9/8の操山公民館こども将棋クラブ(岡山市) | カクザンのブログ(岡山市の親子将棋教室)

カクザンのブログ(岡山市の親子将棋教室)

将棋をこれからはじめる子どもたち、保護者の方に、将棋の楽しさ・魅力をお伝えします。そして、上達のためのヒントをたくさん提供してまいります。

本日(9/8)は操山公民館こども将棋クラブ(以下、操山教室)の開講日でした。この日は早朝から町内会の草取りがあり、それを終えてから大急ぎで公民館に向いました。到着は開館時刻ととほぼ同時の9:30頃となりました。ほぼ同時に到着したK村先生と、昨日開催された来年度のクラブ講座説明会に関するミニ打合せを行うことができました。

 

9:45の開場時刻前にA部パパが来られたため、鍵当番をお願いしました。今回も快くお引き受けいただき、ありがとうございました!!

 

10時の教室スタートに向けて、大急ぎで開場設営です。講座室の机とイスの配置換えと、隣の美術工芸室から棋具の移動があり、大忙しです。カクザンはマイクの調整とイベント関連のチラシの準備を行いました。この間、準備が整い次第、受付を開始。気がつくと時計の針は10時を5分ほど回っていました・・・。

 

この日の講師陣はK村先生、H野先生、O石先生、N上先生、カクザンの5名でした。

 

まず最初はイベント案内です。11/4(月・振休)の岡山県こども将棋教室交流戦の受付をスタートしました。

 

また、好評だった「将棋にチャレンジ」の第2回目が9/15(日)の午前中、上道公民館にて開催されます。メイン講師のH野先生からもご案内をいただきました。また、上道公民館では10月より毎月第2、第4土曜日に親子将棋教室が正式にスタートします。時間は15:00~17:00です。お近くの方は、ぜひご参加ください。

 

つづいてマナー練習です。今日は座った姿勢で「あいさつ」と「おじぎ」の練習を行いました。

 

きれいな「おじぎ」ができていた生徒さんに前へ出てもらい、横向きで「あいさつ」と「おじぎ」の見本を見せてもらいました。

 

横からみると、「おじぎ」の角度などがよく分かります。

 

つづいて大盤を使ってのミニ講座です。この日はO石先生に担当いただきました。テーマは将棋に勝つために一番大事な「詰ます」練習。すなわち詰め将棋でした。この日は3手詰めの問題を中心に出題していただきました。

 

O石先生は声量が豊かなため、マイクが不要です。代わりに会場内マイク係をK村先生に担当していただきました。

 

全体的によく手が挙がっていたと思います。ただ、「20級以下の生徒さんには難しかったかな」というO石先生の感想がありました。ですので、問題が解けなかった生徒さんも安心してください。20級以下の生徒さんは、やさしい1手詰めの問題から挑戦して練習をすると良いと思います。一回に2~3問でも構わないので、できるだけ毎日、練習を続けると、間違いなく上達すると思います。

 

10:35にミニ講座が終了。5分の休憩をはさんで、後半は皆さんお待ちかねの実戦練習の時間です。

 

K村先生の2面指し指導対局風景。

 

O石先生の3面指し指導対局風景。

 

N上先生の3面指し指導対局風景。

 

H野先生の指導対局風景。

 

この日は久しぶりの盛況となりました。少しホッとしましたw

 

カクザンの指導対局風景。「平手指導」という手合割でたくさんの生徒さんと対戦することができました。

 

の日の運営スタッフは勝敗係が初登板のI原ママ、組合係をN村ママ、手合割スタンプ係をA部パパ、対戦相手記入係をY田パパ、呼出係をK瀬ママにお願いしました。また対戦相手として、K瀬パパ、M浦パパ、N戸田ママ、Y下ママ、Y本ママにもご参加いただきました。皆さまありがとうございました!!

 

こうして、この日の操山教室は無事に終了。次回の操山教室は9/22(日)の開催となります。また、9/29(日)には操山&高島教室の合同教室を操山公民館で開催します。時間は13時~17時の予定です。両教室の生徒さんはもちろん、OBの方、体験参加をご希望の方もご参加ください。また、ご都合のつく先生方はご参加をよろしくお願いいたします。いつもの教室よりもたっぷりとした時間があるので、カクザンも対局がたくさんできると思います。

 

↓ 人気ブログはこちら。


人気ブログランキング