さてもう少し老人のたわごとに付き合ってもらおうか・・・!

 

ゲームの内容は先の動画で見て頂いた通りでとかく老人がその魅力が凝縮している

と感じるのはここ

 

まずはなかなかに雰囲気に合った秀逸なBGMとかく1と2の最初のステージの曲は

とても良いと思います、

 

最初から最後までひたすら弱者は虐げられ力こそは正義でありブレが一切ない所

現実にそうなればたまったものではありませんが

安全な所から第三者の目であれば面白い事この上なしです

2では上記の画面がスタートと同時に流れますがわくわくするじゃありませんか

どこかのだれかさんも言っていたではありませんか

ほんにそれですね、時々非現実的な世界を満喫する事で同時に今の

ありがたみも分かると言うものです、

 

ゴールデンアックスの名物の一つと言えばこれ、どうやったら発声できるか疑問になる

嗜虐心をくすぐる悲鳴をあげる愚民ども、キックだったり鞭だったり

バリエーションが豊富です、

 

そして以外に濃いいキャラが目白押しですが中でも愛すべきキャラ

バド兄弟を忘れてはいけません

兄がバドで弟がワイザー、親戚にモルトとホップってのもいるらしいどんだけビール

好きなんかね、後はカルノフだのハート様だの異世界にまで親戚がいる由

豪快な笑い声に元気がもらえそうです、

この愛すべきバド兄弟お芝居にも出演しているようなんだけどお二人並んで

なかなかになつっこいいい笑顔をしていたのがツィッターに投稿されていたんだが

本当に悪役が務まるか気をもんでしまいます、

ゴールデンアックスの顔と言えば主人公でもなければデス・アダ―とかいう

クソ雑魚でもなくバド兄弟です彼らを出すためにこそこのシリーズは価値があるのです

奮起していただきたい、

 

あとこのお芝居のツィッター絡みではバド役や

 

チキンレッグ役のお兄さんの

(とてもかわいらしい獣王記などでおなじみのセガの愛すべきマスコットキャラですが

このゲームでは乗り物です、舞台に出るらしいんですが着ぐるみか何かだろうか?)

 

フレンドリーでレスポンスの良い所にとても好感を持ちました

こういうのって実はすごく大切なんです、お高くまとってふんぞっていると

舞台という商品イメージが悪くなります

実例を名指しであげると舞台ロードス島戦記がこれで内容のなさも手伝って

しくじったんだよね、誰のせいだと思う?芸で飯食ってるなら

客のせいにするなよ?だからお前はアホなのだ!

ベタでも何でもいいから見ているよ、ありがとうって気持ちが分かれば

市井の人も悪い気がしないんです、とかくお二人は分かっておられる、

失礼覚悟で言えば多少物言いを付けたくなってもそこでカバーできる何かが

出てきます、失敗をごまかすと言う意味でなく役者さんの次の仕事につながったりも

しますしね、個人的なファンや応援する人も増えるであろうよ

それの持つ力を侮ってはならない、それが活かせなければすべて自分の責任です、

老人の経験から言えばたとえ顔が見えない着ぐるみでも態度如何で次の仕事を

失ったりすることはザラなんですよ

老人も着ぐるみやっててそれでしくじって仕事や出番失ったたバカごまんと

見てきたからね、

 

さてゴールデンアックスと言えばそのほかにも2からは敵が落とす薬を取った時の

「ポン」という癖になる効果音と肉を取った時の「ジリッ」といういかにも固そうな音が

するのですが老人は昔、かじればそんな音がする肉を再現したくて様々な種類の肉

(昔大阪府池田市に色々な肉を取り扱う変な肉屋があったんですよ)を

何㎏も買い込んで試行錯誤をしたりもしましたが今ではいい思い出です

(焼いた後塩を振って乾燥させることでできました後に続く勇者は筋の多めの

赤身肉でやりましょう良く焼いて塩を振った後網に入れてよく乾燥させるんだぞ)

こんな些細な物でも再現されると見に来る人は愛すべき困った人々なので

大喜びです、

 

後はスクロールを進める指示の時に流れる「ゴォォォォォォォォッ!」とか

雑魚が死ぬときの悲鳴をできるだけ再現したり

各バージョンの良い所を随所取り入れるのも忘れてほしくない

意外と細かい気付きにくい所に味がある場合があるからです、

 

さすがに上演が東京なので行きたくてもいけないせめてDVDにならんかしら

会場に行ける皆さんは身に秘めた熱い心で会場の気温をあげて頂きたい

なにせまともに服着た奴が一人もいない裸祭りのようなゲームのお芝居だ

さぞかし寒かろうし風邪もひいてほしくない異様な熱気で包んでいただきたいんだ、

 

最後に思う事、このお芝居はゴールデンアックス1と2の世界をミックスした物らしいのですが

どうして2の巨人ゴアがハブられてるんじゃろう、

しかもギリウスサンダーヘッドが老いた我が身とか言ってるが

人間の数倍生きるドワーフで年齢150歳って事はまぁ長めに取って

320~400歳生きるんだろうから150歳ってまだ中年にも達してないよなぁ・・・

老いたといって人に任せて逃げようって腹か?ずるい!ずるーい。

 

ゴールデンアックス/金の斧

テーマ:

ご無沙汰とております老人です、人によってはかんなり都合の悪い事を書くこのブログ

明るさが失われていると思ったので今回はちぃとばかり趣向を変えてみようと思います、

 

実は老人ゲーム大好き星人です、最近はめっきりやる頻度が落ちましたがゲームと言うのは

本来様々な可能性を脳みそとテクノロジーが融合して生み出される驚異の代物と思っています、

 

先日ツィッターでとあるゲームの舞台化が発表されていました

その名を「ゴールデンアックス

 

ゴールデンアックス和訳すると金の斧ですがそう聞いて皆様は何を思い浮かべるでしょうか?

普通の神経を持ち合わせた善男善女の皆様ならこれでしょう

桃山期の日本人イエズス会士ハビアン(しかも後々棄教して破ダイウスという著作も残す)

が訳した伊曾保物語に収録されている事で著名で

淫乱で愚かしく女日照りである脳筋のきこりが正直の褒美として金の斧と銀の斧をもらい

それをキングラムで換金した後キャバクラで豪遊する話・・・!

しかし中村玉緒さんがナレーションすんのかよ内容的に成立するんかこれ?・・・・

 

ですが少々やましい人でも思い起こすのはこの程度でしょう、

 

恥を知れ恥を

 

そして今回のタイトルの本筋であるゴールデンアックスはこちらのほうです

老人を含めた頭のおかしい困った人たちが思い浮かべるのはこちらです、

今や人的資源が枯渇して常識ある企業なら懲戒解雇確実の迷惑プロデューサーを

放逐できないほど(お前の事だよ反日ハゲ雲隠れでごまかせると思うなよ)

地に落ちたSEGAの往年のヒットシリーズで第一作は1989年ですから

老人が16歳のふりをして生きていた頃ですね、

何でもいいが左のお姉ちゃんの女を捨ててない筋肉質ボディかたまりません

顔と髪型がアメリカのパンスケっぽいがとてもいい

ゲームセンターで大ヒットして様々な機種に移植されシリーズ化もしているので

遊んだ方は多いのではないでしょうか、

ベルトスクロール式のアクションゲームでは古い部類でハワードの英雄王コナンの

影響をバリバリに受けています

筋肉、マッパー、脳筋、とにかく殺すが共通点です、

老人がうだうだ言うより動画見た方が早いでしょうね

ゴールデンアックス1

ゴールデンアックス2デスアダーの逆襲

目標はどちらとも毒蛇が人間化したデス・アダ―という魔人を倒す事です

ずいぶん昔のゲームがまさか舞台化するとは思っていませんでした、

 

今までにも色々なゲームが舞台化していますが目新しいゲームばかりですし

戦国BASARAや刀剣男子のようにファンが暴徒化あるいは迷惑行為や犯罪に

走るなど報道機関は「報道するものを選ぶ権利」を行使してあまり

表に出したがりませんが知ってる人間と被害者は騙せません

その点このゴールデンアックスは健やかに成長していくお子様に教育の一環として

安心して見たり遊んで頂ける家族の絆と思い出を育みと団らんに推奨できる

内容となっています、その舞台化なら喜ばしくないはずがありません、

 

次回その魅力を老人視点でお話ししたいと思います。

おでかけ

テーマ:

最近急激に寒くなりました、老人は安定の風邪でダウン一回目毎年恒例一回目、

いつものパターンです揚げ物の衣がのどにかかってそこからのどが痛くなり、

そして所用で多紀郡某所へその帰りに丹波篠山へ、

 

何やら城門のあたりが騒がしい、何かやっているようだ

どうも今日はイベントがある日らしい

農産品の祭りと戦国祭りとかいうのを催しているようだ、

確か篠山市に昔紙製の具足を製作指導している団体があるとは聞いていたが

入り口で受け取ったパンフレットによると甲冑隊に昇格していたらしい、

 

老人は今までに全国各地でただで鎧を持ってきてくれるなら何をしても良い

人殺しさえしなければ私たちが全力で被害者を叩き潰しますという

売国奴の自治体や時代祭りを幾度も糾弾してきた事も手伝い

「甲冑隊」という言葉に強い反感とアレルギーを感じているのは周知のとおりで

この恥知らずの犯罪者どもに鉄槌を食らわさねばという使命感は老いて

病身といえども変わる事はないし世の人々は奴らの悪辣な犯罪行為に無関心なのか

目をつぶっているのか野放しの状態になって久しい

祭りだから趣味でやって類からと言えば何をしても許される不思議な国日本である、

 

閑話休題、さてここからはこの祭りのレビュゥーとします

ジジイは文句言いだすと長いから切り替えていかないといけません、

 

篠山城址の大書院(おおしょいん)の中で普段の展示に参加団体が

展示やら家紋の鑑定やらお茶屋コーシー(有料)をだしつつ猿回しと

殺陣をやるのだそうな、まずは大書院で入場料を払う400円也、

他によくみられるうっかりしたら手を切りそうなつるつるでシャープな紙でなく

手触りが柔らかく厚手のパンフレットはうれしいですね

旅の思い出に取って置く人もままいるので長持ちしそうなやさしい作りの

パンフレットを選定した職員さんの心配りを感じました、

入り口にお姫様のつもりだろうか若い娘が二人着物にかつらで鎮座していたが

そのかつらがひどい安っぽくてへんによじれて垂髪になっていない

のだがろくに手入れもしていないのだろう

小袖?も残念なド派手柄でさながらあんみつ姫かなにかのようで品がない

娘さん二人がかゆみに耐えて無理に笑顔を作ってる様を気の毒に思いつつ中へ、

内部は撮影して良いか分からなかったので写真はなし

展示は基本再現した大書院そのものと文書くらいで近隣の博物館のほうが

バラエティーはあります

武具類は一切ないのでそちらは博物館へ

この辺りは客にも聞かれるだろうから分かりやすい場所に可否は貼りだして

しかるべきだろう無駄な手間がはぶけて皆が良い思いができるのだから、

そして順路と立ち入りの可否が分かりづらい、老人も危うくレンタル着付けの

着替え部屋に入りそうになってしまった、おそらく雰囲気を壊すと思って

大きめのポップなどは外したのだろうけどここは木板に書くなど工夫が欲しい、

中には市民の男性が作ったとされる甲冑が並んでいて一定額を払えば

試着も可能との由鎧と忍者装束が1000円で打掛は500円だそうな

作られた鎧は、自分たちの鎧こそが本物でよそのは偽者と言う中傷に忙しい

某教室のやり方がベースになっているようだ、

正直考証その他に大いに問題アリではあるが(江戸期と戦国期の具足の

区分けができていない

(とかく当世具足の発生期とその特徴を把握していなくて江戸期の鎧を平然と

有名武将に仮託した偽甲冑を有名武将の所用と騙される人は多いですね

自称専門家と称する御用学者や専門家を名乗るペテン師の多さに辟易也)

いい加減な安物のムックや資料の鵜呑みは自身の努力を裏切る結果になるからだ)

隊員?職員?の複数の具足を見れば着手期から徐々に自力で進化しようと

苦闘する様は充分にうかがえそこは評価できます、作る時の手癖が特徴に出るから

分かりやすい

いいテキストや資料に合えばそれだけ多数の具足をおおよそ一人で作られる

熱意がおありなら更なる発展も望めましょう、

日本にはその規範たる外国人の方にも自信をもって教導できる人材が

もっと必要なんだそういう人材が多くいてこその一等国である、

 

お外に出ていると猿回しが終わったばかりのようであるが四天王寺の21日の

太子市に来ているお猿さんなので別段書かずとも良さそうなのでカット

(本当は写真撮り損ねていたんだけど内密である)

そのあとどこかの団体の殺陣ショーがやっていたのだが

はっきり言わしてもらえば致命的に下手である、書きだすと長くなりすぎて

冗漫であるとの定評があるルイス・フロイスにまけじ劣らじになるので

かいつまむが竹光を傷めたくない気持ちは分かるがつばぜり合いの時に

刃と刃の距離を開けすぎるこぶし二つ分は開いていたぞ

横から見るとこれは相当安っぽいし間合いの分かってる人なら正面から見ても

一目瞭然、そして動きがなさすぎる左右がら空き、

そして着物に袴なのにメガネと頭髪を時代風に整えていないメンバーにも

マイナスを付けざる負えない、

例え殺陣と言えど時代考証や身を整える事は大切である、

ただでさえ実戦さながらの迫力が出ない分古武術や武道に負ける部分を

どうカバーするか考えなきゃせっかく活動しても成果は上がるまい、

殺陣はやってる人口の割に需要がないので出番があるだけでもありがたいのだ

それをフルに生かすために必死になってほしい、

自分の好きな事だから僕たちにも人権がとだらだら自堕落にやるならささっと

やめた方がいいだろう、浄財入れに金を入れさせてたけど金をとる資格ないよ、

そして庭を一望

以前に建っていた建物の縄張りが地面にブロックとプレートを埋める事で

消えない線となしているので建物のありし姿が見て取れる

やはり大きな建物でも間取りは今より狭いのだなぁ当然高さもと

思い起こされる、

 

まだ治り切っておらず咳と頭痛がひどくなってきたので暖かいうちに帰る事とする

(そんでも8℃あるかどうかくらいじゃないかな峠越えて篠山入る時5℃だったし)

どうしてもお堀とか気になりますね、お堀はある種のビオトープ

色々な水棲生物のいわば世界である、何がいるか気になる次第

少し目を凝らすと屋外での魚飼いにとって憎らしいあいつの姿が・・・!

今回だけは見逃してやらぁよ、このクソ鳥名前こそ知らぬがこの顔

むだにでかい図体ウ〇コといい勝負の汚い色何を取っても憎らしい

ワシも何匹魚やられたか!

 

今回突発的に見る事ができた祭りであるが厳しい書き方ばかりが目立つが

良い所もあったのでひとつ、

まずは甲冑隊?その日限り職員?着付けがだらだらしていたが1時間少々

見ていた限りでは他の甲冑隊のような暴言や客を乱暴につかんだり怒鳴り声を

あげる行為は一切なし

(ほんらい当たり前だがコスプレ甲冑隊はそれすらできないのだ)

また刀を抜いて人にあたる範囲での振り回し等もなし、

不愛想で接客対応が出来ない人もいたができる人は口調などが乱暴にならぬよう

注意は払っていた、これは全国の犯罪者コスプレ甲冑隊も見習うべきだろう

(尤も見習うよりこの世から消えるべきだと思うが)

そしてこのイベントでは周辺にある評判の悪い団体は呼んでいない事も〇

そういう輩を呼ぶと一気に今までの信用信頼は崩れ消えない傷がつけられます

なぜなら自分の地元でなければ何をしても良いと言うハロウィンよろしくな

振舞をするからです

今年も何件もそういう報告を聞いていますがなぜ警察は動かないのか?

祭り会場にいるのに役人や主催者の忖度で黙ってるなら職務怠慢だろうが

(何件かは別団体が告発準備中だそうです全国に知らしめて欲しい物ですね

先人の名に泥を塗るなら祭りもコスプレもいらないんでそして本当になくても

なにも困りません、観光なんてあぶく銭で儲けようとせずにまじめに働けチンピラが)

それは普段主催者や呼んだ自治体が苦情が来てももみ消しているからです、

ただそれもそろそろ限界が来ているので一気に噴出して非国民主催の

先人の顔に泥を塗る時代祭りは消えるべきでしょう、

篠山はおそらく地元の人だけでやってるのでしょうそれでいいと思います

欲張りだしたり一気に規模を拡大しようとするとしくじる元です、

気になったのは全く関連性のない具足を客に聞かれた時に徳川家康の鎧だと

答えた隊員がいたのは×ですね、歴史を語るなら嘘はいけない

何も知らないトーシロは信じるし初めて刷り込まれた知識はなかなか矯正

できませんからね、全体的に時代考証をしかりとしていただければ嬉しいです、

篠山は波多野家という気合の入った大名が納めていた国ですから

地元愛炸裂で胸張ってやって欲しい胸を引け目なく張れるようにするために

考証や正確性地元一帯の盛り上がりで後方支援を併発してほしい、

あとは八上城のPRですね戦国期の大半はあそこが舞台なので、

 

そして思ったのはせっかく市のためのイベントなのに市がやるなら勝手にどうぞ的に

ほっぽっていると言う雰囲気でやるなら一気に盛り上げて頂きたかった感はあります、

周囲に出店や腹にたまる飲食はあってほしかったですね、

農業祭の会場まで少し距離がありますし並ばなくちゃいけないんで老人はうんざりして

並ぶのやめました、

 

さて・皆様もお体にご自愛ください説得力0のジジイからのお願いです。

オスカー随記その2

テーマ:

そう・オスカーはかって熱帯魚界の星だったんですよ名前だけに

実はバリエーションも非常に多い、

タイガー、レッド、レオパード、それらのアルビノ、ワイルドの各地域

バルーン、ゴールド、ロングフィンとそのアルビノ、

そしてその中で何気に模様の差とか個性がありますから

選択の余地は相当な物です、家に迎えられる方は是非自分のお気に入りを

見つけてほしいです、

 

オスカーはアグレッシブな性格です元気なオスカーは飼い主がいやいや

誰が近寄ってもエサくれと騒ぎだす好奇心旺盛でフレンドリーな性格です

もし寄ってこなければ体調不良か導入間もないか置き場所が悪い

(あまりに人の往来が激しすぎる、ドアのすぐ横でドアをバンバン開け閉めしすぎる

悪さをするガキやペット大人になり切れなかったバカな輩がいぢめている)

かのどれかです、とかく最後のヤツは速やかに解決しないとストレス→抵抗力低下

→拒食、発病→他の魚にも伝染→死亡全滅となりかねないので早急な対処を!

 

そしてアグレッシブさゆえにケンカも盛大にやります、単独での飼育がベストですが

複数飼うなら3尾以上密集するくらいにして一匹に攻撃が集中しないように

しないと弱い順からいじめ殺されます、殺されなくても端に追い込まれた個体は

餌も満足に取れませんしより成長の格差が生じるため強い方か弱い方どちらか隔離

が無難です、ただし成長した個体が口と口をかみ合う行為は繁殖期が近づき

色気づいてる事もあるので注視しましょう、

 

まず店で売られているとかくどノーマルの素オスカー(レッド、タイガーアルビノなど安価な奴)

は入荷状況が悪かったり管理が雑で見た目に元気でもコンディションが悪い

事が多いので必ずトリートメントを、白点病や水棲菌のカビが多いので

所定の薬と水温を高め25℃は欲しい、元気な成魚ならもう少し低くても大丈夫です、

 

容器はできれば60cmワイドか90cm水槽は欲しいですね、横から見られませんが

プラ船ジャンボやジャンボタライも悪くはありませんが横から見られないと

面白みは半減するでしょう、できるだけ広い方が良いのです

いい加減でかくなりますしワイルドのオスはとかく大きくなるのが多いからです、

ただし保温や飛び出し防止にフタと重しは忘れずにけっこうなパワーの持ち主です、

 

餌は元気なら本当に何でも食べます、しかしなんでも食べる分質の悪いエサでも食べて

気が付いたら調子が悪くなったり成長不良なども起こるので注意が必要です

奴らのがめつさに甘えてはいけない・・・!

個人的にはメダカや小赤はお勧めしません、病原菌の塊みたいなものですし

何分脂肪分ばかりで栄養に偏りがありますから、しかも値段が高い、

何年もそればかりで飼育していると一見なんともないように見えて内部はガタガタだったり

突然死んだりするわけです、

ガーとかアロワナだと数年で背曲がりや遊泳不良、神経過敏などの症状が出ます

(そこまで飼い込む人はそういないのかもしれない)

大事に飼えば10年は確実20年生きたと言う話も聞きますからまさに犬猫並みに生きます

老人の昔飼っていたのは12年でしたが今より未熟な頃の今なら絶対やらないような

過密飼育などをしていたのでもっと大切にしていたら長生きしてたでしょう、

極端な過密飼育や管理の不足いい加減なエサは寿命を縮めます、

個人的には人工飼料がおすすめです、よほどの偏食家でなければ

すぐに食べます食べなければ2~3日抜いて飢えさせると大抵は食いつきます

今ならおとひめ、ヒラメのエサ(スイングとか)水が汚れますから加減がいりますが

ウナギ隼人、必要に応じてビタミン、クロレラスピルリナなどの添加をすると尚よし

その他淡水エビやオキアミも使えるでしょう、むりにワカサギとか水槽のへりに

脂肪や油が付着する海水魚を与える必要はないと思います、

赤虫はおチビの時くらいでしょうねすぐに大きくなっていくらやっても足りなくなります、

現地は昆虫なども食べるそうなのでサナギなんかも水が汚れますがいいかもしれません、

餌は出来るだけ冷蔵か冷凍で鮮度を落とさないように注意です、

 

しかしオスカーはある種の受難も抱え続けています、なにせ飽きられて熱帯魚店や

ペットショップに押し付けられみせのすみを占有し続け邪険にされたり

裏でこっそり始末されたりと誠に気の毒な事です、

 

また近くの湖沼や川に捨てられ沖縄などではそのまま生き続ける事もあります

(ただし定着まで行ってるかは検討の余地あり)

琵琶湖、荒子川、そして日本最大の秘境タマゾン川(日本名多摩川)に

期間限定で生息してる訳です、由々しい、バスやギルみたいに定着はまず無理ですが

寄生のやり玉に挙げられかねない事です、こんな魅力のある魚が買えなくなるのは

不幸な事です、

 

ただ手放そうとしている人は考え直してほしい、たとえ餌目当てでもあなたが近寄れば

うれしそうに乱舞する姿はかわいいと思いませんか?

単純で愚かな魚ですがバカだからかわいい、

何とも思わなくなった時は自分の心がマヒして冷めていないか見つめなおすいい機会です

子供がいる家庭でそういう振舞はとかくよくない、子供はその理屈が分からなくても

親がなついてる家族を捨てる所は記憶にとどめていますし

大きくなれば親を見捨てて平気になるからです、

ペットが教えてくれることは多いですぞ、

 

なんだかんだと安価で大きく取り上げられにくいがだからと言って流通から

消えませんし一定のファンが確実に存在する魅力や惹きつける何かがあるからなんでしょう

今では主に東南アジアで養殖されていますが生産がつづいて止まる事がありませんし

ワイルドも一定数入荷が続いていますしね、

それを感じられるか見つけられるかやつらに自分の器が試されている

そんな魚なのかもしれませんね、

海外でも人工飼料で飼えるので愛好家も多いですし何気にゲームなどにも

登場する事があります、

 

コナンエグザイルという英雄王コナンのゲームですが食糧の一種として

レッドオスカーちゃっかり登場です、ただしアイテムとしてはごみなので

捕まえても捨ててしまいますが、

 

ただリアルの世界ではアマゾン流域で広く食用にされています

個体数が多いですし捕まえるのも容易な方で肉質も柔らかく

おいしいのだそうです、

 

もう一度見直したいそんな魚です、老人は書きながらもう一度飼いたくなりました

個人的に好きなのはパラグアイ系かあまり赤が少ないロングフィンオスカーです。

 

 

 

オスカー随記その1

テーマ:

久しぶりに熱帯魚の話でもしましょうかね、いつもの事だが眠れんのですわ

悪夢や寝ている時にまでフラッシュバックはやってくる

それで飛び起きるくらいなら寝ない方がマシだ

しかも釘を4日前に踏んでから腫れてジンジンくるわで

(ヂンヂンきたきたぁぁぁぁぁって言ったやつ制裁・・・!)

 

閑話休題今宵は日本のいや世界の熱帯魚界の★オスカーについてのお話お話し

まずはオスカーとはどんな魚か、昭和50年代ごろまではオスカーと呼ぶ人は

あまりおらず老人が子供の頃も社会人なりたての頃もアストロと呼ぶ人が

多かったですね、

南米大陸に広く生息するスズキ目シクリッド科に

分類されるブラックバスやらシーパーチやらそんなんに近い分類のお魚で

大きさはワイルド個体では40cm前後に養殖物なら30cm前後で止まるサイズです

改良種のロングフィンひれ長はもっと大きく感じられます、

尾びれの付け根に目のような星のような丸い模様が目印です、

(ただしそれをオーバーする化け物もたまにそしてそれらのほとんどがオスです)

中規模クラスの熱帯魚屋さんならまず売れ残ってお客さんを熱烈歓迎してしてくれる

フレンズな魚です、

 

発見は1820年代ごろで分類学名の記載はルイ・アガシ―により1831年記載と

わりと古くから記載があります、

ただ数が多く広く分布し食用にされていましたからピサロやコルテスのような

コンキスタドールと呼ばれる最悪なゴロツキ野郎どもがすでに見つけて

味見くらいしていたかもしれませんね、

何分侵略するまで食糧難で川の水筒袋まで食べていたそうですから

焼き魚なんて超ごちそうだったでしょう、

欧米では1930年代より飼育とありますがまだ検討の余地が残ります、

観賞魚の歴史は意外とまじめに研究している人っていないですね

実はペットアクアリウムは中断時期もあるがローマにまでさかのぼれると言うに

当時は今ほど亜種分類記載はなかった由、

日本にもわりと入って来たのが古い分類です、日本の熱帯魚黎明期

(明治大正あるいは戦後とこれも諸説紛々)には

荷物の都合やら(当時は船便で航空便はない)で大型肉食魚の入荷は稀でした

なにせ何か月も温度と水(海上では真水の確保は大変です今でいう大型タンクや

海水を真水にと言う発想などなかったわけですから常に水不足)

そのなかでもし運ぶとしてもぎゅうぎゅう詰めで運ぶわけですから

まともなコンディションで来る方がおかしいわけですよ、

日本にドイツ鯉鏡鯉であるアイシュ・グルデン種をオーストリアから

船便で運んだ時も400尾近くのうち20尾も届かなかったわけですし

ですから来たとしてもとんでもない価格になってとても庶民じゃ買えなくなる訳で

今じゃフラワーホーンやパロットにお株を奪われてあまり見かけなくなった

フラミンゴシクリッドなんかも今でいう150万円以上したと言うんだから

今以上に高峰の花だったでしょう、その頃は中の下くらいの庶民は

黄色く変色したご飯を残飯屋から買って食いデパートではご飯を頼んで

ソースをかけて食するソーライスなんてクソのようなものが主食の時代・・・!

(楠公飯と目くそ鼻くそデスマッチができるみじめさである)

感染症にさえ注意すればわりと生命力は強めなので割合早めに日本に

上陸していたそうです、

老人も気になるところですが初入荷は昭和初期あるいは1953年説が有力ですが

(進駐軍の士官クラス以上のペットや飲食風俗施設に装飾として熱帯魚は

わりと占領からすぐに入ってきています、娯楽のためでもありますし

日本人に自分たちの余裕や色々な事柄を見せつけるツールにもされたでしょう

これは古写真にもいくつか載ってるそうです、老人もぜひ見たい)

はっきりした事がわからない状況で上陸地も神戸説と横浜説があるようです

またこれも裏付けが取れず足踏みなのですが松平侯爵家のドイツから

直接博覧会用に持ってこられた熱帯魚温室に泳いでいたと話してた

古老もいましたがさすがに早すぎるでしょう、多分エンゼルフィッシュと勘違いしてる

同じシクリッド科ですけどね

(しかも麻布邸宅に据えられた温室は温室丸ごとだけじゃなくてドイツ人飼育員まで

お雇いにして飼育維持とはぶっ飛んでいます、今でいうなら自宅でパンダを飼うくらいに

感じられるでしょう、そんくらい熱帯魚は珍獣扱いだったわけですよ)

日本の熱帯魚界の先駆ですがありふれ過ぎて誰も真剣に覚えてないんでしょうな

また戦中も熱帯魚を身を張って死守した広瀬貫一氏や世界初のネオンテトラの

繁殖を成した牧野信二氏もバラックから家を建てて移り住んだ折に飼っていて

繁殖も成功されていたという話を聞きましたので

(その分譲された魚たちがどういう経路をたどったかが興味深いが資料なし)

戦中も死守されたのか進駐軍のペット用に日本に持ち込まれた物を

軍票などを不正利用して横流ししたのか(フリスコ熱帯魚研究所事件)興味は尽きませんが

そんな事当時を知ってる人はほぼ鬼籍かぼけて棺桶にあとは首だけというのが落ちでしょう

証言が残らないと言うのは寂しい事です、

 

ただこの時期に入ってきていたのは現在メジャーなタイガー、あるいはレッドなどの

A. crassipinnis種ではなく現地採集魚かその直ブリードの今でいうワイルドオスカー

と呼ばれるA. ocellatusの方だったはずでレッドオスカーは前者のトラ模様の中から出た

突然変異を固定した物なので当時は出回っていなかったはずです、

 

そして時は流れ戦後にネオンテトラの世界初繁殖が火付けになり熱帯魚ブームが起こり

さらに飼育器具の充実も後押しとなって繁殖もスペースとエサと種親候補を多めに取れば

数百から1500くらいは産む(個体差による熟成された健康なメスほど産み数が多い)

オスカーは最初は南米からの船便で少数ですが国内産でしばらくは賄われていました

昔の熱帯魚店をされていた複数の方から伺った話では昔はくればすぐに売れたそうです

小さい魚に飽き足らない人やエキゾチック感を手軽に楽しめそしてなつっこいため

たいそうな人気だったそうです、

当時は珍しいだけに今のように邪険にされず死ねば石工さんに頼んで立派な墓を

作った人もいたようで噂によれば東北の某県にその墓があったそうなんです

是非とも見てみたかった!

古い熱帯魚雑誌などのフォトコンテストではよくネタとして必ずと言っていいほど

オスカーの写真がノミネートされてました、

 

続く

祭りだワッショイその2

テーマ:

今更ワッショイ

ちょっと刀の話で間が空きましたが8月に近隣のお祭りに出かけてきましたとさその2

であります、

 

大阪府池田市 がんがら火祭り

江戸期から続く池田市の名物でこの日ばかりは勤勉都市たる池田市も

メラメラバーニングしてしまいます、

(ほんと水商売とか風俗とかそういうのが流行らんクソ真面目なんですよ)

昔は山までもっていって大文字焼きまでしたそうですが今は担ぎ手不足や

安全のため待機所で消火しているんだそうな、

市役所前から池田城のふもとまでのコースを掛け声と半鐘の音に合わせて

進みます、やはり時代の波か担ぎ手とお客さんが減りましたね

しかし負けじと頑張るそこがいい、

油断してるとやけどするぜ言い事で警備員と警察でわきを固めます

途中で大松どうしを勝ち合わせます、何かしらの意味があるはずなんですが

調べてくるの忘れましたとさ

 

警察の皆さんご苦労様です、まるでピクト人かノルマン人かなんかみたいに

見た目も振舞も言葉遣いもまさに猛獣そのものといった感が強い大阪府警の

婦警さんたちですが(制裁くらいそうだ・笑)

 

