6枚落(1筋突破型)(その2) | カクザンのブログ(岡山市・高島公民館親子将棋教室&操山公民館こども将棋クラブ)

カクザンのブログ(岡山市・高島公民館親子将棋教室&操山公民館こども将棋クラブ)

将棋をこれからはじめる子どもたち、保護者の方に、将棋の楽しさ・魅力をお伝えします。そして、上達のためのヒントをたくさん提供してまいります。


テーマ:

「6枚落(1筋突破型)」の続きです。下手の狙いは1筋突破ですが、図1からすぐに▲1四歩といくのは上手くいきませんでした。そこで、力をためる指し方が必要となります。

 

(図1 △2一玉まで)

 

○図1以下の指し手:▲6六角、△8二銀、▲5六歩、△7四歩、▲5七角(図2)

 

▲6六角~▲5七角が力をためる指し方で、この「角」が1筋攻撃に加わり、下手の攻撃態勢が整いました。

 

(図2 ▲5七角まで)

 

ここで1つ気になる変化を紹介しておきたいと思います。上記指し手の途中、上手の△7四歩に代えて△2四歩と突いてきた場合の変化です。

 

○図1以下の指し手(変化1):▲6六角、△8二銀、▲5六歩、△2四歩、▲5七角、△2三金(失敗図)

 

(失敗図 △2三金まで)

 

上手の狙いは△2三金で、これで下手の1筋攻撃をガッチリ受け切っています。具体的には「1三」の地点に上手の「金」と「銀」の2枚の駒が利いていること、また、下手の「5七角」の1筋への利きを「2四」の地点で遮(さえぎ)っていることを確認してください。この「△2三金&△2二銀」の形は「△8三金&△8二銀」という形とともに、下手からのハシ攻めに対する常とう手段なので気をつけてください。

 

しかし、本譜で△2四歩には別の手があって、下手が優勢になります。その変化をみてください。

 

 

 

○図1以下の指し手(変化2):▲6六角、△8二銀、▲5六歩、△2四歩、▲1四歩、△同歩、▲同香、△1三歩、▲同香成、△同銀、▲同飛成、△1二香、▲2四飛(成功図)

 

(成功図 ▲2四龍まで)

 

△2四歩には▲1四歩からの攻撃が成立します。上手に△2三金と上がられる前に攻めることがポイントです。長手順になりましたが、一本道の変化で、前回紹介した変化とほぼ同じです。違うのは、上手の△1二香のあと、前回の変化では下手の「龍」が殺されてしまったのに対し、今回の変化では上手が△2四歩と突いてあるために▲2四龍とできる点です。成功図では、上手に持ち駒がないため、受け手に困っています。

 

 

以下、つづく・・・。

 

 

↓ 人気ブログはこちら。


人気ブログランキング

 

カクザンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス