8月例会及び事業「感謝を育むプロジェクト in 県農」ご報告 | 加古川青年会議所 日々の運動・活動ブログ

加古川青年会議所 日々の運動・活動ブログ

一般社団法人加古川青年会議所です。2018年度は「道徳経済合一のまちづくり~感歴の60年 主座を保ち多様性を認めよう~」をスローガンに、まちづくり・ひとづくり団体として活動しています。


テーマ:

平成30年8月11日(土)9:00~13:30

2018年度加古川青年会議所

8月例会及び8月事業

開催場所:兵庫県立農業高校

 

国歌「君が代」及び「JCソング」斉唱

 

「JCLクリード」唱和

次代徳育醸成委員会 副委員長 安東大起君

 

「JCIミッション」及び「JCIビジョン」唱和

次代徳育醸成委員会 幹事 中右裕美君

 

「JC宣言」並びに「綱領」唱和

次代徳育醸成委員会 委員 西岡基樹君

 

「鹿の子を育む訓」唱和 

次代徳育醸成委員会 委員 岡室俊輔君

 

理事長挨拶

理事長 木下武彦君

 

そして、8月例会を中断し、8月事業を行いました。

 

趣旨説明

次代徳育醸成委員会 委員長 藤原竜司君

 

この事業は、子供たちへ「自然に生かされている事への感謝」「思いやりの心の 大切さ」を伝えることを

目的としています。

 

その中で、「枝豆の収穫体験」「多肉植物の寄せ植え」「搾乳体験」を行いました。

30名の子どもたちが参加し、グループに分かれてそれぞれの体験へ。

 

枝豆の収穫

 

持ち帰りのために茎から切り離しますが、これだけ多くの枝豆が生ることに驚いた様子です。

ご家族へお土産もでき、笑顔。

 

「多肉植物の寄せ植え」

 

それぞれ、納得のいくものが出来たようです。

 

「搾乳体験」

 

その前に、牛乳が出来る過程や牛乳が出なくなった牛がどうなるかなど、先生と生徒さんから

教わりました。

出産を経ないと牛乳はでません。

その中で、雌が生まれれば乳牛となりますが、雄は肉牛として出荷をされることになります。

また、牛乳が出なくなった母牛もお肉になっていきます。

 

全て、加古川市志方町にある加古川食肉センターへ送られます。

そうして、我々の命を繋いでくれます。

 

学びの後は、牛を散歩させ、搾乳体験を行いました。

 

 

県農産で人気のカルピーを飲みながら。

 

その後、教室に集合し、牛が肉になるまでや野菜が出来るまでを学びました。

そこから、「いただきます」とはどのような意味か考えてもらいました。

 

 

最後はみんなで記念撮影!

 

 

子どもたちの笑顔溢れる事業となりました。

その中でも、自然への畏敬の念や命への感謝を伝えていくことができました。

青少年育成を教育面からも行うことは、JCならではのアプローチであり、強みでもあります。

 

未来を担う子供たちの豊かな心を育み、こ の国の豊かな精神性を繋いでいけた事業となりました。

 

 

 

 

kakogawa-jc-brandingさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス