かっこのミーハー爆裂日記!!

かっこのミーハー爆裂日記!!

ミーハーかっこのおちゃらけブログ!
10年以上たって振り返ると(笑)IL DIVOブログになっちゃってましたぁ~
もっと他のこともとりあげたいけど、ついついIL DIVO語りに。。。。!


テーマ:

My fantastic Birthday Party with everyone and the whole Il Divo crew in Singapore

(カルロスのinstagramより)

カルロスを囲んだみんなの笑顔が最高!

 

シンガポールのステージで盛大なHappy birthdayハーモニーとケーキが!

 

 

4人のうちの誰かのお誕生日が重なるステージに遭遇するのは、

観客としてもラッキーですね!

 

 

カルロス、おめでとう! ケーキのろうそくは、カルロスの肺活量でさっと吹き消されたわね!

 

ということで、IL DIVOメンバーは、今はもうオーストラリア・パースに!

 

 

 

★IL DIVO 日本公演を終えた後の10月のスケジュール

このカルロス隊長、細身だ!(笑)

 

 

 

 

それにしても、IL DIVOって、なんなんだ!

 

あの歌唱をひっさげて渾身のステージを連日繰り返し、

しかも、時差のある中、世界中を大移動。

 

どれほどの体力と精神力を持っているのだろう。

 

彼らを追っていると(って、ネットで。笑)、その強靭な体力と精神力、人間力に、

頭が下がる。

そしてファンに対して、いつも暖かく笑っていてくれている。

 

見ている景色、進む方向が高い。

チームワーク良好で、お互いを尊重尊敬しながら、

ほどよい距離感を保ちながら、目指す高み向いている。

 

 

オーストラリア国内では、移動はあるものの、しばらく滞在するツアーとなるため、

その滞在が、彼らにとっても癒やしの時となるように。

 

すべてが守られて、いい時間となるように。

 

こちらのブログからもエールを送り続けます!

 

取り急ぎ。

 

ではまた!

つづく、、、、

 

 

 

 


テーマ:

 

2018.10.10 の中国上海での公演を前にしたファンの集い(かな?)での一コマより。

 

 

カルロス、50歳のお誕生日、おめでとうございます。

Happy Birthday!

 

私と10年違いで歳を重ねてる?!(私は40歳!???笑)

いまや、だれもが認める余裕と貫禄。(体型も?笑)

 

今は上海公演を終えシンガポールに移り、お誕生会を盛大に迎えていることと思います。

 

カルロスのSNSで、お誕生日ご挨拶がありましたよ!

★ツイッターのサイトはこちら↓

https://twitter.com/carlosmarin_

 

 

まだまだ、ずっとずっと元気元気に、

IL DIVOとしての要を、

そして、ショービジネスの中心でのご活躍を!

 

 

今回の来日公演でのカルロスには、

IL DIVOのクオリティーを保つべく、どんな状況にあっても、

自らが全メンバーを、そしてハーモニーをカバーする責任を担い、

ジョークを飛ばしながらも、細部に渡って気を配り、

持てる力量を最大限に表現しながら、IL DIVOの音を最高潮まで持っていくことを自分に課し、

そのプロフェッショナルな姿を見せていただき、

私は、あらためて、彼のその姿にほれぼれいたしました。

 

 

 

 

 

男の円熟期、まだまだこれからさ!エネルギーはいつも満タンにしてるよ。

(といっているかのような余裕のポーズ)

 

小難しい語りではなく、ラテンの気のいい明るさと、

言葉より実行、とばかりの体を張った歌唱の披露で、

人の心を強く後押ししたり、引っ張り上げたりするエネルギーの強さ。

 

研鑽を重ね、経験を積んで鍛え上げたショービジネスでの修羅場を越えて、

ILDIVOIL DIVOたらしめているかけがえのない存在。

 

自他ともに認めるカルロスの強く暖かな、そして甘いバリトンボイスの牽引に、

世界中の人たちは、次への己のステージに引っ張り上げられる。

 

IL DIVOメンバーそれぞれの個性ある才能を、

つぶさず、際立たせ、溶け込ませ、包み込み、盛り上げる。

カルロスの持つ、大きな寛容ヴォイスの懐は、とことん深く広い。

 

彼の明るいジョークの裏にある、見えない繊細さと、妥協しない厳しさが、

マイクを握る手の指の細部に感じ、プロフェッショナルの尊さを教えてくれている。

 

 

ますますの活躍、エネルギーの発露を期待し、応援!

