角と桂の使い方(その1) | カクザンのブログ(岡山市・高島公民館親子将棋教室&操山公民館こども将棋クラブ)

カクザンのブログ(岡山市・高島公民館親子将棋教室&操山公民館こども将棋クラブ)

将棋をこれからはじめる子どもたち、保護者の方に、将棋の楽しさ・魅力をお伝えします。そして、上達のためのヒントをたくさん提供してまいります。


テーマ:

それでは「桂」の使い方から説明していきます。

 

まずは図1を見てください。先手陣の初形図です。

 

(図1 先手陣の初形図)

ここで注目して欲しいのは右桂(「2九」の「桂」)です。この「桂」はこの位置のままでも十分よく守りに働いているということを理解しておきましょう。それは図2を見れば分かってもらえると思います。

 

 

(図2 ▲4五桂まで)

図2は初形図から先手が▲3六歩、▲3七桂、▲4五桂と指した局面です。先手が右桂を攻めに使うとすれば、こういう手順が考えられるわけですが、この時に、後手の持ち駒に「角」があるとイヤな手があります。そうです、△3七角(図3)の「王手飛車」です。

 

(図3 △3七角まで)

「飛」が「2八」の地点にいる場合(すなわち「居飛車」の場合)、「3七」の地点は先手にとって大きな弱点になることが多いのです。図3の場合は「王手飛車」でしたが、仮に「玉」が「7八」の地点あたりの安全地帯にいた場合でも、△3七角という手はあります。また、「3七」の地点に「と金」を作られるのもよくある展開です。いずれの場合も、「飛」取りをかけられつつ、攻められるのが先手にとってはツラいのです。先手の右桂が「2九」にいる状態であれば、上記のように攻められることはなく、先手は安心なのです。

 

そうは言っても、先手は右桂をいつまでも「2九」の地点のままで戦うのは損です。初心者のうちはそれでもなんとかなりますが、中級~上級を目指していくためには、「攻めは飛角銀桂」の格言に沿った攻撃態勢を築くべきなのです。

 

次に図4を見てください。

 

(図4 ▲3七桂まで)

初形図から▲3六歩、▲3七桂としたのが図4の局面(便宜上、後手の持ち駒に「歩」が2枚あることとしています)で、先手が右桂を使うとすれば、この2手が必要になります。ただし、この形にも大きな弱点があることを先手は心得ておかなければなりません。

 

○図4からの指し手:△3五歩、▲同歩、△3六歩(図5)

 

図4からは△3五歩が後手にとって急所の攻めとなります。以下、▲3五同歩、△3六歩となって、先手は困っています(▲4五桂には△3七歩成で「と金」を作られる)。このように、「桂」を前進させる(「ハネる」といいます)と、その頭(桂頭と言います)は常に「歩」で狙われると考えておかなければなりません。

 

(図5 △3六歩まで)

先手には、「桂頭」(けいとう)を狙われても大丈夫なように、「桂」がハネる前に下準備が必要になるのです。ここからは、その下準備として、2つの代表的な形、すなわち「2六飛型」と「4七銀型」をご紹介します。

 

まずは図6を見てください。こちらは「2六飛型」の陣形です。手順としては、▲3七桂とハネる前に▲2六飛としておくことが大切です。図6から後手が△3五歩と「桂頭」を狙ってきても、先手は▲3五同歩と取っておいて大丈夫です(次の△3六歩には▲同飛とすることができる)。

 

(図6 「2六飛型」)

 

次に図7を見てください。こちらは「4七銀型」の陣形です。手順としては、▲3七桂とハネる前に▲4七銀としておくことが大切です。図7から後手が△3五歩と「桂頭」を狙ってきても、先手は▲3五同歩と取っておいて大丈夫です(次の△3六歩には▲同銀とすることができる)。

 

 

(図7 「4七銀型」)

 

↓ 人気ブログはこちら。


人気ブログランキング

 

 

カクザンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス