今日は朝からシュライカー大阪フットサルクリニックが開催されました。

 

講師はこの二人

☆小曽戸允哉(オソド ノブヤ)選手

☆柿原聡一朗(カキハラ ソウイチロウ)選手

 

20名満員御礼での開催となりました。

 

すごい人気です。

 

 

ウォーミングアップの説明から

 

メインテーマは『二人組のシュート』

 

なかなかフットサル要素の詰まった二人の関係からシュートに至る形を3種類行いました。

 

全て前カット(カーテンとも呼ばれる形)から始まるシュートの形です。

 

これはパス後に味方の前を通過することでDFに何かしら影響(迷いなど)を与える

フットサルで使われる形です。

 

動画でどうぞ

サイドラインに平行に走りこむパラレラ

 

走る前のフェイク(逆方向へ動く形)が重要だそうです。

 

 

 

 

 

小曽戸選手が意識するワンツーは相手DFを引き付けて背後にスペースを作って

 

ワンツーだそうです。

 

少し後ろにボールをコントロールしている所がポイントです。

 

 

最後はドイス

 

 

フェイクを入れて背後を取る動きです。

 

3つのいずれかを相手の位置やスペースを見て2人で認識して使う事が

 

フットサル的要素の詰まっていましたね。

 

試合で出来たら楽しいでしょうね(^^)

 

 

 

☆載せきれなかった写真はこちらをクリックfacebook_logo

 

 

最後はこれらを意識してゲームを行いました

 

 

 

 

シュライカー大阪は現在リーグ2位シュライカー

 

プレーオフに進出できるのは上位3チームです。

 

残り7節シュライカーの活躍から目が離せませんね。

 

引き続きシュライカーの応援をお願いします。