FAOIでずっと御一緒されてきたお二人からの、胸が熱くなるメッセージです

こんなの、絶対泣く.... (涙涙)


2019年まで FAOI の音楽監督をされて、長いツアーを共にしてきたからこその、このエールだと思います


武部さんが、FAOI2020 中止を受けて発信されたツイートには、前年を振り返るこんな言葉がありました

昨年最終日のアンコールは多分一生忘れない、、ピアノを弾きながら震えた、、


富山公演最終日
ToshIさんとの熱いハグのあと、静かに始まった武部さんのピアノ.... Originでした

暗いリンクでも分かる あの冒頭のポーズ
切ないような旋律に乗って、羽生選手はスケートに魂を込めていく

末延さんのバイオリンがどんどん激しさを増し、まるで叫んでいるかのような高速のスピンがラストを彩り.....
フィニッシュ

あの頃は、歓声で称えることができたなぁ

物凄い声の嵐を、武部さんは、舞台上で体感されていたのですね


また FAOIに、羽生選手のショーに、御一緒して欲しいです


そして、同じくFAOIでコラボした今野さんからもメッセージが.....

 

今野さんは、2017FAOI新潟最終日で、アンコールのパリ散のギター演奏をして下さった方でした


懐かしい、バラ1衣装のパリ散


これが実現したのも、今野さんの全力の協力があったからこそ


自身のYouTube動画では、ずっとリンクサイドにいて、リハーサルに「最高!」と声を送ったりする羽生選手のエピソードや、

ヘッドホンの話で仲良くなったこと、

パリ散をする話がまとまったのは、新潟初日の夜だったこと等が語られています


アンコールの演奏ができたことを 今野さんが

ありあまる光栄な出来事

夢かな

と話しているのが印象的でした


羽生選手の魅力が、最高レベルのスケートにあるのは間違いないのですが、

こんなふうに、相手の懐にするりと入っていく屈託のなさが、関わる人々に愛されるゆえんなのでしょう


そのスケートに、音楽性に、人間性に魅了され、心酔した人達が、これからの羽生選手を応援し続けてくれる

We love you Yuzu! が、本当に嬉しく、頼もしく感じられたメッセージでした




ランキングに参加しています

いつもありがとうございます


フィギュアスケートランキング