ゆうきゃんの I can 革命
  • 13Mar
    • コンフォートゾーンとは?

      佐藤ゆうきゃんです。今日は以前のブログ  I Can 革命って何? にも出てきたコンフォートゾーンについてです。コンフォートゾーンとはなんぞやそれは、人間だれしもが持っているものです。コンフォートゾーンとは、日本語だと「安全領域」とか「快適領域」と訳されます。わたしたちがストレスや恐れ、不安を感じることがなく安心して過ごせる環境のことです。コンフォートゾーンは、知っていること、できること、安心できること等でできています。非常に居心地が良いのです。もう既に、あなたはどうなっているか知っていて、やすやすとできて、安心できるからでは、コンフォートゾーンを出るとどうか知らないこと、できないことがあり、不安になるやったことがないからできるか不安失敗するかもしれないから恥ずかしい初めてだからドキドキするそう、コンフォートゾーンを出た先はチャレンジングな領域と言えますラーニングゾーンという呼び方もありますね。コンフォートゾーンの中はとても居心地は良いですが、人によっては退屈なくらいかもしれません。自分の知っている場所で勝手もわかるから。これは地元で遊んでいる感覚じゃないでしょうかあそこに行けば何があって、何時まで空いてる普通に過ごせる、困りはしない。けど、刺激はない新たな発見もないチャレンジングゾーンは初めて海外旅行に行くような感覚ちょっとドキドキ楽しみだけど不安ちゃんと行けるかな大丈夫かなでも行ってみたいコンフォートゾーンから出てみたら心配も不安もたくさんあったけどちょっと失敗もしたけど行ってみたら何とかなった楽しかった。経験値増えた次からはそんなにハードル高くないぞえー?海外旅行なら楽しみがあるから~ちょっと冒険しようかなと思うけど・・・旅先で出会いがあるかなおししいものあるかなあれやってみたいな楽しみが不安に勝つから!日常ではどうでしょうか?そんな不安な環境に行きたいのでしょうか?で・も・ね・・・地元にはそんなに新たな発見あなたをぐーんと成長させるものあるのかな?コンフォートゾーンの中では新たに手にするものは増えません。あなたの本当の夢やあなたの求める成功やあなたがワクワクすることやあなたが求める自由はコンフォートゾーンの外にあるのです。コンフォートゾーンの中には、今までのあなたしかいませんから。既に満足しちゃってます。味のしないガムをいつまでも噛んでいるようなものです。そういう私も、かつてはいわゆるコンフォートゾーンにいました。給料はそこそこ、いや満足なほど頂いており、仕事も自分のできる範疇で上司からの信頼もあってそこそこ満足。。。でも・・・これ、ずっとやってくんかいな。。。これ、一生かけてやりたい私の夢なんかいな私、ライフコーチやりたいのに。。。けど、生活もあるしな・・・辞める勇気もない・・・勝手がわかる状態でぬるま湯の中で、安心・安定の生活。でも、物足りない何か。やりたいことをあきらめたり、我慢している↑この状態、まさにコンフォートゾーンの中にいました。でも、私はメンターやマイコーチのおかげで、コンフォートゾーンからの一歩を踏み出しました。今は、プロコーチとして活動しています。あ・な・た・もこれから更に、バージョンアップするには本来のあなたで生きようとするならばコンフォートゾーンから出てみなければその先にはいけません!その先のあなたを見ることはできません!私もコンフォートゾーンの中にいたので、出られない時はよーーーーーくわかります!そんな私、ゆうきゃんとならあなたもコンフォートゾーンを超えられますよ。いつでも会いに来てください。コンフォートゾーンを飛び出してみたいあなたを待っていますよYes,You Can!​​​​​ブログランキング参加中クリック応援よろしくお願いしますにほんブログ村ゆうきゃんの公式ホームページはこちらから​​​​​

  • 09Mar
    • かくめいの 『い』

      佐藤ゆうきゃんです。さて、今日もブログタイトルである『I Can 革命』のか・く・め・い部分を書いていきたいと思います。I Can 革命の説明はこちら ゆうきゃんの『I Can 革命』では、『か・く・め・い』を実践するだけであなた自身に革命を起こすことができます。革命を起こすことで、あなたは本来のあなたらしく、あなたの本当の人生の中であなた自身の役割を生きていくことができます。すごいでしょ?か・く・め・いをするだけで・・・さて、今日は、か・く・め・いの 『い』 ですよ。さぁ、なんでしょうはーい『い』は、『いきる(活きる)』です。かんじて、くちにだして、めざめたら、いきるのです。ただ生きるのではないのです。本来の自分を活きるのです。活きるってこっちの『生きる』じゃないの『生きる』と『活きる』の違いですが・・・「生きる」は、「生存する」「生活する」という意味で使われます。 ⇒「自然とともに生きる」「農業で生きる」という使い方をします。「活きる」は、「本来の力を発揮する」という意味で使われます。 ⇒「職人の技が活きる細工」「実践で活きる知識」という使い方をします。あなたの強み、個性、可能性を最大限に活用して生きるだから、『活きる』なのです!ただ、『生きる』ではなくて、あなた自身の人生を『活きる』今のままでも十分に生きています。あなただってそう。でも、なんか100%じゃないなんか言い訳してるなんかしっくりきてないなんか違う耳を塞いで目を閉じてただ生きて人生をやり過ごして残りの人生のあと何年を、自らをすり減らして生きていきますか?あなた自身を感じて、感じた事を口に出して口に出したことで目覚めて目覚めた事で、本来のあなた自身を活きるさて、そんなあなたになったらどうなるんでしょう?自分の事を好きになります自分の事を大事にします自分を信じられます人を好きになります人を大事にします人を信じられます自分の軸がドスンっと中心に据えられるので、人からの評価をびくびく気にしませんあなたの本来の道をあなたがこの世に生まれてきた本当の意味をあなたがこの世でやるべき役割をあなたの心が本当に喜ぶことをして活きていくのです。私にも見せてください。あなたの本来の活きる姿!私、ゆうきゃんと一緒に、『活きる』を実践しましょう!あなたをお待ちしています!Yes You Can!​​​​​ブログランキング参加中クリック応援よろしくお願いしますにほんブログ村ゆうきゃんの公式ホームページはこちらから​​​​​

  • 04Mar
    • かくめいの 『め』

      佐藤ゆうきゃんです。さて、今日もブログタイトルである『I Can 革命』のか・く・め・い部分を書いていきたいと思います。I Can 革命の説明はこちら ゆうきゃんの『I Can 革命』では、『か・く・め・い』を実践するだけであなた自身に革命を起こすことができます。革命を起こすことで、あなたは本来のあなたらしく、あなたの本当の人生の中であなた自身の役割を生きていくことができます。すごいでしょ?か・く・め・いをするだけで・・・さて、今日は、か・く・め・いの 『め』 ですよ。さぁ、なんでしょうはーい『め』は、『めざめる(目覚める)』です。本来の自分に目覚めるのです。今まであなたの奥底のほうに眠らせたままでいたかもしれない存在を忘れていたかもしれない見ないように蓋をしてしまっていたかもしれないあなたの本来のありのままの自分ですまるっと素っ裸で素のままの自分無邪気でOK空気なんて読まなくってOKいつも冷静に周りを見渡して、感情を必死に抑えて周りに合わせて、空気を読んだ会話をして・・・社会の中でうまく生きていくために、必死に培ってきたスキル・・・上司の期待に応えて頼もしい社会人のあなた親の期待に応えて、親が喜ぶレールの上を歩く真面目なあなた友達に頼られるしっかりしたあなた疲れてない?無理してない?自分にウソをついてない?ちょっと手放してみませんか?元々持っていたあなたらしさに目覚めるのです。かんじる(感じる)ことで、あなた自身の感覚は研ぎすまされてくちにだす(口に出す)ことで、あなた自身の輪郭がよりはっきりとしていきます。かんじる⇒くちに出すことで、本来の自分がむくむくと起き上がってきます。抑えたり、隠したりしてきた、本来のあなた自身に実は、魅力と強みと可能性が詰まっています。はてさて、そんなもんありゃせんわぃいえいえ、自分の事ってわからないのですよだって、自分にとっては普通の事だからできて普通、できてあたりまえ。例えば、私。ドラマや映画で話の前後がわからなくても、5分見ただけで泣ける!というくらいすぐ泣ける。感情移入できちゃう。別にこれは私の中では普通の事。感情移入できる⇒感受性が高い⇒人の感情も自分の感情の様に感じることができる⇒人の心の動きに敏感これって実は強みじゃないでしょうかこういう人の心の動きに敏感である事が強みであると気づいたこともあり、私はコーチをやっています。これは一つの例。あなたにもあるのです。本来のあなたに目覚めるか、目覚めないか。もちろん今のままでも十分に生きていけるでしょう。でも、その人生はあなたらしく笑顔で日々を生きていますか目の前の事に囚われて、身動きが取れない日々を送っていませんか5年後、10年後に振り返って後悔はないですかもし、あなたが本来のあなた自身に目覚めたらまず、あなた自身の軸ができます親が反対したって、友達が笑ったって、あなたはブレなくなります。ブレなくなると、迷いがないストレスがないただ進めばよいのです。憧れの誰かになるのではなく、あなた自身に目覚めることで本来のあなたを取り戻していくのです。そして、あなた自身を活かして、あなたがこの世に生まれてきた人生の役割を見出すのです。ゆうきゃんなら見つけられます。なぜなら、私も同じところをぐーるぐーるしていたから。自分の役割がわからなかったから。でも、私は私のか・く・め・いを起こして、乗り越えたからあなたの事、よーーーくわかります。本来のあなた自身本来のあなたが歩むべき未来一緒に見つけましょう。まずは、私に話してみてください!Yes You can!​​​​​ブログランキング参加中クリック応援よろしくお願いしますにほんブログ村ゆうきゃんの公式ホームページはこちらから​​​​​

  • 03Mar
    • かくめいの 『く』

      佐藤ゆうきゃんです。さて、今日もブログタイトルである『I Can 革命』のか・く・め・い部分を書いていきたいと思います。I Can 革命の説明はこちら ゆうきゃんの『I Can 革命』では、『か・く・め・い』を実践するだけであなた自身に革命を起こすことができます。革命を起こすことで、あなたは本来のあなたらしく、あなたの本当の人生の中であなた自身の役割を生きていくことができます。すごいでしょ?か・く・め・いをするだけで・・・さて、今日は、か・く・め・いの 『く』 ですよ。さぁ、なんでしょうはーい『く』は、『口に出す』です。口に出すとは、言葉に表して言う、話す、ことです。で、何を口に出すのかと言うと、か・く・め・いの『か』で書いていたあなた自身が感じた事です。『かんじる』ことで、あなた自身により気づき、より知る事ができます。あなた自身に気づき、知っていったら・・・・本当にそうなのか口に出して言ってみるのです。言霊ってありますよね。古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力。発した言葉どおりの結果を現す力があると言われています。ポジティブな言葉には、ポジティブなエネルギーが備わり、ネガティブな言葉には、ネガティブなエネルギーが備わっている。例えば、『ありがとう』というポジティブな言葉をたくさん使ってみる。すると、職場の人間関係が改善したとか行き詰っていた物事が好転したとか・・・聞いた事ありませんか?まさに言葉が持つエネルギーとパワーを感じますよねかくいう私は、結構自分の感じたこと、思っている事を言うのが苦手でした。その真相心理はこの二つ。一つ目は。『別に私の事なんて興味ないでしょ?』『私の思ってることなんて別に聞きたくないでしょ?』自分に自信がない。。。自己否定も入っているかも。。。二つ目は。『言ったら本当になっちゃう』『やらなきゃいけなくなっちゃう』これって、覚悟がないんですよね。言ったことに責任を取りたくない・・・口に出すことの効果は・・・?自分の想いや考えを口に出してみると明確になるあとはしっくりくるかどうか自分の耳で確かめることができる自分に嘘はつけませんよイメージや感覚は思いの外、あなた自身の潜在意識に残ります。そして、口に出すとはっきりわかります。口に出すという事は、同時に自分の耳で聞くことにもなります。自分の耳で聞くということは、自分の頭や心にも聞かせることになります。しっくりくるのか、こないのか?がより明確になるのです。聞くと最初は恥ずかしい気もしますが、口に出した自分が誇らしいことさえあります。あなたの自信になっていきます。あなた自身の覚悟が決まります。あなたのかんじたこと、口に出したこと、私も聞きます。もしかたら、今までに親や友達に話して、否定されたり、笑われたりしたこともあるかもしれません。でも、ゆうきゃんは、あなたの感じたこと、思ったことなら是非聞きたいです。だって、あなたが感じたことは、あなた自身の可能性の入り口だから。私、ゆうきゃんがしっかり受け止めます。あなたの言葉の証人になります。あなた自身のコンフォートゾーンから一歩踏み出す覚悟を決めたら、背中を支えて、時にはポンっと押してあげます。かんじる⇒くちにだす。この2ステップ、これだけでも非常にパワフルに革命を起こしていきますよ。ゆうきゃんは、革命を起こしたいあなたをお待ちしています!是非、会いにきてくださいね!!!Yes,You can!​​​​​ブログランキング参加中クリック応援よろしくお願いしますにほんブログ村ゆうきゃんの公式ホームページはこちらから​​​​​

  • 02Mar
    • かくめいの 『か』

      佐藤ゆうきゃんです。さて、今日はブログタイトルである『I Can 革命』のか・く・め・い部分を書いていきたいと思います。I Can 革命の説明はこちら ゆうきゃんの『I Can 革命』では、『か・く・め・い』を実践するだけであなた自身に革命を起こすことができます。革命を起こすことで、あなたは本来のあなたらしく、あなたの本当の人生の中であなた自身の役割を生きていくことができます。すごいでしょ?か・く・め・いをするだけで・・・まずは、か・く・め・いの『か』からですよ。さぁ、なんでしょうはーい『か』は、『かんじる(感じる)』です。ん何を ですが、あなた自身の感覚、感情、気持ちの事です。五感とは、人が外界を感知する視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚のこと、第六感ってのもありますよね。感情とは、物事に感じて起こる、喜怒哀楽などのことです。きっと、毎日少なからず、社会の中で人と接する際に人の事をおもんばかっているあなたのことですから・・・人の感情に気を遣い、損なわないように・・・『こんなこと言ったら、不愉快に感じるかな?』『今日、あの人は不機嫌だな』『こうしたら、喜ぶかな?』では、あなた自身に関してはどうでしょうか?『今、どう感じている?』『何が欲しい?』『どうして機嫌が悪い?』『何をしたら喜ぶ?』きちんと感じていますか社会の中、特に会社の中では、自分の感情を表に出さない様に努めているのではないですか?自分で自分を感じてあげないと、自分に対してどんどん鈍感になっていきます。私って何をしたら喜ぶんだっけ?この喜んでいる私は、本当の私?人からの期待を演じていない?感覚・感情に良い、悪いはありません。ただただ自分を感じるのです。今、こう思っている、こう感じている自分に気づいていくわけです。そうすることで、自分をどんどん知っていきます。どんどん自分に気づきます。自分の感覚や感情を素直に感じて受け入れていきます。まずは、あなた自身をあなたが『かんじる(感じる)』ことから始めます。でも、既に鈍感になっちゃているあなたなかなか感じられないかもしれません。大丈夫!私が一緒なら。きちんとあなた自身の感覚・感情にナビゲートしていきますよ。そして、あなた自身で『かんじる(感じる)』ができるようになるまでサポートします。Yes,You can!​​​​​ブログランキング参加中クリック応援よろしくお願いしますにほんブログ村ゆうきゃんの公式ホームページはこちらから​​​​​​​​​​​​

