1/12(日)の操山公民館こども将棋クラブ | カクザンのブログ(岡山市の親子将棋教室)

カクザンのブログ(岡山市の親子将棋教室)

将棋をこれからはじめる子どもたち、保護者の方に、将棋の楽しさ・魅力をお伝えします。そして、上達のためのヒントをたくさん提供してまいります。次回の操山教室は1/26(日)、高島教室は2/2(日)の開催です。

本日1月12(日)は、岡山市操山(みさおやま)公民館での「こども将棋クラブ」(以下、操山教室と表記)開催日でした。公民館入口にはお正月らしく門松が飾られていました。

 

この日の行事予定。

また、駐車証の無い方は、こちらの駐車記録簿へのご記入をお願いします。

 

開場時刻の9:45と同時に会場設営。部屋鍵とマイクセットを借りる係は毎回保護者の方にお願いしています。この日もA部パパが担当してくださいました。ありがとうございました!!

 

全員で大急ぎで会場設営を行い、受付を開始。この日の参加者には恒例により「お年玉」として対局カードに1勝をプレゼントしました。また、保護者の方には文化祭協賛金(正会員1名につき300円)のご協力をお願いしました。本日までに55名分の協賛金が集まりました(電話をさせていただいた方で未納の方は次回以降の操山教室にご持参ください)。

 

10時になったところで教室スタートとなりました。最初は講師紹介から。この日ご参加いただいたのはK村先生、H野先生、O石先生、N上先生、カクザンの5名。そしてサプライズゲストとしてM上先生がお越しになりました。M上先生は現在、岡山将棋教室を主宰されており、一層のレベルアップを図りたい方はご参加ください。

 

つづいて、前回教室で初級者クラスを卒業したN磯君に卒業証書を授与しました。おめでとうございます!!

 

つづいて「指し初め式」(さしぞめしき)です。新年恒例の儀式として、保護者の方や付き添いの弟さん妹さんにも全員でご参加いただきました。最初にK村先生とカクザンが見本を示しました。

 

「お願いします」と挨拶をしてから、お互いに1手ずつ駒を動かします。そして、「ありがとうございました」と挨拶をして、次の方と交代していきます。

 

駒の動かし方の分からない方は、どれでも良いので「歩」を一つ前に動かすと良いでしょう。

 

小さい妹さんもママと一緒に参加しました。

 

「指し初め式」は勝負の決着をつけることが目的ではありません。全員が1手ずつ指し終えたところで終了。この日は下のような局面ができあがりました。

 

つづいてイベント案内です。2/2(日)開催の小学生名人戦岡山県予選のチラシを配布しました。その他イベントについては会場後方に掲示しました。

 

この日は大盤解説講座は行わず、ここで休憩を入れました。後半は皆さんお待ちかねの実戦練習の時間です。

 

N上先生の3面指し指導対局風景。

 

O石先生の3面指し指導対局風景。

 

M上先生の3面指し指導対局風景。

 

H野先生の指導対局風景。

 

この日の運営スタッフは勝敗係をK村先生、組合係をN村ママ、手合割スタンプ係をY下グランパ、対戦相手記入係をY之内ママ、呼出係をM浦ママにお願いしました。また対戦相手として、K瀬パパ、N磯パパ、N戸田ママにご参加いただきました。皆さまありがとうございました!!

 

次回の操山教室は1/26(日)の開催となります。

 

 

↓ 人気ブログはこちら。


人気ブログランキング