打ちっぱなし

テーマ:

先日、一緒にコースを回った友人2名と打ちっぱなしに来た。
デビュー以来はまった私は1人でも練習をしている。
コースに出てそれほど差がないじゃないかと思われていた彼らだったが
決定的に違うものがあった。
飛距離だ。

練習場は一番奥のネットの下辺りで200Yなのだが、私がキャリーで
届くのはせいぜい170Yくらい。しかし奴らは平気でネットの中ほど
辺りにボールを直撃させるのだ。
確かに私よりも2人の方が力があることは事実だ。
しかし、ここまでの差が出るほど非力とは思えない。
友人や会社の上司はいろいろアドバイスをくれるのだが、どれを実践しても
結果は変わらない(たぶん実践できてないのだろう)

しゃあない。
変な癖がつく前にスクールでも通うか?

コースデビュー

テーマ:

ブログをお休みしている最中にコースデビューを果たしました。
コースは西熱海ゴルフ場。西武系列のコース。
一緒に回る友人Iの父上がここの支配人とお友達なのだそうだ。
というわけで格安でまわらせていただいた。


打ちっぱなし歴だけは長い私だが、ここ半年くらいサボっていたので
1週間前くらいから立て続けに3回くらい練習をしてデビューに臨む。


この1回目が今後ゴルフにはまるか二度とやらないかの試金石になる。
結果から言えばドップリはまりました。
これはかなり面白い。
成績は当然それほど良くは無かったが(当たり前か・・・)自分で
予想していたほどの惨憺たる結果というわけでもなかった。
スコアは129(64/65)。
一緒に回った友人IとTも110~120の間くらいということを
考えれば・・・なんだ、結構似たようなもんじゃないか!
練習してる時はすごくうまく感じた彼らだったが、背中が見える範囲に
いたのだね。
とは言っても今回は相当のビギナーズラックもあったのであまり
大きな口はきけません。


何はともあれ緑に囲まれたきれいな芝の上を歩くだけでも中々の爽快感が
あり、18R終わってもさらにもう1周と言いたくなるほどはまりました。

まあ、お金もかかるのでそうちょくちょく行ける訳ではありませんが、
今後も行く度にスコアを載せてきます。

冬支度

テーマ:

来週、今シーズン初のスキーに行くために愛車WISHに
履かすスタッドレスタイヤを購入しに行った。
普通に手に入ると思い、非常に安易な気持ちで出かけたのだがこれがびっくり。


1軒目:SuperAutoBucks(みなとみらい店)
私:「スタッドレスが欲しいんだけど」
店:「あ~~」
私:「???」
店:「いや~、実は日本海側の大雪の影響でスタッドレスタイヤが、メーカーレベルで
欠品してるんですよねぇ。一応調べてみますか?」
私:「へぇ、そうなんだ。調べてみてください」

この時点ではまだ平気だろう位にしか考えていない。

店:「在庫調べたら合うサイズのタイヤは合ったんですけど・・・」
私:「・・・」
店:「ホイールの在庫が無いんです!」
私:「じゃ、今日取り付けはまず無理ですね?」
店:「はい」
私:「入荷待ちってわけには・・・」

私が言い終わるのも待たずに

店:「年内は無理っす!」
私:「さようなら」


用賀の方で用事があった私はそのまま近辺まで移動。
246沿いにオートテックがあったのが覚えてたので行くことに。

2軒目:オートテック(用賀店)
私:「あれ~、オートテックってこの辺じゃなかったっけ?」

見事に空き地になっている。つぶれた・・・_| ̄|○


ふと振り返るとそこに後光が差すように存在していたのがタイヤ館。
お~!なんとおあつらえ向きな場所とタイミング。
さっそくUターンして入店。


3軒目:タイヤ館(用賀店)
私:「スタッドレスが欲しいんですが」
店:「あ~」
私:「え?」
店:「一応在庫確認してみますが、ほぼ間違いなくないですねぇ」
私:「・・・」
店:「大雪の影響で今年はメーカーでも欠品してるんですよ~」
私:「それは・・・さっき同じことを聞きました・・・」
店:「そうですよねぇ!どこも同じですよ~。あっ、やっぱりないっすね」


困りました。
嫁もあきらめ顔。
しかし、来る途中に246の対向車線に見えたジェームスがあった。
最後の望みだ。だめもとで言ってみよう。


4軒目:ジェームス(溝口店)
私:「えーっと、あの~、たぶん無いことは分かってるんですがぁ・・・」
店:「はぁ」
私:「スタッドレスタイヤを~、探してるんですがぁ・・・」
店:「はい」
私:「こういうサイズなんですけどありますかぁ?ないっすよねぇ?この大雪ですもんねぇ。」
店:「あぁ、去年モデルの奴がありますよぉ!」
私:「そうっすよねぇ・・・・えぇええええぇ?あるんすか?」


話を聞くと何でも最後のワンセットだそうだ。
神はいた。
しかも最新モデルにこだわらない私としてはそっちの方が金銭的にもありがたい。
アルミのホイールも込みで5万強で収まる。

なんとか冬支度が整いました。

台湾1日目③

テーマ:

現地時間15:00頃台北空港に到着。
即効で現地ツアコン発見。


航空券の半券渡してくじ引きができるらしい。
私:ウーロン茶当たった。
嫁:はずれのビニールの袋をもらう。


ツアコンはメチャクチャ日本語が達者だ。
移動のバスの中ではほとんどしゃべりっぱなしだった。
ツアー客は総勢10名いたが、ホテル、観光の有無がバラバラ。

通常全員を観光に誘うのが常套手段だと思うが、やる気無し。

我々は観光ありだったのだが、「無しでもいいよ」といったら、簡単に了承した!
ラッキー!!元々フリーが良かったからむしろ思惑通り!


宿泊するホテルである一楽園大飯店に17:00頃到着。
一息ついて早速夜の街に飛び出す。


続く。

台湾1日目②

テーマ:

道路はまあまあ順調。
車中で家で握ってきたおにぎりを食す。


9:30頃酒々井I.Cへ到着し、予約しておいた駐車場に連絡。(空港渡しなのだ)
車の受け渡しもスムーズに行った。
速攻チェックイン。


その後、三越レストランでお食事。
私:ホットドック
嫁:トマトのパスタセット


食い倒れ旅行はここから始まった。


12:10定刻出発(エアーニッポン)
短い空路なので機内食はないかと思っていたら、ばっちりついてました。
私:ビーフをチョイス(ハンバーグ)
嫁:魚をチョイス(ムニエルみたいなの)
2人とも完食。


ちなみに我々夫婦は歳を重ね、性格が丸くなると共に最近体も丸くなりつつある。
この出だしから行くと帰るときにはさらに丸みを帯びていることだろう。


続く。

台湾1日目①

テーマ:

突如、嫁と2人で台湾へ行くことに。
決めたのは3週間くらい前。
なんという思いつき夫婦なのだろうと時々思うが、
まあ、それは良しとしよう。


出発前日、私は風邪っぴきで結構具合が悪かった。
計ってはいないがきっと多少の熱もあっただろう。
こんな状態で今この時期に台湾へいって大丈夫なのだろうか?
弱った体に鳥インフルちゃんが入ってきたらどうしよう。
とりあえず、生きた鳥には近づかないように気をつけよう。

というわけで当日7:30に愛車WISHで成田へ向け出発!


続く。

M-1決勝進出者出揃う

テーマ:

またまた、1ヶ月以上、サボりました。
各方面からクレームが来ました。
まことに申し訳ありませんでした。
またこつこつ更新していきますので宜しくお願いします。


土日月と台湾へ行ってまいりました。
旅行記はまた別途。
台湾へ飛び立つ前にM-1の準決勝の結果を予想してみた。
これが結構当たりました。
8組中4組的中。
結構当たり前にきそうなところばかりが当たっていたら
な~んだという感じだったのだが、アジアン、タイムマシーン
の2組についてはしてやったりという感想。


ブログには書かなかったが、M-1は2回戦、3回戦も何日か
観戦している。当然大阪の予選は見れなかったため、関西系
の予想が立てにくかったが(というよりは東寄りの予想だ)
上々の結果だろう。
応援していたトータルが落ちたのはまことに残念!
まだラストではない。来年の健闘を祈ります。


ちなみに現在決勝戦のスタジオ観戦を応募中。
昨年はラッキーなことに当たったので今年は無理かもしれないが
嫁が絶対に当たると根拠のない自信を見せている。
もしかしたらいけるかも・・・。
当たらなくても敗者復活戦には必ず行きます。
いずれにしてもレポは書く予定。
乞うご期待!

キレる

テーマ:

あっちゃんのところに施術へ。
嫁を伴い、店の手前まで行った所で事前に会う約束をして
いたテルと遭遇。先についていて待ち伏せしていたようだ。
しかし、ついたのに前の客がまだ施術中。
3人は事務スペースに放り込まれ、私語禁止令を下される。
なんとなく、間男的な扱いをされる我々。
いや、間男&間女(?)か・・・。


施術後、お食事。
とある某和食屋に赴いたのだが、オーダーストップギリギリ
の時間だったため、すげなく入店拒否される。店員の拒否の
文言の中に詫びの言葉は一つも無かった。つーか断り方にも
もっと言い方があるだろうが!一言「大変申し訳ございませ
ん。またのお越しをお待ちしております」を織り交ぜれば、
こっちだって気持ちよく引き下がるんだよ!
接客業の基本やろがい!!!!


おっと、取り乱しました。
最近ちょっとしたことですぐキレるんだよなぁ。
人間30超えると心が狭くなってだめですな。


結局鳥吉にてお食事。手羽の唐揚最高です。
おねむのテルはここで離脱。


その後、某ネットクイズゲーム(名前を伏せる必要は全くない
のだが、ゲーム名を忘れた)をやるために24営業のゲーセン
へ向かう。近くのゲーセンにもあるのだが、お目当てのゲーム
が24:00をもって終了してしまうため、わざわざ30分か
けて別の店へ。しかし、ここにもそのゲームのあるエリアに無
情な柵が張り巡らされていた。
店員に確認するとついこの間からそのゲームの深夜稼動をやめ
たのだそうだ。ここであっちゃん理不尽にぶちギレ。店員は結
構真摯に対応してたんだけどなー。

やはり30代はキレやすくていかん・・・。


結局、欲求を満たせず終いで3人はゲーセンを後にし、解散。

うまくいかない時は重なるもんです。