 

カルロス兄貴の活躍は、才能豊かな3人の弟たちがなにより頼りにし、応援している。

 

隊長は、やっぱり隊長だ!

 

これからも、まだまだつづくIL DIVOの世界ツアー。

すべてが守られて進んでいくように。

 

上海も大盛り上がり!IL DIVOは、世界中にどんどん愛の種を蒔いていく。

 

 

さてさて、秋も深まり、どなたもご自愛くださいませ。

ブログもまだまだつづく、、、、

 

ではまた!

 


テーマ:

おぉぉぉ〜!なんという美しさ。日本文化の中に溶け込んで、かなたに向けた雄々しき目線よ。

(ウルスの9月29日のinstagramより。大阪 四天王寺にて)

https://www.instagram.com/ildivours/

(プロのモデルも後ずさりする、ウルスのポーズ満載!)

 

 

『IL DIVO JAPAN TOUR 2018』

2018年9月20日/東京 日本武道館にて行われたライブ収録を

2018年11月25日(日曜日)

夜7時30分より放送予定。

サイトはこちら↓

https://www.wowow.co.jp/detail/113520/001

 

 

 

取り急ぎ、情報のみ。

 

まだまだ、余韻を巻き戻して、つづけます。

気温が乱高下する時期。

ご自愛くださいませ。

 

ではまた!

 


テーマ:

「ピンポイントで、ひとりひとり、すべての人それぞれに、

個別にジャストフィットする特別のエネルギーを送ったからね!」

(by David と言っている?!名古屋公演 終了後)

 

たまたま遭遇して、突然目の前でこのポーズ!

一緒にいて携帯写真を撮ってくれた友人にこの写真をいただき、

これはきっと日本のファン全体に向けているな、みんなに届けてって言う意味だと勝手に解釈。

(私は、こういう時、相手に写真を向けられなくなっちゃうタイプなのですが、

すかさず写真におさめることのできる凄腕の友人がちゃんとそばにいるというのも、

偶然ではなく必然なのだと。ファンのみんなに届け!)

 

 

 

10月も一週間が過ぎ、IL DIVO『Japan Tour2018』が全て無事終了し、

IL DIVOマレーシア・クアラルンプールでの公演がもうすぐ始まろうとしています。

 

約19日間(ぐらいかな?)の日本滞在で、東京、仙台、大阪、広島、福岡、名古屋の6都市、

11公演を滞りなく終え、その全てを持てる力の200%全力投球で会場を魅了し、

大成功をおさめ、次へと飛び立って行ったIL DIVO

 

ブログでしばらく、マイペースなひとり語り(って、いつもか。笑)、

これからぼつぼつ綴っていこうと思います。(自分用)

 

 

日本滞在中の9月末、最大級の台風24号が日本列島を縦断し上陸?!

西日本接近上陸と彼らの広島、福岡公演が微妙な重なり具合で動く中、

どういうわけだか、ほぼ影響を受けない形(!)で彼らは移動し、

公演も無事執り行われるという、神がかり的奇跡のIL DIVOマジック!

あっぱれな展開を見せてくださいました。

さすがすぎる!守られて感謝!

(やっぱり、台風は一瞬消えた!と解釈できちゃうほどでした!)

 

 

『Japan Tour2018』のすべての行程を支えた、

ウドー音楽事務所等々関係スタッフの皆様をはじめ、

マエストロ、演奏者、バックヤードのスタッフの皆様、

そして、切れのある本格的ダンスを毎回ご披露してくださったダンサーの皆様、

そしてなにより、IL DIVOの4人の超絶なるパフォーマンス、それを支える奥様方、

ALL IL DIVOのメンバーに感謝しております!!!

 

11公演すべてにおいて、たっぷりの笑顔で迎えた日本のIL DIVOのファン(DIVAS)の

愛情ある反応も、各都市すべてで、素晴らしかったのだと感じます。

 

15周年。

その流れの中で、IL DIVOと日本各地のファンとの間で育まれた、

いわば、「豊かな友情」のようなつながりは、いろんな形で膨らんでいるのだと。

 

11公演で、どれだけの人たちが集まったのか、私はわからないのですが、

確実にどなたも、彼らからのメッセージを受け取って、エネルギーチャージされたと思います。

 

それぞれ、ひとりひとり、それはすべての人に対して、

IL DIVOの音の波動に乗せて、今の「あなた」へのベストメッセージを。

 

彼らの音楽を媒介にして、ひとりひとり、個別の対話空間、

ゾーンの中で、心の会話をされ、脳内に浮かぶヒントや言葉を拾い、

強められたのではないでしょうか。

 

 

会場に複数回足を運んだ方も、かけがえのない1回の公演に参加された方も、

直接彼らと言葉を交わした方も、そうでない方も、

その状況とは関係なく、IL DIVOはジャスト「あなた」へのメッセージをちゃんと届けにきてくれたと。

そう感じるステージでした。

音楽の持つ力、音の波動、そしてそれを伝えるアーティストたちの実力とお人柄。

素晴らしい時間。

 

 

IL DIVOの持つ、多様性を受け入れるキャパシティの広さと寛容さ。

「愛」の広さと深さの無限大を感じ、その優しさにノックアウトです。

 

すいません、理屈っぽくて。(苦笑)

 

 

 

手のひらが真っ赤になっちゃった。ここからパワー出したよ!(by Davidって言ってたかな?!)

 

 

ディヴィッドは、そのほとんどを日本語で対応し(意味もちゃんと理解していてすごすぎ!)、

ステージ上での細かな気配りの繊細さを持ち合わせながらの、終盤でのソロの圧巻!

 

そして、行く先々でのファンへの極上の笑顔。

サラさんというソウルメイトの伴侶を得て、今後もさらに磨きがかかっていきますね。

 

「25年間オペラを歌ってきて、ようやくこの曲を歌うことのできる声になりました。」

と言う表現ができる視点に、はっとさせられます。

 

歳を重ねることの豊かさを示すかのような、なにげない言い回しに。

 

その土地の人に寄り添い、その土地の文化を知ろうとする好奇心。

今回の日本滞在が、ディヴィッドにとっても楽しき時であったようにとを祈ります。

 

歌詞を見ずに美しい日本語で「故郷」を歌い上げるディヴィッドの真摯な姿勢。

感謝です。

 

このブログ、IL DIVOファンの方しか読まないと思うので、

とことん、存分に褒めちぎる路線で書いてます。

止まらなくなる。

 

 

まだまだ、IL DIVOのツアーは世界を巡る。

すべてが守られて、引き続き、素晴らしき公演、祈ります。

 

ブログは、独自路線でまだまだ続く!

 

季節は秋本番へ。

どなたも、ご自愛くださいませ。

 

ではまた!


テーマ:

ウルスのinstagramより見つけた一枚。ウルスご夫妻からのここでの発信は、素敵すぎ!

レティシアさんと東京お台場のチームラボteamLabでの一コマ。

teamLabのサイトはこちら↓

https://borderless.teamlab.art/jp/

 

 

IL DIVOの日本滞在も一週間を越え、ご夫人方も加えてそれぞれが

カルロスは少ない?)、いろんな場所を独自視点から、素直にありのまま、

instagram等で自由に発信してくれておりますね。

両国国技館でのお相撲観戦では、足の長い皆様方、

マス席は、窮屈だっただろうと思っていたら、やっぱり!(笑)

 

instagramでのタイムリーな発信は、どんどん進んでいっちゃうのですが。

(ファンDIVAは、皆さまご存知かと思いますが。念のため。)

 

