製作記 1/24 タミヤ MERCEDES-AMG GT3 (3) | 加古川模型 club

加古川模型 club

主に車の模型の製作に関する記録です

おはようございます。ウインク


『 1/24 タミヤ メルセデス-AMG GT3 』を作っています。


前回ボディ周りのパーツを切り出して先に接着するパーツは全て接着しておきました。

一晩、接着硬化の時間を取りましたので、今回からペーパーにて合わせ目の段差消しやパーティングラインの処理を進めていきたいと思います。

とは言え、そこは最新のタミヤキットなので、ほとんど段差も無くパーティングラインも無いので#600のペーパーで前後バンパーのつながりを慣らすのと、リアフェンダー上部のダクト合わせ目を消すくらいで、後は全体的に#1000のスポンジヤスリを掛けたら処理はひとまず完了です。

{1F180F16-12CF-4265-BCE8-9982A95D2853}

{94F795B4-56B3-4B2A-9FC0-407B88D429CE}



リアフェンダー上部のダクトの合わせ目(↓)は線が見えますがタミヤセメントでしっかり埋まっているので大丈夫と思います。

{5A3B7777-F447-4F94-AAD1-9F54F1329B7A}





とりあえずペーパーを掛け終わりましたので、一度綺麗に水洗いして、表面に付いた水分を拭き取り細かい所に染み込んだ湿気をドライヤーで乾燥させてから、クレオスのMr.フィニッシングサーフェイサー1500グレーを軽く吹き付けました。

サーフェイサー乾燥後、使い古しの#1000スポンジヤスリでサフ荒れと巻き込んだ埃を取り除いて表面状態の確認です。

{F4DF210A-307C-4AD2-96FB-5412423E29EE}

{4E38C163-8638-4744-A3C1-8645467B1E18}



リアフェンダー上部のダクトの合わせ目(↓)は、ほぼ綺麗に処理できていましたが、左右とも小さいピンホールが有りましたので、スジボリ堂の光硬化パテロックレーザー328を盛って紫外線LEDライトで硬化させておきました。

{14B95A72-36A6-42F9-9400-F3B92D1D63BB}





その他にもリアバンパーのダクトの合わせ目に一部目立つ隙間が有りましたので、こちらにも光硬化パテを盛っておきました。(↓)

{5459B76A-03DC-492B-A46E-902B911D295A}

また、写真は無いですがドア下のサイドスカートに取り付けるダクトにも合わせ目処理が不十分な箇所が有りましたので同様に光硬化パテを盛っています。


なお、これらは直ぐにでも切削可能ですが、今回は時間切れとなりましたので、続きは次回に回したいと思います。





最後に、フロントフェンダーのサイドダクトの合わせ目処理を完全に忘れていましたので、こちらも次回処理しようと思います。(↓)

{6FDC76BA-C11C-4ACE-BB0C-4AF60E8E124A}



地味な作業が続きますが、次回にはこれらの合わせ目処理を終えて下地塗装も終わらせたいところですね。