むずかしいことをやさしく | カクザンのブログ(岡山市・高島公民館親子将棋教室&操山公民館こども将棋クラブ)

カクザンのブログ(岡山市・高島公民館親子将棋教室&操山公民館こども将棋クラブ)

将棋をこれからはじめる子どもたち、保護者の方に、将棋の楽しさ・魅力をお伝えします。そして、上達のためのヒントをたくさん提供してまいります。

「むずかしいことをやさしく」。初心者向け将棋教室関係者にとって、これはとても大事なテーマです。ところが、言うは易し、行うは難し。カクザンにとっては永遠のテーマかもしれません。

 

よく言われることですが、「むずかしいことをむずかしく」説明することは意外に簡単です。さらに最悪なのは「やさしいことをむずかしく」説明してしまうことで、指導者が強く意識していないと、いつの間にかそのような事態に陥ってしまっていることがあります。

 

将棋の初心者教室には、駒の動かし方も、基本ルールも知らないレベルの生徒さんが参加されます。こういう生徒さんに将棋の基本ルールを説明するのは、意外に大変です。

 

最初は駒の名前や動かし方の説明をしていきますが、やがて、「成り」についての説明にたどり着きます。この「成り」の説明が意外に難しいとカクザンは感じています。どういう状況になると「成り」になるのか。また「成り」になるとどのくらい得なのか。将棋がある程度指せる人には何でもないようなことが、初心者の生徒さんには意外に伝わらないと感じています。その証拠に、初心者の生徒さんの将棋を見ていると、成れるのに成らない人が非常に多いのです。

 

さらに進んで、将棋の最終目的である相手玉を詰ます段階に入ると、「詰み」とは何かの説明が必要になります。この説明も意外に難しく、結構時間を取られてしまいます。

 

今年度の高島教室ではとりあえず「四間飛車」に組んでから中終盤に入っていくという将棋を学んでいただいていますが、「成り」や「詰み」について、しっかり理解してもらえているかというと、怪しいところがあるような気がしています。

 

将棋にとって「成り」や「詰み」のルールは基本のキではあるのですが、本気でこれを説明しようとすると、丸々一回分の教室がこの説明だけで終わってしまいかねません。生徒さんたちにとっての一番の楽しみは対局だと思うので、実戦練習の中で、そうしたルールをマスターしていっていただきたいと考えています。なので、とにかくたくさんの番数をこなして、体で覚えていただくのがよいと思います。

 

さいごに次の言葉を紹介させていただきます。「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいところをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、ゆかいなことをいっそうゆかいに」。作家の井上ひさしさんの言葉だそうです。

 

初心者将棋教室における指導の究極の理想です。

 

↓ 人気ブログはこちら。


人気ブログランキング