脈測定から読み取れる事

 

1.  アーユルヴェーダにおけるその日の基本的体質       

(ドーシャバランス)        

ヴァータ(風)ピッタ(火)カファ(水)のバランスが判ります。

 

2.  中医学における12経絡のエネルギーバランス

(過剰・過少)

1.肺経 2.大腸経 3.胃経 4.脾経 

5.心経 6.小腸経 7.膀胱経 8.腎経 

9.心包経 10.三焦経 11.胆嚢経 12.肝経

 

3.  脈の分布図

青いフィールドの大きさ、形、位置などにより、

生命力を読み解きます。

  

 

4.  中枢神経(青) 交感神経(赤) 副交感神経(緑)

神経の使われ方のバランスを読み解きます。

 

 

5.  健康レベル・ストレスレベル・適合レベル・加齢速度

健康レベルとは測定の総合結果(心身共に)どのくらい健康か?を示します。

ストレスレベルとは生活状況が精神状態に与えている影響を示しています。

適合レベルとは心臓が身体全体の声を聴けているか?を示しています。

加齢速度=身体の酸性度などを示しています。

 

Stress Level

 

6.  チャクラのエネルギーバランス

チャクラとは脊柱に縦に並ぶ心身のエネルギーセンターです。

 

7.  総合的な生命力の強さ

すべてのデータを統合して、現在の心身の元気さをイメージで見る事ができます。

Power of the energy field: 81,9%

 

 

 

8.  サブドーシャのバランス

ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カファ(水)のそれぞれのエネルギーが、 身体のどの場所に、過多・過少であるかを見る事により、より詳細な状態を読み解く事が出来ます。

9.  7つのダートゥのバランス

ラサ(乳糜)、ラクタ(血液)、マンサ(筋肉)、メーダ(脂肪)、アスティ(骨)、マッジャ(骨髄)、シュクラ(生殖器)などの組織を作るエネルギーバランスを読み解く事が出来ます。

 

10.  五大元素のバランス

空(白)、風(水色)、火(赤)、水(青)、地(茶)のバランスを読み解きます。

 

これらの要素を根拠として、アーユルヴェーダ的な総合判断をします。アドバイスとしては、食事の処方箋、エクササイズの処方箋、呼吸法、生活処方箋、精神的なご相談など、その方の生命エネルギーのバランスを回復させる為に最も適した手法を選択して、お伝えさせて頂きます。

 

☆個人カウンセリング 90分 10,000

  脈測定

測定結果の分析と解説

アーユルヴェーダの概念説明 

     ~ クライアントさんの知識レベルに応じて、

  基礎的なことから深いレベルまで

クライアントさんへの質問

食物処方箋,メンタル面のケアが必要な場合、

  お話をしっかり聞かせて頂きます。

エクササイズの実践~ ドーシャ別ヨガ、ダンス、呼吸法

これらの内、最も必要な要素にフォーカスをあてます。

エクササイズを行った場合、

 その後でもう一度効果を確認するために、脈測定します。

 

デトックスにお役立ちのハーブやオイルのプチお土産付きです。

 

ご興味のあられる方は、下記メールアドレスまでご連絡下さいませ。

セッションイメージは、下記のページでご覧ください

http://ameblo.jp/kamalini/entry-12144563122.html