絹張慶(キヌバリ・ケイ)君7ヶ月の格闘技留学成果!!パート2

2013-07-12 Theme: 格闘技留学


ケイ君の格闘技留学成果パート2です。 7ヶ月のうちの最後の2ヶ月をトレーナーとしての指導と訓練をして過ごした期間の成果になります。

 まず、全留学生同様、スポーツサイエンス、栄養の学科は受けるので、以下の質問に答えれるようになっています。

・筋力、パワー、筋肥大、筋持久力それぞれの定義、鍛え方の違い、それぞれの成長によってどのような体の変化がおきるのか 

 ・重たいものを持ち上げたらマッチョになるのか 

・野球の投手A君、B君、C君に全く同じ内容の練習をさせました。、A君は公式球より重い玉で、B君は公式球で、C君は公式球より軽い玉で練習を行わせた場合、最も球速が早くなったのはC君。公式球より軽い玉で練習した投手。なぜか 

・↑からの応用で、では最もパンチ力をあげているトレーニング方法とはなにか 

・有酸素運動、無酸素運動、それぞれの運動によって使われる燃料の違い。 

・20分以上の有酸素運動へは100%脂肪が燃料として使われるが、それは体脂肪を燃やしているのとは違うということ。では何が体脂肪を減らすのか 

・運動直後に必要なのはたんぱく質ではない、なぜ?では何が必要か 

・筋疲労の原因は乳酸ではない。では乳酸とは

 ・正しいトレーニングメニューの処方のしかた 

 などなどなどなど 


に加えケイ君へは指導に必要な知識、と経験を現場で感じていってもらいました。


 ・安全を第一に考えること 

・指導に必要なTell Show Do、まず何のトレーニングでどうやるのかを“伝えて”、実際に自分が“やって”みせて、そして“行わせる”一回で正しく行えない場合は、、1セットにつき、一つずつ、安全にかかわることから正してく。 

 ・料理の仕方 、血液型別の作り分け方

・全身各部位の鍛え方バリエーション

・コンセントリック、アイソメトリック、イセントリックのダメージの深さの違い

・運動機能学のさわり

・指導のときの声の張り方、態度


などなどなどなど
の他に何より僕が大事にしてる、現場のスキルを伝えてそして感じてもらいました。


選手や生徒がのばしたいんです。って口にする目標にあったメニュー処方をする。それは少し勉強した人なら誰もできるんです。

大事なのは、本当に彼にそのスキルを伸ばすことが必要か?っていうことを見抜くこと。分からなければアセスメントを行う(テストする)。そして他の可能性もためして、判断してから処方することが大事。たとえば多くの子がスタミナがないんです、、だから筋持久力を伸ばしたい、、心肺機能を伸ばしたい、、って言います。もちろんたいていの子の心肺機能は鍛えあがってないけど、格闘技におけるスタミナロスは、大抵戦い方にある。じゃあどんな戦い方してるからこの選手はバテるのか、なぜそのスタイルになるのか、、体の特徴は?いまの心肺機能はどのレベルにあるのか、どの能力が高くて低いのか、、じゃあ、、、

っていう風にどんどんつきつめていくんです。格闘技っていう迷宮を理解していって、さらに心理学、行動学、哲学、栄養学、、のいろーーーんなケースとあわせて判断するんだ。

僕がやってる気にしてる全部を一度にはまずできない。でも少しでも言ってる意味がわかってほしいから、だからまず一生懸命最初に選手をやってもらったんです。

あったはずです。めちゃ疲れてたけど、“できます!”って俺に言った日が。このおもさあがらなそうだな、、ってわかってたけど無理してあげちゃったとき、そんで次の日疲労で練習できなかったとき、、こうおもわれたらどうしよう、こうみせたい、、っていう気持ち。のびてないんではないか、、って不安になるとき、自信がなくなる時、逆に自信になるとき、、、会話中の発言にしても、強がってる強く魅せようとしゃべる子、本音は隠す子、明るいけど本当は不安な子、やる気に呑まれちゃってる子、攻撃攻撃でブレーキが無い子、自分なんか、、って否定が強い子、、などなどなどなどいろいろいる。


僕は各選手の表情、筋肉の張り、口調、話す内容、しぐさ、休憩のタイミング、などなどから読み取って、目標にたどり着く最短距離をそのつど決めて調節してる。もちろん、サイエンスにあてはめたうえでね。(職人芸です)

それを少しでも多く理解できるために、まず格闘技に情熱をもって取り組む必要があるんです。やらなくてもいいよ、格闘技、必ずしも。けど、やったほうが、いいに決まってる。でないと、本当に必要な部位、実は鍛えられてない部位、、とかが分からないじゃない。見た目では。その繊細さがさ。

俺たちが相手にしてる生徒は“人間”です。ロボットじゃあないから。1+1=2じゃあないときだってあるっていうことなんですね。むずかしいよねぇ、いみわかんねぇよなぁ~ けど、そういうことなんだわw それに近い感覚を一生懸命やったこなら、少しは理解できる、かもしれない。

ケイ君は、いまの知識では、いけるとこまで伸びましたよ。もちろん、まだサイエンスの基礎を学んでないから、全然これからなんだけど、同じ学年の子らとくらべたら、はるか上でしょ。大抵の子が、学んだのが現場でどうなるか、、わかってないからw ちょい鍛えたら俺なら使うな。ってとこまでいってくれました。

サイエンスよりなにより大事な部分、がそだったかな。



これからの選手として、そして学生として学んでいくその組み合わせこそ、とっても優れたトレーナーへの道だから、20歳でここなら、とっても楽しみですね。

文武両道+仕事は修羅の道。だがここで頑張れた君ならできる。すげぇやつになりたい。。って願った姿が先にある。頑張れ!


ハワイへ格闘技留学



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

kakuryu-hawaiiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。