試聴できるから
便利な時代ですね。
 

 

E-3

アンドレ・クラヴォー

パパと踊ろうよ

 

A-3

パット・ブーン

砂に書いたラブレター

 

 

E-4

アバ

ダンシング・クイーン

 

A-5

ボーイズ・タウン・ギャング

君の瞳に恋してる

私はアバやボーイズ・タウン・ギャングは

リアルタイムというより

一回りして洋楽ヒット特集等で知ったクチです。

50年代、60年代はなじみがなくても

70年代以降のヒット曲は

ラジオで知る機会も

多かったですからね。

 

 

E-5

ショキング・ブルー

悲しき鉄道員

「鉄道員」を見て「ぽっぽや」と読んでしまうのは

私だけではないはず・・(^_^;)

 

A-5

レターメン

ミスターロンリー

 

 

E-6

サウンズ

さすらいのギター

 

 

A-6

ベンチャーズ

ダイヤモンドヘッド

 

E-7

フランズ・ギャル

夢見るシャンソン人形

 

A-7

バーズ

ミスター・タンブリンマン

この曲を聴くと斉藤和義さんの

「Hey! Mr.Angryman」を思い出します。

この曲がモチーフなのかな?

 

E-8

ビージーズ

愛はきらめきの中に

 

A-8

ティモシー・B・シュミット

ソー・マッチ・イン・ラブ

こういう名曲を歌う人が
Pocoやイーグルスに在籍していたのも不思議ですね

 

E-9

ジョー・ダッサン

オー・シャンゼリゼ

こちらの動画 視聴回数 1,591万 回!!

世界中で愛されている曲ですね。

 

A-9

サラ・ヴォーン 

恋のコンチェルト

昔TVのCMで使われていた記憶があります。

サラ・ヴォーンだったのですね。

 

E-10

フリードウッドマック

ドント・ストップ

私はどちらかというと

スティービー・ニックスの印象の方がが強いです。

 

A-10

シャーリーン

愛はかげろうのように

 

YOUTUBEのj検索で岩崎宏美さんの動画を

見つけたので ついでに載せます。

今更ですが素晴らしい歌唱力・・

 

 

E-11

エミリオ・ペロコーリ

アル・ディ・ラ

 

A-11

ブラザース・フォア

遥かなるアラモ

 

1曲あたり2分30秒が

マスターの良質ポップスの基準なので

前半22曲もあっという間ですね(^_^;)

 

後編に続きます。