小笠原、加地が先発 クロアチア戦スタメン発表=サッカー日本代表
 ワールドカップ(W杯)・ドイツ大会、グループリーグF組の第2戦となるクロアチア戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。初戦のオーストラリア戦で、1-3と痛恨の逆転負けを喫した日本は、決勝トーナメント進出の望みをつなぐためには、引き分け以上の結果が求められる。
 12日のオーストラリア戦では3-5-2システムだった日本だが、クロアチア戦では攻撃的MFを2人にした攻撃的な4-4-2を採用。攻撃的MFには、小笠原と、微熱と右太ももの打撲でコンディションを崩していた中村が入る。また、4バックの右サイドには、5月30日のドイツとの親善試合で負傷しリハビリを続けていた加地が復帰。2トップには、高原と柳沢が入る。

 またクロアチアは、初戦のブラジル戦で負傷したキャプテンのニコ・コバチが先発で出場する。
 試合はニュルンベルクで22時00分(日本時間)キックオフ予定。
 スターティングメンバーは以下の通り。

GK:23 川口能活
DF:21 加地亮、5 宮本恒靖(Cap)、22 中澤佑二、14 三都主アレサンドロ
MF:10 中村俊輔、7 中田英寿、15 福西崇史、8 小笠原満男
FW:9 高原直泰、13 柳沢敦
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/headlines/20060618/20060618-00000041-spnavi-spo.html


20060618 ← こんな思い出来ると信じて♪

頑張れ日本!!002

気合い入れて応援しまっせ!!!


いよいよだよぉ ((((o゜▽゜)o))) ドキドキ



前半 0対0

とにかく心臓に悪い それでもオーストラリア戦に比べたら シュートも多くて

打たなきゃ点は入らないわけで


はい・・・今日も「かわぐちぃいぃ~~~(ジャンプ原田風)」出ました PKよく止めたよ。

凡ミスは とりあえず許すから 後半も押さえてよー!



あ゛ー 疲れる(笑)


日本対クロアチア、0-0のまま前半終了=サッカー日本代表
2006年6月18日(日) 22時53分 スポーツナビ

 サッカー日本代表は18日、ドイツのニュルンベルクでワールドカップ・グループリーグF組の第2戦でクロアチア代表と対戦し、両チーム無得点のまま前半を折り返した。

 序盤は日本が中盤でパスを回してペースをつかんだ。右サイドの加地、左サイドの三都主が何度もオーバーラップし、ゴール前にクロスを上げた。しかし、相手ディフェンス陣にクリアされ、得点を奪うことはできなかった。

 22分には、宮本のファウルでクロアチアにPKを献上。しかし、スルナのシュートをGK川口が横っ飛びで防ぐファインセーブを見せ、日本はピンチを切り抜けた。
 その後、日本はクロアチアにカウンターを仕掛けられ、何度もシュートを打たれたが、川口が再三の好セーブで守り切った。

 日本は前半、何度もシュートを放ったものの、ゴールをこじ開けることはできず、0-0のまま前半を終了した。
http://wc2006.yahoo.co.jp/hl?c=event&a=20060618-00000046-spnavi-spo


ドローで終了 勝ち点1をゲット

たらればは無いけど 前回のオーストラリア戦で こんだけ攻撃してくれてたらと・・・


最低限 首の皮一枚 ってか・・・皮膚繊維一本繋がっただけとも思うけど

負けなくて良かったとしか


とりあえず 脱力感は無いから 明日の仕事には響かないかな

決勝リーグに行って欲しいよぉー!


そして この後のブラジルよ 大量得点してくれ!!(。-人-。)

でもって めいっぱい動いて疲れて欲しい(爆)


ブラジル戦・・・見られるかが・・・頑張ってみます^^;

F組 日本 0 - 0 クロアチア

20060618-4

サッカー=W杯、川口の好セーブで日本が引き分け
 6月18日、サッカーW杯で日本はクロアチアとドロー。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060619-00000761-reu-spo.view-000

 [ニュルンベルク(ドイツ) 18日 ロイター] サッカーの2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は18日、1次リーグF組の日本―クロアチア戦を行い、試合は0―0のスコアレスドローに終わった。
 日本は前半22分、DF宮本がゴール前でFWプルショを倒し、PKを与えてしまうが、GK川口がこれを見事にセーブ。その後も続くクロアチアの猛攻を防ぎきった。
 しかし、決定力不足にあえぐ日本は得点を決めきれず、結局ドロー。勝ち点1を手にするも、1次リーグ突破は厳しい状況となった。
 日本はこの結果、決勝トーナメントに出場するためには、22日に行われる1次リーグ最終戦で、世界王者のブラジルに2点差以上で勝つのが最低条件となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060619-00000761-reu-spo



日本対クロアチア、0-0で引き分け=サッカー日本代表
 サッカー日本代表は18日、ドイツのニュルンベルクでワールドカップ・グループリーグF組の第2戦でクロアチア代表と対戦し、両チーム無得点のまま引き分けに終わった。

 序盤は日本が中盤でパスを回してペースをつかんだ。右サイドの加地、左サイドの三都主が何度もオーバーラップし、ゴール前にクロスを上げた。しかし、相手ディフェンス陣にクリアされ、得点を奪うことはできなかった。

 22分には、宮本のファウルでクロアチアにPKを献上。しかし、スルナのシュートをGK川口が横っ飛びで防ぐファインセーブを見せ、日本はピンチを切り抜けた。
 日本は前半、何度もシュートを放ったものの、ゴールをこじ開けることはできず、0-0のまま前半を折り返した。

 後半、日本は福西に代えて稲本を投入。さらに16分には、FW柳沢に代えて玉田をピッチに送り出し1点を奪いにいった。しかし、暑さと疲れから運動量が落ちた日本はゴールが遠く、ゴールを奪えない。

 逆に、FWを増やして攻撃的な布陣に変えたクロアチアに何度もカウンター攻撃を仕掛けられ、何度もシュートを浴びたが、川口の再三の好セーブなどで守り切った。

 試合は両チームとも決め手を欠き、そのまま0-0で引き分け。日本はクロアチアと勝ち点1ずつを分け合った。この結果、日本がグループリーグを突破するためには、第3戦のブラジル戦で勝つことは必須となった。
 第3戦は現地時間の22日21時から、ドルトムントで行われる。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/headlines/20060618/20060618-00000048-spnavi-spo.html

F組 ブラジル 2-0 オーストラリア

始まりました・・・が 現在1時10分 寝ます(爆)


ブラジル、後半持ち味=ブラジル-豪州〔W杯〕
 豪州の組織的な守備に手を焼きながらも、ブラジルはやはり決定力、総合力が上。後半4分、ロナウドが相手守備を引き付けた後、アドリアーノが決めて先制。終了間際にはロビーニョのシュートのポストからの跳ね返りを、フレジが流し込んだ。前半に比べてスペースを得た後半はパスがつながり、ロビーニョ、フレジの途中出場選手も貢献した。
 豪州の健闘も光った。中盤でのボール奪取からビドゥカのポストプレーを生かしたサッカーで、後半には何度か決定的なシュートで相手を脅かした

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/headlines/20060619/20060619-00000010-jij-spo.html


G組 フランス 1-1 韓国

韓国、朴智星が同点弾=フランス-韓国〔W杯〕
 劣勢の韓国が引き分けに持ち込んだ。後半途中までシュートわずか2本に抑えられていたが、36分にゴール前で朴智星がしぶとく詰めて同点。相手の反撃をしのいで勝ち点1を加えた。
 フランスは初先発のマルダが2列目から積極的に飛び出して好機を演出。前半9分にビルトルドのシュート気味のパスがアンリに通り、チームとしてW杯5試合ぶりの得点で先制。しかし、その後は押し気味に進めながらも追加点を奪えず、手痛い引き分けとなった。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/headlines/20060619/20060619-00000014-jij-spo.html


にほんブログ村 トラックバックテーマ 2006 ワールドカップ ドイツ大会へ
2006 ワールドカップ ドイツ大会