猫と私

テーマ:

私は猫が好きだ。


今は飼っていないが前は家で飼っていた。
その辺にいる人懐っこい野良猫や全然知らない家の飼い猫とも遊んだりする。
そう、私は猫が大好きなのだ。
さっきまでは・・・。




・・・数時間前・・・




私はタップの教室があるため愛車Wishに乗り込んだ。
エンジンをかけるといつものようにナビがしゃべりだす。
現在搭載しているナビは電源が入ったその日が何の記念日なのかを勝手に教えてくれるのだ。
「6月24日、UFO記念日です!」
へぇ~!そんな日があるんだ。
訳の分からん記念日を作る奴がいるもんだ、といつものようにボヤキながら車を発信させる。
梅雨の最中だが今日は雨も降ってないし、爽やかな陽気だ。
そんな中、最近はまっているタップの本日の練習に思いを馳せながら運転を続ける。
そんな感じでいつもの走りなれた道を進むこと約3分。


それは起こった。


対向車がくるなぁとボンヤリ思っていた。
実際には少し離れてもう一台来ていた。
一台とすれ違う直前、車の背後から唐突に現れた小さな影・・・。


ネコネコだぁ!!!!


二台目の対向車が来ているため、右にハンドルは切れない。
切るなら左だ!ってガードレールじゃん(゚Д゚)
ブレーキブレーキ、
ブレーキブレーキ!!
(この時はアクセルペダルに右足を置いていた)




・・・( ゚ Д ゚ )




踏み外したぁ!!!!


ねこぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!ネコ


制動する機会を逸して左にハンドルを切っている車は当然のごとくガードレールに吸い込まれていく。


ウワー、とりあえずもう一回ハンドルを右に戻しとけぇ! って間に合わねーじゃん!


ゴゴッ、グガガッゴシャッ!!!


ピューッと逃げていく猫。
おお、お前は無事だったか・・・・。


・・・。


・・・。


・・・ _| ̄|〇 ヤッチマッタ ・・・。



ちなみにあまりに咄嗟のことなので上記の心理描写はきっとこんな風だったんだろうという推測だ。
実際は覚えちゃいないしきっと1秒にも満たない時間だったのだろう。


10秒ほど何も出来ずに呆然とする。
先ほどの対向車は素知らぬふりでいってしまった。
ふと前方を見ると横のマンションから心配そうにこちらを見ている住人がひとり。
運転席から大丈夫であることを伝えるとすぐに引っ込んだ。

とりあえず、この場から立ち去りたくなったので被害状況を見るのは少し動いてからにしようとハンドルを右に切ろうと試みる。


おや?何かやけにハンドル重たいな。
さては前輪が縁石にピッタリくっつきすぎて切れない状態になっているんだね。さては。
しょうがないからホイールには傷がつくかも知れないけど少しまっすぐ進みますか。
って、あれ?俺今ブレーキペダル踏んでないね。
ギアもドライブに入ってるね。
おやおや?
アクセル踏んでも進まないよ。
おやおやおや?


・・・。


いやあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!


考えたくないことを想像してしまい取り乱す私。
しばらくしてタップにどうやって行こうかななどと明らかに現実逃避をしながら車外に出る。


恐る恐る前方に回りこみ車とガードレールの間をそっと覗き込む。
予想通り、ガードレールや縁石と仲良くなったらしい我が愛車Wishは縁石との隙間が1mmもないほど完全な位置に停車していた。


ただし、その左前輪は完全に横を向いていた。
しかもホイールからタイヤが完全に外れています。
当然そんなことになっているぐらいなので左バンパーはボッコボコ。
左ライトも完全に失明してますな。


あっはっはっは。あっはっはっは。

こりゃ面白い。タイヤが真横向いてるよ。あっはっはっはッハッハ・・・ッハ・・・_| ̄|〇


ひとしきり取り乱した後、冷静になった私が最初に考えたこと。


車両保険入っててヨカッタァ!!!