★セブのinstagram

https://www.instagram.com/sebdivo/

ストーリーは、セブのページの丸いアイコンをポチッとすると出てきます。

 

 

★ディヴィドのご夫人・サラさんのinstagramのストーリー

https://www.instagram.com/sarah_joy_miller/

ストーリーは、サラさんのページの丸いアイコンをポチッとすると出てきます。

 

 

★ウルスのご夫人・レティシアさんのinstagramのストーリー

https://www.instagram.com/_letymartin_/

ストーリーは、レティさんのページの丸いアイコンをポチッとすると出てきます。

 

 

★ウルスのinstagramのストーリー

https://www.instagram.com/ildivours/

ストーリーは、ウルスのページの丸いアイコンをポチッとすると出てきます。

 

 

★カルロスのinstagramのストーリー

https://www.instagram.com/carlosmarinildivo/

ストーリーは、カルロスのページの丸いアイコンをポチッとすると出てきます。

 

※上記サイト、うまくつながるといいのですが。載せ方が上手じゃなくてごめんなさい。

(instagramやっていらっしゃる方は、ご存知かと思うのですが、一応載せました。)

 

 

今年の夏、ずっと咲いていたベランダのシクラメン!

今朝方、トンボちゃんが、雨宿りしてましたので、写真撮りました!

(一人壁ドンか? それとも、自己反省?いやいや、いっぷく、休憩だね!)

 

 

雨模様の東京から。
つい一ヶ月前は、まだ酷暑だ、35℃だと大騒ぎしていたなぁ〜と、

涼しくなった雨空を見上げながら。

ベランダで今年の夏もずっと花を咲かせているシクラメン(!)鉢の下で、

自己反省しているかのようなスタイル(?)のトンボちゃん。
ここで、雨宿りかな?ゆっくりしていっていいよ。

 

 

9月もあと少し。
えっ?!10月がすぐそこか。
びっくりすぎるほど、時の流れが早く、
時が抱える展開量が多い感覚ですが、
トンボちゃんのように、自分の良さげな場所を見つけたら、

ちょっとの間でも、いっぷくしてから、飛んでいこう!ねっ!

 

今日から始まるIL DIVO西日本公演。

すべてが守られて、

IL DIVOからの愛たっぷりのエネルギーが注がれていくように。

すべてが、ベストで動いていくように。

オールILDIVOに力を!

みんな、みんな愛をいっぱい受け取れますように!

 

 

台風、来ない、消える!
溶けてなくなっちゃう!
と、心の中で念じてます。

 

 

そして、今回のJAPANツアーの模様は、

WOWOW11月に放送予定とのこと。

 

9月20日の日本武道館コンサートでの収録を含めて、準備してくださっているようです。

WOWOWサイトはこちら↓

https://www.wowow.co.jp/release/004808

 

楽しみでございます!

 

ポチッとこの写真を載せようと思ったら、2つ出てきちゃったので、そのままにしちゃう。

ディヴィッドを支えてくれてます、サラさんです。

 

 

 

好きなものの前では、みんな、こんなお顔になっちゃうね!ニヤニヤ!

 

 

 

石井一孝さんとlaurent banさんとのショット!セブちゃん、お顔小さいな。@TOKYO

動画はこちら↓

https://www.instagram.com/p/BoKiRpvnfPu/?taken-by=laurent_ban_project

(英語バージョン↓)

https://www.instagram.com/p/BoLM2REBlcW/?taken-by=sebdivofanclub

 

 

ひとつ、ひとつ。

すべてのコンサートが守られて、

特別の最高の時となっていきますように。

 

どなたもみんな、健やかに。

 

また、つづけます。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

今回「赤」の色を強調したくて手持ちのペンライト、新しいボタン電池に入れ替えて持参!

 

Magical momentは、Priceless、しかも「TIMELESS」!


IL DIVO・JAPAN TOURスタート、日本武道館4日連続公演!
今週の夜はIL DIVOの海にどっぷりと浸かり、すっかり”ゾーン”に入ってました。

 

昼間は日常、夜は非日常を繰り返し、一日の中に2日分入っているかのような時間を4回も?!

