第10回 蒲田哲学カフェでした | なおひとずの空手と哲学カフェ日記
新型コロナウイルスに関する情報について

なおひとずの空手と哲学カフェ日記

空手と哲学を愛する中年のブログ

第10回蒲田哲学カフェ開催してきました。

 

テーマ「人とつながるってどういう事?」

参加人数5人。

 

今回はコロナムードがあるのかないのかわかりませんが

最少催行人数(4名)あたりをウロウロしててやるのか中止か

結構ビミョーなとこでした。

 

主催者的には疲れる心理戦でしたが開催してみると5人って

対話にはちょうどいいくらいの人数で内容的には充実してたと

思います。

 

人とのつながりを作るツールとしてそれは言語だ、いや非言語

(音楽とか)でもOKとかいう話から共通項を持つ人同士でつながる

とか、つながりはめんどくさいし最小限でいいとかまあ色々出ました。

 

自分的には参加者さんたちのやりとりを聞いてて、やはり哲学カフェ

って非日常の空間なんだなって思いました。

こういう答えのない問いをみんなで追及するってすごいゲームだなって。

 

大人になりきれない大人たちの集う場所が哲学カフェだと思います。

今回コロナムードのなかで来てくれた人たちはみんながリピーターで

安定的運営ってこういうことなのか~とも思いました。