どうも。

 

札幌屈指のいちゃいちゃ小説家・カコちゃん(もうすぐ46歳)です。

東京ネタだけでどこまでいけるかトライ中です。

 

1泊目のお宿は、お初な「ココ・グラン 上野不忍」にしてみました。

 

■ココ・グラン 上野不忍

http://www.cocogrand.co.jp/uenoshinobazu/

 

楽天トラベル経由で予約し、土曜日泊で11,800円です。

エコノミーシングルは松竹梅でいうところの「梅」クラス。げれっぱ、というやつです。

ちなみに翌日曜日のスーペリアシングル(「竹」クラス)は9,720円。

 

パンダ

 

結論から先に申し上げると、リピありです。

定宿リストに加わりました。

 

駅から少し歩きますが、目の前が不忍池で、駅前より少し静かな環境です。

なんかよくわからないけど、やたらと銀座線沿線に用事があるカコちゃんにとって、

「あゝ、上野駅」というのは、なくはない。ありありです。

まあエネーチケーホールからは、チト遠い。

 

 

 

607号室です。欠けてます。入室後の第一声は、

 

せっま!(狭い)

 

でした。 

 

アメブロのツールだと、

なぜか縦位置の写真が横になってしまうので、

首かPC・スマホをかしげてごらんください。

これ、トイレ前ね。

 

 

トイレの扉を開けたところです。

 

 


 

カコちゃんのホテルリストによれば、

御茶ノ水のじゅらくと同じタイプです。

ひとりで泊まるなら、

このタイプはシャワー浴びながらテレビも観られるので、好き。

開放感があります。

 

 

バスからお部屋を見たところ。

ベッドはこうしないと、写せない。

 

 

窓。

小麦畑みたいに見えるのが、不忍池です。

蓮の花の季節は、きっときれいだね。

 

 

岩盤浴着。

チェックインのときに予約します。

夕食前の早い時間がオススメ。

 

カコちゃんは19:00~予約しました。

結果的に貸し切り状態を満喫したよ♪

ちょっこす時間をおまけしてくれたよ(おそらく通常40分・カコちゃんは60分)。

大浴場(というには、めんこサイズ)は予約不要です。

 

 

ベッド側からバスルームを見る。

 

 

枕元。

 

 

ライトとコンセント。

 

 

鏡&デスクの下。

 

 

冷蔵庫。

 

 

マッサージ機!

 

 

「女性のお客さま」にくれる。

 

 

ベッドから窓を眺める。

 

 

窓にへばりついて、外を眺める。

中央のちょっこす左寄りに弁天堂が見える。

 

 

外観です。横向いてるけど、外観なんです。

 

オープンしてから約6年ちょっとみたいなんだけど、

おそらくリノベーションしたホテルかなと思います。

 

壁は、ものすごく薄い。

隣がカップルだったら、結構めんどくさい夜を過ごすことになるかも。

カコちゃんは爆音の自分の屁の行方が、めっさ気になったよ。

 

パンダ

 

 

お風呂階。

 

 

お風呂入口。

 

 

洗濯機。ボールドが置いてあったよ。

 

お風呂の様子は公式ホームページに詳しいんだけど、

洗い場は2人+1人です。

もともと2人用で、岩盤浴洗い流し用のところを、通常仕様にした感じです。

 

浴槽はジャグジーです。

床からボコボコのタイプです。側面からのジェットではない。

ホームページだと、ちょっこす狭そうに見えるけど、十分です。

6人くらいはイケるんじゃないかな?

 

岩盤浴は3人用です。

なので、女子旅でお友だちと、みたいなのも楽しいと思う。

 

朝(06:00くらい)にも入ったけど、朝は人がいました。

 

パンダ

 

風呂から上がったら、朝食ビュッフェへ。

 

 

カコちゃんの朝食です。

めずらしく朝食をいただいたのは、無料だったのと、レポしたかったから。

 

なかなか喜ばしいクオリティです。

ちなみに左上は、うどん。あったかかったよ。2杯くった。

ヨーグルトは「ドンレミー」自家製です。

 

あとは和食と洋食それぞれの定番があった。

お粥もあったかもしれない。

 

フルーツはない。

 

 

ホントはやっちゃダメです(法律的に怒られる)。

朝食会場にあったデザートとコーヒーを持って帰ってきた。

 

ホテル1階にドンレミーのアウトレットがあって、人が溢れてました。

ほんで、どうやらそこの、さらなるアウトレットのようです。

日付とか書いてあるシールがはがれてた。

 

全然気にしません。

 

ひとりだったし、お部屋に持ち帰ったからひとつだったけど、

友だちと一緒だったら、間違いなく4つはいってたね。

彼氏なら2コ。

 

パンダ
 

 

おはよう、上野。

 

パンダ

 

ホテル側として、アタイの、この気持ちが伝わるかがチト微妙だが、

カコちゃんの中ではある種の最上級の褒め言葉、

 

ラブホ恋の矢クオリティ

 

この称号を当ホテルに差し上げたい。

 

ハード面については、あんまりお金かけてない印象。

だけど、ホント、痒いところに手が届くとゆーか、

必要十分の下世話というか、

グフフなワクワク感が、あっちゃこっちゃにある。

 

女性のお客様用のコスメセットの中には、

お肌の角質を取る「まゆ玉」が入ってたり、

お部屋備え付けのマッサージ器は、写真のやつと、

ロフトに売ってるクッション仕様のやつと、ふたつあったり。

 

備え付けのお茶には「蓮茶」があったり。

 

クリスマスシーズンだったので、お部屋にクリスマスの小物があったり。

 

 

スタッフの人たちがつくってるZINEがあったり。

 

唯一改善して欲しいって思ったのは部屋着で、

女性用があったのはよかったんだけど、ビッグサイズのカコちゃんには小さめだった。

「大きめ」というのも用意があったそうなんだけど、

それはいわゆる「号数」で言うとどんくらいなのか、あらかじめわかってたらなあ。

 

屁の音まで気になるほど壁が薄いとかもあるけど、

浴場にパナソニックの「きれいなお姉さん」ナノスチーマーがあったりもして、

あっちゃこっちゃの「小さな愉しみ」が、コスパ良し、の印象。

 

私の経済状態が改善されたら、やっぱり東京駅方面に戻っちゃうんだろうけど、

例えば上野の美術館での催しのための旅行とかは、

実にいいホテル。

 

エコノミールームでのリピもありだし、

もっとコンセプチュアルなお部屋の宿泊も、あってもいいなあ。

 

予約後に「マツコの知らない世界」で、

系列の高崎のホテルが取り上げられてたけど、

あれも多分、札幌でいうところの「OCTA」とかのノリかもしれないね。

 

ハードの「ニトリ臭」で好みが分かれそうだけど、

カコちゃんの今回の旅行では、かなり楽しい思い出になりましたとさ。

 

 

ラブラブ ブックマークしてね ラブラブ

■お知らせブログ「PICNICA011広報」

http://ameblo.jp/picnica011/

 

■小説通販は「minne(ミンネ)」で

https://minne.com/picnica011

 

I'm sorry Please forgive me   I love you   Thank you