そして、日常も通常とは違う中、なにより行けたことがありがたく、

己の「好き」を追いかけるど根性に驚き(笑)、まわりの理解に感謝です。

 

IL DIVO結成15周年

約15年前、通りがかりに耳にしたハーモニーに惹かれて手にしたCDから始まったこのご縁。

今回は、今までのIL DIVOから、また数段レベルアップし進化を遂げてのステージ。

 

 

「私はオペラを25年間歌ってきていますが、ようやく

「Vesti La Sin Amor」(「道化師」より”衣装をつけろ”)を歌える声になりました」と、

連日、武道館の音響なぞ関係ないとばかりの声量と技量でのディヴィッドの歌唱、


モーツァルトの「魔笛」から「Die Zauberflote」を伸びやかに丁寧に、

驚くほどの声量で歌い上げるウルスの歌唱、


「Granada」を、これぞ本領発揮とばかりに

スペインのダンサーを従えての最大熱唱するカルロス


自分で作ったアルバムから、「UP」(18日と21日)「Kingdom Come」(19日と20日)を、

会場をポップ・ロックののりに即座に転換しながら

会場一体を巻き込んで歌い上げるセバスチャンの力量を混ぜながら。

 

4人とも、天才的な歌唱力と、あふれる愛情を、200%!

毎回放出するステージ。凄まじいエネルギー量です。

 

 

これだけのまるで異なる素晴らしき個性を持ちながら、

4人の声が合わさると、なんともいえない、

今までなかったような安らぎと平穏のハーモニー

愛ある強さと寛容の音を作り出すことができるのかと、、、。

 

まぁ、こうやって、どっぷり浸かりながら、

いくらでも褒めちぎれるという根っからのファンである私の技量(???笑)

 

 

これから始まる、仙台、大阪、広島、福岡、名古屋の公演に行かれる方、

是非是非ご堪能くださいませ。

 

 

己の持てる力の200%を連続放出していくというのは、こういうことなのかと、

彼らの裏での見えない研鑽と、プロフェッショナルな姿、

なによりも、崇高なお人柄に、さらに惚れるのでした。

 


これは、簡単な感想です。

 

まだまだ、思ったこと、感じたこと、これから書ける!(笑)

 

ではまた!

 

取り急ぎ。

 

つづく、、、、

 

 

 


テーマ:

 

彼らの笑顔には、かなりのエネルギーが含まれている!

 

いろんな人生経験をそれぞれ、そこそこ越えてきた年齢の女性たち(男性もか!)の心を、

ずっとつなぎとめるというのは、そうとう本格的な実力があって、

しかも日々進化し続けていないと、できないことだと思うのです。

まやかし風な、上っ面の音では、年輪を重ねた人の、

心の奥底に眠る深い思いの機微まで届かない。

 

それを、こともなげに、やり遂げる彼らの基本的な実力の奥深さと、

15年を重ねてきたIL DIVOとしての研鑽、加えて、見えないところでの努力をベースに、

それを乗り越えて、次の段階に入ったような

一人一人の本来持つ個性の発露がほとばしるステージ。

才能あふれる個性豊かな、4人のブレンドされた味わいもまた素晴らしく。

 

そして、なによりも、誰もが楽しみ、喜び、

幸せな気持ちになる演出するために必要な彼らから発する

「愛」のエネルギーの放出が半端なく。

 

これを受け取った側は、それぞれに元気をもらい、自分の中で膨らませ、

自分の各々の場に立って、その連鎖の手渡しの役割を果たしていく。

 

日本のためだけに、わざわざMCを一生懸命日本語で頑張ってくれている、

そのことだけでも、過密なワールドツアーの中で、

ひと手間どころか、百手間かけてくださって、

そういうところの「愛」ある彼らの心遣いが、

なんともいえなく、感謝しかない。

 

あらゆる場面で踏ん張るいろいろな人たちに、

彼らからの「愛」を送る、それを感じるステージ。

 

 