昨年今の車に買いかえるのを契機に久々に車両保険を復活させていたのである。
それまでは対人、対物しか入っていなかった。
一目見ただけで足回りがオシャカになっているこの状況はどう考えても膨大な修理費がかかる。
意外と現実的な自分に驚きつつも、ようやく事故の対処に取り掛かる。


幸いにも1人でのっていた上、私自身にも怪我は全くなかったのため、手続きそのものは時間がかったがすんなり終わった。
レッカー移動で購入したディーラーに持ち込み、修理見積もりのお願いをして帰宅する。
当然歩いてである。


トボトボ歩きながら横切った猫のことを考えた。

いやぁ、轢かなくってよかったなぁ。
車は治せば乗れるけど、猫轢いちゃったら絶対精神的に残るしなぁ。
覚えてないけど、結果としてはあれで良かったんだよぁ。


という感じで、実はこの時点では猫にうらみを抱こうとは考えていなかった。

しかし、ようやく家にたどり着こうというその時。


それはそこにあった。


私の自宅の前の主のいない寂しげなカーポートのど真ん中。
こんもりと盛られた茶色の物体・・・。


ウ○コだ。


ぉぉぉぉぉぉ


この時、初めて私の中に猫への憎悪の炎が燃え上がった。
そう、百歩ゆずってこれは犬のウン○だと思い込むことも出来たのだろう。
しかし、なぜか確信を持ってそれが猫のウ○コであると断定した。


私は猫が嫌いだ。

早くも壁が・・・

テーマ:

齢32にして始めたタップだが、2ヶ月を待たずして早くも壁が見え始めた。
練習は毎週1回で先生2人に対して生徒が15人~20人程度。
大体以下の感じでやっている。


鏡鏡鏡鏡鏡鏡鏡鏡鏡鏡鏡鏡

       男の子 ←先生

ニコニコ ニコニコ ニコニコ ニコニコ ニコニコ ニコニコ ←中級のひとたち


ニコニコ ニコニコ ニコニコ ニコニコ ニコニコ ニコニコ ←中級のひとたち

 女の子 ←先生

ニコニコ ニコニコ ニコニコ ニコニコ ニコニコ ドクロ ←初級のひとたち

               ↑

               私


初中級者クラスなので当然私と嫁は一番後ろの列。

最初の20~30分は全員でアップをするのだが、最後列の初級組も段々慣れてきたためか先生の要求するアップの内容も日を追うごとに高度になっていく。
同じステップでも徐々にスピードを上げていき、最終的には先生しかまともにステップを踏めていない状況までもつれ込む。
当然ひよこ組みは脱落するのが早く、全員あっぷあっぷいいながら不細工なステップを踏むことになる。
まあ、それは良いのだ。

きっと慣れてくればそれなりについていけるようになるのだろう。


問題はアップが終わり、初級組と中級組でレッスンが分かれてからである。
初級組がアップ後に教えてもらうのはアップにおいてあまりうまくいかなかったことを復習するところから始まるのだが、それもまあよい。
問題なのはさらにその後。ツーステップの練習だ!
ひよこ組の中でも私はこれが格段に下手だ。
何度やっても思うように踏めないばかりか、テンパると手と足が同時に出てしまう始末だ。
誤解の無いよう初めに言っておくが私は普通にスキップもツーステップも出来るのだ。
リズム感もいい方だ・・・と思う・・・。
しかし、タップは音を出して何ぼのダンス。
要は普通のツーステップよりは難しいのだ。
とはいっても他のひよこ組(当然嫁も)は全員ある程度不細工ながらもちゃんと出来ている。
もしかして俺は自分で考えていたよりどんくさいのか?
それとも単に年齢による順応力の低下なのか?
練習したいのは山々だがツーステップはある程度の広い場所を必要とする上、広い場所となると人目が必ず付きまとう。
大の30男が街中でツーステップを踏んでいたら明らかにキ○ガイだ。(あはははは、あはははは)
初めのうちは近く見えていた中級者の初先輩方(といっても小学生もこの中に含まれる)の背中が急速に遠ざかっていくのをひしひしと感じる今日この頃であった。

マンション半壊

テーマ:

集中豪雨による土砂崩れにより沖縄の首里城近くのマンションが倒壊の危機に瀕しています。
沖縄ではその他の地域でも土砂崩れなどの被害が出ているようです。
大変そうだなぁ・・・とニュースを眺めていましたが・・・先週末沖縄に行ってました!!!