もちろん男のおまわりさんも負けちゃいないクソ忙しい時に職質とかな

写真はイメーヂです

 

この婦警さんはわりとかわいい方だとおもってみていたらなかに入ってきた

馬鹿どもにすごい怒鳴り声ひええ~恐ろしいのぅ

余計を覚悟で言うと婚期が遅れるぜはっはっは・・・

これと同じくらいの迫力だ、一瞬池田がコナン・ザ・バーバーリアンの

世界に引き込まれそうになったでよ、

間違いのないよう言うておくが名探偵でも未来少年でもない

あんなつまらんものと一緒にしてはいけない

(コナンもいい加減脳筋すぎてひねりも減ったくれもないが

逆にすがすがしい)

ロバート・E・ハワードの英雄王コナンの方じゃからね

シュワちゃんこれがハリウッドでの出世作になるんよね

未来のカルフォルニア知事に暴力を働く女戦士ズーラ役のグレース・ジョーンズさん

冗談に見えない所が素敵です(素敵と言わないとその棒で殴られます)

 

 

ちなみにこの祭りにちなんだお菓子もあります、食った事はないがまぁうまかろう

けっこう長い事さ売ってるからまずけりゃすぐ消えるし、

 

後は同じ池田市の石橋駅で催された商店街の祭り

お祭りエリアはこのとおりぎっしりです汗汗乱舞の状態です

なにがそうさせるかって?

みてくださいなこの値段、的屋さんに怒られそうですが市と商店街が勉強しました

屋台のスタッフも商店街のお店からも人手を動員しています、

このやり方がいいかは別として地域活性なのは間違いなし、

スマートボールの事を言うらしい日本だけらしいですな流行らなかったの

いまでは常設は新世界だけじゃなかろうか?

朝の連続テレビドラマで池田のチキンラーメンつくった安藤美姫とかいうのが

取り上げられるんでそのポスターも貼ってます分かりやすくて

スペースが広いこういう掲示板って見直されていいんじゃかなろうか

なにも無理に木製の掲示板にする必要もないし

(御用の業者と役人らの癒着もあるんだろう)

今年の体風みたいなのが来れば経年劣化した木製の掲示板は危ないしね、

子供向け行事なのであまり遅くまでやっていません、そこがいい祭りは

遅くまでやりすぎるといろいろと治安の悪化を招くんでそれでいいんだ、

じつは石橋って町割り区画が昔とほとんど変わっていないので

採寸からも昭和テイストが味わえる懐かしい街です

今はほら道幅や区画も昔より広げられてますし店もむかしより小ぎれいにされてますから

こういう場所は貴重になりつつあります、

後は昔はよく傷痍軍人さんが募金のために来ておられましたが

石橋の方はそういう方に暴力をふるったり追い返したりというむごい仕打ちを

しなかったため数少ない活動の場でもありました、

傷痍軍人って言葉に聞き覚えがない人もいらっしゃるでしょう、太平洋戦争で

戦地で負傷して生活に支障をきたすほどの大けがをされた皆さまです

ゲゲゲの鬼太郎の作者の水木先生も腕を失われた傷痍軍人さんですね、

これはいつか語る必要があると思いますが戦後に傷痍軍人さんは

国からまともな支援が受けられなかったり

(後々になっていやいや払うようになったもし抗議がなければ知らん顔で逃げてただろう)

心無い国民からの差別や不当な暴力を数々受けてきました、

国もやった奴や聞いた奴も黙殺する気満々で

自分の身になって考えればどうとか言うのが思いつかないらしい

本当に人の皮かぶったなんとかですね、

歴史は耳に心地よい事ばかりじゃないのよ、むごいから怖くて聞きたくない

みたくないそんなものも自分の目に焼き付け感じてこそ歴史ですからね

ちゃんと見ていれば昔はひどい事がほとんどだったんだ、今生きてる自分たちは

昔の人が望んだ何かがある時代に生きてる事を忘れるなよ、

国のために誰かのために頑張ったり傷ついた人に追い打ちかけて

いじめ抜き自分たちが心正しい人間だとうそぶくクズがやりたい放題の国・・・・

であって良いわけがなかろうが

日本は天皇家を尊敬し(諸説あるが2600年以上続いてる王家なんてほかにない)

心清き者だけが住んで良い美しい桜の国でなければならないし

汚物は消毒

思想犯には制裁

を加えて始末漬けなきゃならんのです

と老人は思う、

 

服部の恵比寿でもワッショイワッショイ!

足にご利益があるらしい、左ひざと昨日出先で釘を踏んだので

ささっと治らないかと思うがいつもお参りしてないからなぁ

都合の良い時だけお願いはやめておこう・・・!

ワッショイワッショイ来年も元気でワッショイ・・・!