15周年を迎えたIL DIVO「TIMELESS」というタイトルを冠にして、

時代を越えて歌い継がれてきた曲をIL DIVOの極上ハーモニーに変換し、

2018年のワールド・ツアーを巡る中、

この9月、10月を日本で11公演も行ってくれるという巡り合わせにも、

偶然ではない、必然を感じます。

 

ステージのネタバレは、もう少しあとに書くことにして。

 

ずっと好きで、よかった。

まだまだ、ついていこう。

 

そう思って、昨晩帰宅しました。

 

会場にいる一人一人が、「地の塩」のごとく、

なくてはならない存在として、エネルギーチャージされていく感覚を覚えました。

 

感謝です。

どなたも、健やかに、健やかに。

 

ではまた!

 

つづく、、、、

 


テーマ:

9月からの連日のヨーロッパ公演も、最高のパフォーマンスを連日ご披露も大成功!

 

 

さっそく、こんな写真がシェアされてきました。

 

いざ、JAPANへ!!!

 

待ってまぁ〜す!

 

 

そしてなんと!

David監督作品「A Hand of Bridge」が、WINNER!!!

Cngratulations!!!!

 

A HUGE thank you to #jukeboxiff for awarding A Hand of Bridge 1st place and Best of Festival in the narrative short film category 2018!!
And big shoutouts to all the cast and crew!!!

 

 

すごい!

やったね!

おめでとうございます!

 

 

 

★Il Divo - Chapter 4: The Handler (Smile)

 

短時間で作ったDavid監督の手腕が光る「TIMELESS」4部作。

4編を通して感じるDavidの醸し出す映像テイスト、好きです!

 

本格的長編映画も、素晴らしい作品に違いないな!

 

 

 

 

9月17日 Mステ ILDIVO 「故郷」

出演時間 14:00〜17:00枠

Mステタイムテーブルは以下のサイト↓

https://www.tv-asahi.co.jp/music/ultrafes2018/timetable/

 

 

実は、私は今回、CDはじっくり堪能したものの、

事前準備的な海外コンサートの動画はいっさい見ていないので、

コンサートでのIL DIVOのパフォーマンス、わくわく楽しみにしています。

 

今の日本に愛のエネルギーをたっぷりチャージしてくださいますね。

 

そして、日本からも、彼らへのねぎらいと感謝の気持ちを届けたいです。

 

日本での滞在は、そこそこ長いので、全国への移動はありながらも、

しばし、彼らも、合間合間の休みには、心身安らぐ時が持てますように。

 

すべてが守られて、だれにとっても、オールIL DIVO(メンバー、関係スタッフ、ファン)全員が、

素晴らしき時を過ごせますように。

 

どなたも、健やかに。健やかに。

 

ではまた!

取り急ぎ。

 

つづく、、、、

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

今年の酷暑、そして突然の過激豪雨の中にあっても、静かに咲き続けた朝顔。

その強さに、励まされ、そっと、ありがとうと言葉をかけました。

 

 

8月から9月へ。

 

新しい月が始まると、

新しい流れが動き始め、ガチっとスイッチがON!

夏から秋へ向かう空や風の、ほんのかすかな変化を感じ始めますが、

今年はどうかなぁ〜。。。。

 

さてさて、なんといっても、IL DIVO来日月!

 

9月17日(月・祝)

お昼の12時からのMUSIC STATION、いわゆる「Mステ」に、

IL DIVOの出演情報が入りました。

サイトはこちら↓

http://www.tv-asahi.co.jp/music/ultrafes2018/lineup/

 

タイムテーブルがわかるといいなぁ!

(なにしろ、出演者が多い!笑)

 

翌日18日からは、日本武道館からJapanツアーが開始されます。

すべての大成功を祈ります。

 

 

 

 

夏バージョンのウルスから、

 

秋バージョンのウルスへ。

 

そして、ディヴィッド監督作品、Chapter 3はウルスをじっくり味わう回ですね!

 

★Il Divo - Chapter 3: The Bartender (Angels)

 

 

 

付け足しではなく、リアルタイムでの笑顔のセバスチャンもね!