おいおい、結構他人事ではなかったのでは?
レンタカーで結構海沿いの道を走ったりなんかしたぞ。
体験ダイビングをするために崖地を下ったりしたぞ。
一歩間違ったら結構危なかったんじゃねーの?
無知とは恐ろしいものです。


というわけで沖縄へ旅行に行ってきました。
3泊4日の日程でしたが、旅行中太陽を見た記憶がありません。雨


常夏の島?
⇒東京より気温が低くありませんでしたか?雨

青いさんご礁?
⇒目に映るもの全てが灰色がかっていましたが・・・雨

水着のお姉さん達がいっぱい?
⇒ビーチに人影が見受けられません・・・雨


ま、そんな感じで大雨雨の沖縄を満喫してきました。


唯一沖縄ならではと感じたのは体験ダイビング!
私も同行者の3人も全てダイビングは初。
潜る直前までは大雨と機材の重さに辟易としましたがいざ水中に入ってみるとそんなものはまるで気にならず別世界に圧倒されました。
全員初心者の割には耳抜き等もスムーズに行うことが出来たようで上級者コースまで連れて行ってもらえました。
恐らく晴天時は比べようもないほどもっと美しい光景が広がるのでしょうが、地上で腐っていた我々の心を癒すには充分過ぎるほどきれいでした。
また是非潜ってみたいものです。


後は食ってるか、飲んでるか、ダーツしてるか、ボーリングしてる記憶しかありません。
全部東京で出来るじゃん!!ドクロ

(さすがに飯は安くて旨かった)

相性の悪い土地

テーマ:

何度行っても天気の悪いとても相性の良くない場所があります。
軽井沢です!
別に私も嫁も雨を呼ぶタチではないのですが、なぜかここに赴くと必ずといっていいほど悪天候に見舞われます。
少なくとも4回は訪れているのですが晴れていた記憶があまりありません。
それどころか交通事情に影響を与えるほどの悪天候さえありました。
碓氷峠通行止めとか・・・。


で、先日用があって軽井沢を訪れたのですが見事に松井田妙義I.C.~小諸I.C.の区間が通行止めになっていました。
理由は濃霧とのことです。
まあ、天気予報で雨という事は知っていたのですがまさか上信越道が通行止めなんてねぇ・・・思わないですよねぇ!
目的地の軽井沢はモロにその区間のため、下道は迂回をする車で大渋滞です。


ここまでくるともう呪われているとしか思えないですな。
この土地に我々を拒む何かが潜んでいるんでしょう。
あきらめてもう2度と来ないようにしようと考えていたら、翌日は予想を裏切り見事に晴れました。


懲りずに今年の夏にでもまた行きます。
今度こそ全て晴れでありますように・・・。


再開

テーマ:

はっはっは!
「こまめに更新するぞ!」と誓った元旦の書き込み後、わずか2日で断念し、あろうことか約半年も丸々お休みしてました。
向いてねーんだな~。そもそも日記的なものが・・・。


といいつつもまた気が向いたので書き始めることにします。


手始めにこの半年間の変わったことでも思い出そうとしましたが、残念!1週間前の晩飯さえ思い出せない私には荷が重過ぎました。
というわけで最近のことから書き始めます。


実は1ヶ月ほど前よりタップを始めました!!!
タップと言っても『いちにのさんすう』のタップ君のことでは当然ありません。(知ってる人は知ってる)
タップダンスです。


なぜタップなのか?


嫁:「何か定期的に運動をしたいよねぇ」
私:「ゴルフやろうよ!」
嫁:「ゴルフ嫌い」
私:「テニスは?」
嫁:「コート取るのが面倒くさい」
私:「じゃ、またジム通えばいいじゃん」
嫁:「目標がないからつまんない」
私:「・・・」(どーしたいんだよ!)
嫁:「ダンスは?」
私:「・・・」(嫌だ!)
嫁:「タンゴとかどう?」
私:「考えただけで笑えるから嫌だ」(嫌だ!)
嫁:「社交ダンスは?」
私:「嫌だ!」(嫌だ!)
嫁:「ヒップホップ!」
私:「昔、ジムでやって懲りただろ?」(無理!)
嫁:「・・・」
私:「・・・」(ダンスはあきらめろ!)

嫁:「タップは?」
私:(ダンスん?それは興味ないこともない)
  「・・・んん・・・まあ、タップならねぇ・・・・・・」
嫁:「じゃ、調べるね!!!」


()内は心の叫び


ま、こんな経緯です。


いつの間にか提案の攻守が逆転している上、何かごり押しで結論を出させられてしまった感があるが、こうなった時のお嫁様の行動力は侮れない。
30分後には横浜界隈のタップ事情に精通していた。


といっても横浜市内に数件しか教室をやっているところはなく、その中から場所的にも内容的にもよさげなスクールをチョイスし、早速ネット経由で体験の申し込みを完了してしまった。しかも私の名前で!


で、1ヶ月経過した現在どうなっているかというと・・・メチャクチャハマっています。
元来、受動的で腰が重たいくせにいざことを始めると発起人より楽しんでしまうという私の性質がもろに発揮されたようです。
内容的なことはまた追って記事に致します。


もうこまめに更新するとか自らプレッシャーをかけることはしません。
また気が向いたら更新します。

桃鉄再び

テーマ:

元日分にも書いたがウチのお雑煮は美味い。
仲の良い友人連中は私が結婚してからというもの毎年、このお雑煮を食べに来る。
というよりも、ウチに来る予定を決めてから年末年始の全体の予定を決めているらしい。
まるで家族。


というわけで2日昼頃、あっちゃん来訪。
続いて17頃テル、まき夫妻来訪。
ウチには明日まで滞在予定。


この面子にも既に恒例になった年始の行事がある。
桃鉄である。
昨年は桃鉄USA。
今年は桃鉄15。
正月にしかやらないのに毎年買ってる・・・。
今年はテルが買ってきて、そのままおいてった。


2日は深夜に及ぶまで食っては桃鉄やり、食ってはテレビを見、食っては下らないゲームをやり、好きな時に昼寝をし、これぞ自堕落ともいうべき生活を送った。
3日は少しアクティブ。
正月そうそうタクシーに置いてきてしまったあっちゃんの携帯電話を取りに。
無事取り戻した後はその近辺のお風呂。
そして食事に回るお寿司。
さらには全員で打ちっぱなし。
ボーリングまでやろうという話になったが、テル、まきが明日から仕事ということでタイムリミット。


ま、後半多少アクティブになったものの、こんな生活してたらブクブク太りますわな。
自分の目線から見ても腹がこの期間に出たのが分かります。
節制しなくては・・・。

新年

テーマ:

あけましておめでとうございます!


これを書いているのは既に1月10日なのですが、一応日付だけでもね。
年明け早々まったく更新してないので全く説得力はありませんが、
なるべくこまめに更新するよう今年は心がけていきます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。


さて、元日の生活はというと・・・。
起き抜けに姉一家とお雑煮&おせちを食す。
ちなみに我が家のお雑煮は関東では少し変わっていて、白味噌なのです。
元は既に亡くなっているおじいが京都だったことから来てるようだ。
関東風のおすましは私としてもなんか物足りなく、お雑煮というとこれしか考えられない。
いや、ほんとに結構うまいんですよ。
一度お試しあれ。
↓レシピ(我が家のには鶏肉は入らず、大根が入る)
http://allabout.co.jp/gourmet/homemade/closeup/CU20051228D/


午後からは嫁実家へお年始。
したたか日本酒を飲みまくった後は恒例の麻雀!
面子は私、嫁、パパさん、ママさん。
半荘2回やったが、ママさんの圧勝。
次いで嫁。
ブービーはパパさん。
ドベは私。
このウチは何故か女性の方が麻雀が強い!


そういえば齢32にしてお祖父様よりお年玉を頂戴してしまった。
そりゃ、90歳から見ればまだまだ子供だよなぁ・・・。
とてもうれし。

大掃除&おせち

テーマ:

今年もいよいよ大詰め。
普段掃除をしないようなところを徹底的に大掃除!
といいつつも、来客時に目に付くところだけで、
寝室などは依然として獣道が存在する状態で放置。
来年こそは・・・。
一度掃除を始めてしまうとひたすら没頭する我々夫婦は
案の定、夜になってもおせち作りに着手できていなかった。
ま、洗車出しにいったり、嫁実家に立ち寄ったりしてたからなんだが・・・。


リビングとダイニングに無駄に2台もあるTVでK-1とプライドを
マルチで観戦しつつ、おせち料理作りに取り掛かる。


「なんだよ!マジかよ曙」とか言いつつ、リビング方面をふと見ると
コタツにもぐり嫁爆睡。
おいおい、もうすぐ年明けるんですけど・・・。
ま、疲れているだろうからと放置しておいたが、さすがに年越しの5分前にたたき起こした。
というわけでさしたる盛り上がりも見せずに2006年に突入。
そしておせち作りは終焉を迎えていない・・・。


今年も忙しい1年になりそうです。

M-1 敗者復活戦 In神宮球場

テーマ:

とうとう決勝戦です!
今年もスタジオ観戦だぁ・・・と行きたいところですが、連絡ありませんでした。
はずれです。


そうだよなぁ。昨年が運良すぎたんだ。

というわけで、今年から神宮球場にて行われることになった敗者復活戦を観戦しにいくことに。(チケットは以前から取得済み)


相変わらず寒波の影響では外は極寒。
パンパンに着膨れしながら神宮に到着。
寒いながらも全部見ました!


本来ならば総てのレポートを書きたいところですが、その気力はなくなったのでちょっとした感想のみ。
私の採点上ではトータルか東京ダイナマイトだったのだが結果はなんと千鳥。
家に帰ってからこの結果を聞いたときは結構がっかりした。
確かに出来は悪くなかったけどさぁ・・・。
何か話題づくりの感が否めなかった。(決勝進出者吉本ばっかだし・・・)
今年は本当にトータルに勢いを感じていただけに本当に残念だ。
来年に期待っすかね?

丸沼高原(日帰り)

テーマ:

今年はかなり遅い1発目。
例年であれば11月待つくらいにはすべり始めているのだが、
今年はどうしたことか嫁の腰が重いのです。


ま、ともかく1発目はやっぱり丸沼だろう!
しかし、前日の天気予報では大型の寒気団が来ており、豪雪になりそうな様相。
さらに、直前(当日午前3時ごろ)にみた交通情報では関越道通行止め。
ギリギリまで迷ったが、最悪下道で頑張るかと決行した。


面子は毎度おなじみ凸凹カップルを加え、4人。
今回は私は車を出すため、戸田までお迎えに。


横浜自宅出発が4時くらい。
戸田到着が5時くらい。
荷物と人を乗っけてすぐに出発し、関越道に入る。
規制はギリギリ解除されたらしいが、なんとこの時期にも関わらず、
駒寄P.Aからチェーン規制。
スタッドレス買えてよかったぁ!


沼田I.Cについたのは8時位か?
普段トップシーズンでもI.C抜けたばかりの道に雪など存在しないのだが、予想通り真っ白け。
轍に足を取られながらも快調に進み、丸沼駐車場に到着したのは9:30頃。
雪は結構本降りだが、回復の兆しもないので、すぐに準備を開始。
これが正解だった。
めちゃくちゃ雪が良い!!! そして激空き。
例年、丸沼高原の雪は良質だと思っていたが、私の知る限りでは過去最高の質。
体力の衰えた近年としては考えられないくらいに休憩をあまり挟まずすべりまくった。
なんとリフトの終了時刻ぎりぎりまで滑りました。


昨年ひざを痛めて萎縮しちゃうかな?と思っていた凹嬢だが、雪質も手伝ってか、帰り間際にはかなりの腕前になっていた。
年明けにはニセコにも行く予定なので今日の1発は非常に良い慣らしとなったはずだ。


つくづく思うがこのスキー場は素晴らしい!
永遠のホームグラウンドだな。ここは。


なんだかんだで18時頃スキー場を離れ、武尊付近の「花咲の湯」へ。
いつも混んでるこのお風呂だが、豪雪の影響なのか並ばずに入場できた。
中も普通に空いてる。
そこで食事までとり、20:30頃出発。


帰りの関越は特に規制もないし、渋滞も一切なし。
休憩を挟みつつ、凸邸に到着したのは24時頃。
さらにそこから1時間の道のりは嫁爆睡のため、1人旅。
頑張りました。