中野新橋「ジニアス」さんの後
 
以前 週末爆音ZUJAさんの常連
Tさんに
太田記念美術館の
招待券を頂いていたので
特別展 「月岡芳年 月百姿」を
観てきました。
 
 
原宿駅から
歩いて数分 週末なのでれなりに混んでいましたが
表参道の人混みに比べれば 苦にならない程度
現代の美術に与えた影響は
大きいと感じました。
これが100年以上前に描かれた
構図、色彩とは・・
凄いですね。
 
今後は
JAZZ喫茶巡りと美術館巡りの
上手い組み合わせを考えてみようかな
 
若者の溢れかえる通りの賑わいほどは
混んでいなかったので
良かったですが
やっぱり気になるのは
閲覧のマナー
周りの流れを考えず
立ち止まり続ける人と
前の人を急かすように
隙間を詰める人の
間に入ると
落ち着かないですねぇ(^^;)
 
いっそ館内全て 歩く歩道の様に
するのも良いのでは?
もしくは自動運転のセグウェイや
電動の車イスに乗って
全員が平等な時間で閲覧する等の改造は
これからの超高齢化社会に
適している気がします。
 
また蛇足でしたね(^^;)
 
AD