本八幡「Cool jojo」 古田一行group

テーマ:
9月18日
昨日の蒲田Bartimeの凄い演奏の余韻と
長野のJAZZ喫茶巡りの疲れもあり
午前中は何も手につかず
何も聴く気になれず・・・
 
昨日の演奏は凄すぎて
魂の一部を
何処か異次元に繋がれたままの様な
浮遊感が抜けず・・
 
このままでは
仕事に支障が出るかも
ここは『中和』?する為にも
ライブへ行こう(^^;)
昨日の様な超ハイテンションなライブではなく
誰もがゆったり楽しめる様なライブが良いなぁ
とネットを調べると
丁度良いライブを発見
本八幡「Cool jojo」 
9.18 祝 "古田一行group”
古田一行 (ts) 
大谷桃(p) 
須田晶子(vo)
西川彩織(Cajon)
 open 13:00 start14:00/¥2,500
 
古田さんと大谷さん以外
予備知識無し
とりあえず桃さんのピアノが聴けて
夜 遅くならないで済むのも
助かるなぁ という軽いノリで
訪れました。
今日はフェーン現象でやたらと暑い日でした。
汗をかきながら入店
 
※全曲まで記録してないので
一部書き留めた曲名を入れてます。
 
始めはボーカル抜きで
インストのボサノバナンバーで軽やかにスタート
(確か「wave」だったかな?)
続いて
ボーカルの須田さんが入って
「Sweet Lorraine」
こういう歌声なのかぁ
なんとも透明感のあるボーカルですね
 
フレディ・グリーン作曲の「コーナーポケット」
曲にまつわる須田さんのMCに
古田さんの解説者ばりの補足は
勉強になります。
 
「オールドファッション」
 
他にも古田さんと桃さんの
デュオがあったり
 
後半は
「セント・トーマス」から
始まり
「イパネマの娘」
 
サイモンとガーファンクルの
「スカボロー・フェア」
 
「One Note Samba」

「Nearness of You」
 
「A Felicidade 」
 
今日の暑さには
夏向きの選曲が丁度良かったですね
 
アンコールは
「On The Sunny Side Of The Street 」
 
最後に集合写真を
古田さんの位置だけ
ライトが当たっていて
合成写真のようになってしまった
浮いてますね・・(^^;)
 
須田さんの声の美しさはもちろん
スキャットは一つの楽器の様に
綺麗なトーンを響かせます。

カフォンの西川さん
多彩な音色とリズムを打ち出します。
ドラム叩く姿もカッコイイだろうなぁ
 
桃さんは
ピアノの前では
普段の ほわん とした空気から
変わって 力強い演奏で
ベース、コードのパートを支えます。
先日の岸本さんのリーダートリオとも
JAZZ若人とも違うプレイが見れました。
上手く説明出来ませんが
独特の間と言えば良いのでしょうか
聴いてて気持ち良いのです。

古田さんは
良い意味で中庸のプレイ
丁寧に音を紡ぎます。
聴く側からすれば
初心者も通な人も楽しめる
プロレスに例えるとジャイアント馬場さんの
全日本プロレス的 明るく楽しいプレイをしよう
という感じ (何故プロレスに例える?)
でもお客さんを呼ぶには 確実なテクニックと
玄人好みの個性も要求される訳で
そこは古田さんの人選のセンスですね。
過去2回のライブ
そして今回も楽しめるライブでした。
 
須田さんのCDも購入

サインも頂きました。

 

あっ 財布の中から折り畳めるものが

無くなりましたぁ(^^;)

 

ダイジェスト版がYOUTUBEで聴けます。

 

開演前に

桃さんが11月のライブの話をしてくれました。

フランスのギタリスト

Christophe Pannekouckeさんとの

グループで蒲田Bar timeでライブをするそうです。

 

11/1(水)蒲田Bar time
Christophe Pannekoucke(gt)
大谷桃(pf)
小美濃悠太(bs)

Albert Karch(dr)
19:30~ mc 3000

※ただしこのライブはZUJAさんの
ブッキングでのライブではありません※
 
JAZZ系のギタリストでは
珍しくストラトを弾いてますね。
リズムのメンバーは異なりますが
参考に動画を

桃さん フランスで演奏してるんですね!

 
 
AD