第16回蒲田哲学カフェ 終了 | なおひとずの哲学カフェと観光日記
新型コロナウイルスに関する情報について

なおひとずの哲学カフェと観光日記

哲学カフェの開催記録と日帰り一人旅の記録をするブログ。

第16回蒲田哲学カフェ 終了しました。

 

テーマ「どうせ死ぬのになぜ生きるのか?」

参加人数 8人

 

4度目の緊急事態宣言が出てましたが無事開催できました。

だんだんコロナ前に戻っているように感じます。

 

そもそもこういう事を考えるのはなぜかというところから始まり

ヒマだからとか、苦しいからとか貧富と関係あるかとか色々でました。

 

生きる意味が見いだせるとか見いだせないとか。

自殺の話にも移行していきました。

 

テーマを自分の命で考えるか、もしくは他人の命で考えるか

→「どうせ死ぬのになぜ自分はいきるのだろう?」

→「どうせ死ぬのになぜあの人は生きているんだろう?」

これによっても見方は変わってくるようです。

 

命はどこまでが自分のものか、という話にもなって

哲学対話でいつも自分が行きつく結論、

「人間はやはり社会的生物なんだなぁ。」という場所に

今日も辿り着きました。