 

バリ島でのセバスチャン、似合ってる!

 

 

9月に入って、またIL DIVOの世界ツアーが再開。

 

精力的に世界中を回るIL DIVO御一行が、全て守られて、

素晴らしい時を作り出していくことを、応援いたします!

 

今月、どなたも健やかに、豊かな時を!

 

ではまた!

 

つづく、、、、


テーマ:

台風が来る前の日に、家の前で空を見上げたら、この色のコントラスト。

くっきり、すっきりの雲ひとつない青空に、伸びる百日紅の鮮やかさよ。

 

8月も、あと一週間で、もう9月?!

今年は気候変動が慌ただしく、日本中が右往左往。

その中でも、なんとか踏ん張っているあらゆる人々の雄々しさ。

 

自然と対話しながら、自然のささやきに教えられながら、

できれば穏やかに進んでいきたいものです。

 

大自然の無言の声が、我らが地球になにかを言わんとしているのではと

ふっと思ってしまう今年の8月末です。

 

 

さて、IL DIVO「TIMELESS」のCDが全世界でトップセールス連発!

これはもう、IL DIVOの、4人の気合が入ったエネルギーが、世界にどんどん浸透している証拠。

さすがというか、やっぱりというか。素晴らしいことです。

 

実は、これはセールスとか、そういうレベルではなく、

彼らの音を、感性でキャッチした世界中の人との見えない交信の為せる技。

 

耳を澄ませば、彼らからの「あなた」へのメッセージが聞こえてくる、聞こえてくる。

 

世界の中の、たった一人の、かけがえのない「あなた」とIL DIVOの対話。

誰にも言っていない、心に秘めた思いを、

そっとすくい取り、後押ししたり、解放したり、励まし癒やす彼らの音。

 

目立っていないし、平凡の中にいると思っている人、

今、暗闇の中に入ってしまっていると思っている人、

自分は、ほんの片隅にいると思っている人へ、

いやいや、片隅じゃないし、平凡なぞ関係ないし、

輝ける素晴らしさを持つかけがえのない「あなた」へ、届け届けと、

彼らはエネルギーを放っている。

 

喜びの中にいる人、爽やかな風をいっぱいに吸っているに人には、

ほんとによかったよかったと、傍らで喜ぶかのようなエネルギーも。

 

カルロスの、雄叫びと、他の3人を支える寛容なるささやきに、

ウルスの、優しさこもる尊き声と、他の3人に寄り添う暖かな声に、

セバスチャンの、甘さのあるフレンチや、凄みすら感じる力のある低音から高音までのエネルギッシュさに、

ディヴィッドの、寄り添う優しき愛あふれる心地よき声と、力強き高音の品格に。

 

気持ちよさそうに、そして、暖かさと力強さを込めて歌いあげる彼らのハーモニー。

 

実力がなければ、バラバラで、ぐちゃぐちゃになってしまうであろう高度な技量を兼ね備えた極上ハーモニー。

 

(って、このあたりで止めとくか。止まらなくなる。笑)

 

酷暑の夏の清涼感。

ありがたや!

 

ディヴィッド監督の映像も、Chapter 1と2がYou tubeで見られます。

(facebookではChapter 3: The Bartender (Angels)もアップされてますが、

こちらもsonyさんがきっとYou tubeにしてくださると思って待ってます。)

 

★IL DIVO- Chapter 1 「The Pianist (Aquí Esperándote)」

 

 

★IL DIVO- Chapter 2 「The Mark: (Unfortettable)」

 

音楽ってすごいな。

 

欠かせない。

 

で、IL DIVOと同時代の地球に生きているっている奇跡。

これって、すごいことかも!

 

感謝!

 

完全にファン目線のブログです!

 

好きだと思うことを勝手におもいっきい書くのは、

やっぱり気持ちいいものだわ!

ってことで、自分用のブログ。

 

酷暑の8月となってますが、

ご自愛ご自愛!

 

ではまた!

 

つづく、、、、、

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス