みなさま、こんにちわ。

第一三共ヘルスケア様にご招待され、
『ミノン全身シャンプー ブロガー座談会』に参加しました。




初めての座談会で緊張!!と思ってましたが、
みんなミノンを使ってるブロガーさんなんだなぁと思うと
親近感マシマシで、とても楽しくお話できました。

話が盛り上がって、せっか下してもらったおやつ食べる時間なかったのー。



まず、第一三共ヘルスケア様のご担当の女性からミノンについて
色々お話いただきました。


意外と知らないこといっぱいで勉強になりました!

ミノン全身シャンプーしっとりタイプが実はボディーシャンプー販売データの7位!なこと
他の上位は大体300円ぐらいのものが多い中で大健闘な
ミノン!

20年以上CMとかしてないけど、この販売実績・・・!

恐ろしい子・・・かべ

リピーターが多いんですって!


ミノンは3つのNON!!でミノンなのも知りました。

Non Alkaline
・ノンアルカリ性。弱酸性であること。
普通の石鹸はアルカリ性だそうです・・・


Non toxic
・低刺激であること。


Non allergic
・アレルギーの原因物質を極力カット!


よく聞く、弱酸性って1973年にミノンからスタートした
事だったんですよー!

その当時、化粧品のアレルギーやトラブルなんかで社会問題などにも
なっていたそうで、そういった人にも使えるものを!!
ってことで皮膚科の先生と12年間のパッチテストを繰り返して
出来たのがこのミノン!!なんです!!


頂いたおみやげたち心




肌を洗った後、潤すとか保湿することについつい熱心になりがち
な私達・・・

でもでも・・・そこに力点を置くのではなくて、
洗うことによって肌本来の保湿成分を流出させないようにすれば
この洗った後に保湿命!!を解消できるのです。


ミノンの洗浄シリーズは、うるおいを奪いすぎない洗浄成分を選んで配合し
「補う」ための保湿成分も少なくしています。

理由は・・・

この補う成分を入れることによって肌に合わない人が
それだけ増えるということだからなんです。


そうなのか!!!そうなのか!!!

ミノン!!!ううっ...


と、感心しました。


ミノンの洗浄成分は、

植物性アミノ酸系洗浄成分です。

潤いを守りつつ汚れを落とす選択洗浄作用が特徴です。


アミノ酸系洗浄成分なので、石鹸カスを作りにくいものなので、
肌にも残らず、つっぱり感のない、するするした洗い上がりになります。

ボディシャンプーを使って肌がきゅきゅ!!とした洗い上がりになるのは
この残った石鹸カスの作用できゅきゅ!!っとした感じになるんですって・・・

知らんかった・・・


市販のシャンプーとサロンで売られているシャンプーの違いも
アミノ酸配合かどうかなんですよ!

このアミノ酸を使用しているから、ややお値段高めの理由なんです。


正直、高いし使ってみるまで、なぜ高いかってことが
わかりませんでした。

使ってみて、ボディクリームがいらなくなったってこと。

肌が弱い人専用ではなくて、顔と同じように身体も大切にケアしたい
って思う人の願いをかなえてくれると思いました。


いつものボディシャンプーに保湿クリーム代をプラスしたら
たぶんミノンぐらいかそれ以上・・・

1本でケアできるのは時短にもなるし、これはなかなか
いんじゃないの!!と感じました。じゅる・・


あと、担当者様のお話で「ミノンは全身シャンプー」なので、
頭髪用のシャンプーとしても使えます!とのことだったので、
早速、家に帰ってその日の夜にやってみました。

もっと、キシキシゴワゴワになると思ってたけど、意外に
洗い上がり柔らかで毛先にトリートメントのみでいい感じになりました。

クレンジングシャンプーとかスカルプ系シャンプーだと乾燥してしまって・・・
と、お悩みの方にもいいと思います!


敏感肌用だから洗浄力が弱いわけでもないですし、
こんなに身近にいたのに良いものに気がつかなかったなぁと反省。

今は夏で汗をかく時期なのですが、もう少し寒くなったり
乾燥の時期になったらどんな風に自分の肌に変化が起きるか楽しみです。

もっと早く出会いたかったなー、ミノン・・・!

ちょっともう普通のボディーシャンプー使えないかも。
高いけど買っちゃうよ、私。


もし、ちょっとでも興味でてきた!って方は、ミノンには
トライアルセットが発売されますので、一度使ってみて欲しいです!

ほんとにいいの!!


今日はおしまい。