5月例会ご報告 | 加古川青年会議所 日々の運動・活動ブログ

加古川青年会議所 日々の運動・活動ブログ

一般社団法人加古川青年会議所です。2018年度は「道徳経済合一のまちづくり~感歴の60年 主座を保ち多様性を認めよう~」をスローガンに、まちづくり・ひとづくり団体として活動しています。

令和元年5月15日(水)

2019年度一般社団法人加古川青年会議所

5月例会「郷土の魅力を輝かせるために」

開催場所:加古川商工会館4階 大会議室

 

国歌「君が代」及び「JCソング」斉唱

 

「JCIクリード」唱和

郷土愛醸成委員会 幹事 岡毅君

「JCIミッション」並びに「JCIビジョン」唱和

郷土愛醸成委員会 委員 大村哲史君

「JC宣言」朗読並びに「綱領」唱和

郷土愛醸成委員会 委員 久村良太君

「鹿の児を育む訓」唱和

郷土愛醸成委員会 委員 玉川昇道君

理事長挨拶 柴田壮平君

 

セレモニー終了後、委員会タイム「郷土の魅力を輝かせるために」行いました。

初めに郷土愛醸成委員会 委員長 藤原広明君より趣旨説明

郷土の魅力を輝かせるために、まずこの地域について理解を深める必要があることから、この委員会タイムを企画した旨の説明がありました。

 

第一部は郷土愛醸成委員会のメンバーにより、印南野地域についてのプレゼンテーション

印南野地域の特徴について理解を深めた後は、第二部として講師をお呼びし「農業と水について」講義をいただきました。

講師は池本廣希様です。

ため池や水の重要性、そしてその歴史について理解を深めました。

その後は第三部。講師の木下一成様に「現状の取り組みと課題」についてご講演いただきました。

テーマに限らず、水の重要性や食べ物についてとても興味深い話をお聞きしました。木下先生はとてもパワフルでメンバーも圧倒されました。

その後は今後の取り組みをメンバーでも考えるため、グループワークを行いました。

最後に講師の方々へ柴田理事長よりお礼とお礼の品をお渡しして委員会タイムを終了しました。

この地域のため池や水への重要性についてとても理解が深まり、とても有意義な委員会タイムとなりました。

 

委員会タイム終了後は、アカデミー委員会に出向している久村良太君と大庫英介君から出向者報告がありました。

 

最後に大谷稔彦君による監事講評

 

我々の郷土は知れば知るほど、魅力的です。こういう委員会タイムは本当に楽しく、有意義です。

 

次回例会は広報戦略委員会によるOB交流会です。加古川の多くの先輩方と意見交換ができる貴重な委員会タイムです。今から楽しみです。

 

これからも楽しいJC活動を送るため、有意義な委員会タイムを企画していきます。