  • 21Feb
    • 佐藤ゆうきゃんについて③

      こんにちは。佐藤ゆうきゃんです。さて、看護師としての社会人生活を始めたゆうきゃんのその後をまたお伝えしていきます。看護師を数年経た後、しばらくの休養期間を経て、外資系企業のマーケティングへ転職をしました。営業のサポートで西日本を毎日転々と移動し、プレゼンテーション、デモンストレーションの日々を過ごします。まさにおいしいもんツアー状態でほぼ毎晩飲みに行ってました。。。おかげさまで、西日本で行ったことがない都道府県はありません。そして各地でおいしいものを食べまくってました。。。たぶん、この頃が一番お酒が強かったですねー。営業さんと飲んでも飲み負けない!この頃は、初めましてのお客さんが多かったので、ホント毎日が舞台感覚。初めまして~なのに、プレゼンも、小難しい内容の説明会すらもライトに笑いも交えて、顧客を私のファンにしてしまってました。本当にコミュニケーション力が鍛えられたと思います。初めての人にも親近感を持たれやすくなったのは、このあたりからでしょうか?有難いことに、『今日初めて会った気がしない。。。(笑)』と良く言われます。誰とでもすぐに打ち解けられるのは、既に特技ですね。当時お世話になった皆様、本当に有難うございます!(感謝、感謝)私、今はライフコーチをやってますよ。Yes You can !​​​​​ブログランキング参加中クリック応援よろしくお願いしますにほんブログ村ゆうきゃんの公式ホームページはこちらから​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

  • 18Feb
    • 佐藤ゆうきゃんについて②

      こんにちは。佐藤ゆうきゃんです。今日は、その後の私について、ですがその前に。我が家は、まぁいわゆる裕福なご家庭ではなく、高校からの進学に関してあまり選択肢がなかったんですね。。。(泣き)好きな事とか、やりたい事というよりは、手に職をつけるとかもっと実用的で堅実で確実な進学。大学なんて口にもできません。。。4年間も負担をかけるとかムリです。資格を取るのに、大してお金はかからず、手に職がついて、一生職に困らない。看護師しかほぼ思いつかなかったです。(ナイチンゲールに憧れて♡とかじゃなくてすみません)村からも近く、寮付き、奨学金付きの看護学校へ無事進学できましたー!、さてさて、長年過ごした村から出た村人。。。ちょっとですよ、ほんのちょっと電車が通っているような都会に出るとどうなるか。。。お金が無くても、それなりに遊んだり、楽しいことはあるもんで。。。3年間、本当に良く遊びましたが、試験の前はとにかく勉強しました。国家試験も無事にパスして、看護師資格を無事にゲットしました!ひとまず、自分の抱いていた目標を達成しました。『看護師になる!』と、自分が決めたらそのとおりになるのです!ここから数年間ナース生活が続きます。看護師時代は、患者さんや患者さんのご家族との時間がなかなか取れないことがとても不満でした。やらなければならない業務に追われて、特に日勤の時間はゆっくり話を聞いてあげる時間が取れない。。。夜勤もそれほど時間が取れない。。。でも、話をもっと聞いてほしそうだし、私も聞いてあげたい。その不安やストレスをほんの少し聞いてあげるだけで、患者さんもご家族の顔までもがホッとなごむんです。そして、私が恐縮するくらい感謝されるんです。こういった経験が、人が人に話を聞いてもらうことのポジティブな効果を私に実感させたのです。気が楽になったり、スッキリしたり、整理されたり。本人や家族だけでは、暗い夜道を延々と歩いているような闘病生活にも、少し明かりを灯すことができたかもしれません。そして、そういう直接的な関わりで人の気持ちを和らげることができる対話や言葉の威力を知っていったんですね。言葉や対話の持つ力は他にも、人を開放します、励まします。人に道を示します。希望を与えます。コーチングでは、クライアントとの対話の中でクライアント自身にポジティブな変化が起きていきます。きっとあなたにも。​​​​​ブログランキング参加中クリック応援よろしくお願いしますにほんブログ村ゆうきゃんの公式ホームページはこちらから​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

  • 15Feb
    • 佐藤ゆうきゃんについて①

      こんにちは。佐藤ゆうきゃんです。今日は私、佐藤ゆうきゃんについてあんた誰やねん!あぁ、早速関西弁が出てしまいましたっ!そう、奈良県で育った関西人です奈良県の電車も走っていない村の村人でした。『所さんのダーツの旅』が来た事もあります。そんな田舎モンからどうやって今に至るのか・・・がしばらく続きます。小学校2年生の時に村へ引越してきて、村人の仲間入りをしました。村にしては珍しい転校生だったからか、異端児だったのかわかりませんが、まぁいじめられました。1学年に1クラスしかなく、女子はたったの10人しかいないのにいじめ。。。女子のすることですから、まずは無視ですよね。ホンマによう続くなーと思うんですが、3か月とかざらでした。一時解除とかたまにあるんですけど、また定期的にきます。良く言えば、エスカレーター式なので、同じメンツでそのまま中学校へ行ったので、中学校卒業までこんなのが続きます((笑)音楽室に閉じ込められるとか?夕方帰ろうとしたら、靴に砂がパンパンに入れられてるとか?めっちゃ聞こえてくる悪口とか?今どきの動画を撮られるとか、暴力とか、もっと陰湿なケースより全然マシですけど。いじめが理由で休んでたまるかぁ、ってな感じで学校も休まず、給食もモリモリ食べ、家でもモリモリ食べ、親はホントに気づかなかったみたいです。いじめられてる事を知られたくない、心配かけたくないってのもありましたけど。ゆうきゃん、暗黒の青春時代ですね。高校生になると、ボスが村外へ出ていっていなくなったし、他の中学校の人もいるし、でいじめからは解放されました~。この時のいじめの経験によって、強くたくましく生きる術と共に、人の心の動きを敏感にとらえる力が備わりました。この時の経験は、今のコーチとしての仕事のメンタル面での土台にもなっています。今こうしてコーチとして仕事をする中で、私を頼りにしてくれるクライアントさんに対して、時には優しく、時には耳の痛いこともお伝えしながらその人らしくその人の人生を歩んでいただく為にコーチを心がけています。続きはまた明日~。​​​​​​​​​​​​ブログランキング参加中クリック応援よろしくお願いしますにほんブログ村ゆうきゃんの公式ホームページはこちらから​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

  • 14Feb
    • I can 革命って何?

      こんにちは。佐藤ゆうきゃんです。初投稿は、やっぱりこれでしょう。ブログタイトルにある 『I can 革命』日本語だと、『私は革命ができます』さてさてなんの?答えは、貴方ご自身の革命です。人生、生き方、全てです。このブログを読まれている貴方はきっと、日常生活をきちんとしている大人です。きちんと大人って何でしょうね?毎日、会社に行くこと?生活のためのお金を稼ぐ事?家庭を持つこと?子供を育てる事?もちろん大事です。でも、それだけですかね?人生って。その中での貴方らしさって何でしょうか?言いたいことも我慢して、やりたいことも我慢して、親や会社の上司の望む貴方に、期待に応えようと必死になっていませんか?それ以外何があるの?期待に応えて何が悪いの?望まれない私なんて価値がない・・・そんな事はないです。貴方はその場にいるだけで、ただいるだけで価値ある存在。もっと貴方らしく、貴方の価値を最大限に発揮して生きていけばよいんです。ええええええ!でも、私らしさって何?私の存在する意味や価値って何?そんなこと良く分からない。私の価値を最大限に発揮して生きていくってどういうこと?そんなの無理無理!私には無理!私、普通の人だし、大したことできないし。↑はーい、これは過去の私です。はい、そう言ってた過去の私!一体どこにいたんでしょうか?今までの世間一般的な常識や、私だけの安全安心安楽な場所、いわゆるコンフォートゾーンの中での意識だったんです。現在の私は、コンフォートゾーンと言われる枠を飛び出し、自分らしくを最大限に発揮中!それって、ゆうきゃんの話でしょう?私には無理って声が聞こえてきそう!これを経験してきた私、ゆうきゃんだからわかるんです。大丈夫!ゆうきゃんと見つけよう。忘れていた自分を思いだそう。過去に置いてきた自分を迎えに行こう。過去すら統合して、素敵な自分らしさの花を咲かせよう!自分の持ってるコンフォートゾーンの枠を外そう!一歩出てみよう!そうすれば、貴方の『I Can 革命』が始まるよ!Yes!You Can!​​​​​​​​​​​​ブログランキング参加中クリック応援よろしくお願いしますにほんブログ村ゆうきゃんの公式ホームページはこちらから​​​​​​​​​​​​​​​​​​​