色々と刀と言う武器は武器としては大したものじゃないと言う事を長々とお話しして

参りました、使い方を間違えると簡単に刃こぼれしたり曲がったりしますよ

武器としてはリーチも耐久度にも問題がありますよ

大した武器じゃないので使われもせず現存が多いのですよと言う事ですね、

ついでに言うなら極端な寒冷地では鋼の性質上脆くなるのでご用心、

 

さてさて最近老人が危惧しているのは刀刀とろくに知りもしないで狂信的に

持ち上げる精神病者どもの事ですね、

日本の犯罪史上では刃物を使った犯罪のうち刀が使われる犯罪は全体の

数%(年によるが約2~4%以下との由)で犯罪にはほぼ無用な訳ですが

(ほとんどが包丁であったり果物ナイフが大半です)

最近少しづつ上がってきている上に大抵は主催者や行政のもみ消し

被害者の泣き寝入りで氷山の下の方に隠れていますが

歴史祭りやコスプレ連中(ほとんどがそういうコスプレイベントの範

囲外で起こっている、あるいはそういうコスプレ界隈から

追放された輩、んでそう言うのが時代物ならルール無用だからと

流れ込む例もあるんだわさ)の刀を使ったトラブルが散見されるように

なって来ています、

刃付きの刀の場合も模造刀も問題を起こせば同じ銃刀法違反ですし

パッと見ではどっちかなんて簡単に見分けは付かないですからね、

 

とかくコスプレ甲冑隊やおもてなし武将隊の一部がネタ切れで誰も振り向いて

くれないからと承認欲求のためかあるいは日ごろの憂さ晴らしか

刀をお客さんや周囲に振る、突きつける、振り上げて威嚇するという行為が

非常に多い、

しかも大抵はブログや写真にアップされているので興味のある方は見た事が

あると思います、本人らはかっこいいと思っているか知らんがバカ丸出し

刀を振り回さなくても佇まいや威厳、歴史の勉強をして「まともな」知識を得

(そこいらのまたまた写しみたいなバカ本やゲームアニメじゃなくてちゃんとした勉強な)

鍛錬をして自分が生きてきて練り上げたもので武士の佇まいを作りなさい

安っぽい事この上なし、

それにすでに潰れたいつくかのつまらん武将隊の後を追うだろうさ

東日本の義援金で焼肉パーティーしたカスとかオフパコンとか言う乱交で

人の畑に種まいてさっさと引退した6本刀のカスとか元気にやってるかね?(笑)

そいつらと五十歩百歩だぜ呵呵大笑、暴悪大笑、

それって本人は何気ないつもりか知りませんが立派な銃刀法違反、犯罪です、

怠慢ゆえに取り締まりが手ぬるかったり逮捕されんから分かってないだけです、

 

あとそういう輩の言う「戦国武将はみんな好きで刀を振り上げると客が喜ぶんだ」

という論法ももう少し考えるべきでしょう、

とかく日本人は歴史に興味ない人の方が多いし戦国時代だけが日本の歴史じゃない

好き嫌いはあって当然自分の価値観を押し付けてはいけない

押し付けられると嫌いになる物なのよそんくらい分からんか?

刀を抜いて振り上げるという行為は相手の命や権利その人を大事に思う方々への

最大の侮辱であり否定行為です、

また刃物や尖った先端が怖いという恐怖症の人がまざってる可能性も考える

一人のために考える発想のなさいかにそいつらが安っぽく思いやりがないか

分かりそうなものだがどうだろうか?

自分がされればどう思うでしょうか?「俺は平気」とか大抵は言うでしょう

しかしそれは相手を完全に無視した身勝手な論法で許される事ではありません

自分の思いの外にまで考えを巡らせろそれでこそ相手を思いやると言う事なんだから、

とかくおもてなし武将隊などど称するならそれで誰かの心証を悪くしたら

それの何がおもてなしなんだろうか、

頭の固い東三河の人によく間違われる年寄りに得心が行くよう説明してほしい

うらでこそこそ言ってるのは知ってるぞ!

うらでこそこそ文句垂れてる赤鎧の何とかよお前の所の隊員も〇〇神宮や

〇〇院で迷惑行為やっただろうが偉そうな事抜かすなよ、

後はケガさせたらごめんの一言や保険でどうとかでは終わりませんよ

やった事は絶対に消えないからです、

全国の刀剣愛好家やほかの時代物で活動している人にも迷惑が掛かりますからね、

 

もし度が過ぎれば刀に対する規制が強化され最悪な所まで行けば刀剣狩りが

再開したとしましょうそうなればどうなると思いますか?

 

これは戦後GHQが行った軍刀狩りの有名な写真です

この中で一部はパフォーマンスのためにブルでひき潰されたり

ろくに価値も分からん白猿どもに持ち去られたり

一部は払い下げになり刀剣商などを介して売りに出されたりします

主だった集積地は東京赤羽のためそこから出た刀は「赤羽刀」とも呼ばれます

他に出所もあるけど赤羽刀これいかに、

(個人的な事を言うと実は老人自分用に赤羽刀あたりの昔「昭和刀」と呼ばれた

昭和の西洋方式で作られた車のサスペンションのスプリングで作られた

俗にいう「スプリング刀」探してるんですよ、大抵は斬れないジャンクのクズですが

時々とんでもなく斬れて刃こぼれしにくいまさに実戦向きという刀があるからで

それが欲しいんです、法外な価格のはいらないだから見つけるのが大変です)

彼らの場合は日本刀に対して写真のように平気な顔をしているが内心では

恐怖でいっぱいでWKIP(ウォーキルドインフォメーションプログラム)の

日本人の精神性をくじき文化を完全に破壊し罪悪感を植え付けるその一環として

優先的に軍刀、刀剣狩りをしたわけです、

武器としては大したことがないのはあいつら進駐軍でも分かりますが

自分たちの理解を超えるところから独自の精神性や考え方を生み出す

それを練り上げる物騒な物は日本から消さねば枕を高くできんわけですよ、

近年では海外の世代をまたいだ若い世代の人々が刀に対して興味を持たれているようです

恐怖より神秘感やスタイルにほれ込む人が多いようですね

ただ良いとはいいがたいです、ちゃんと手入れとかしてくれるならいいんだけど

やり方が不十分になるなら模造刀かちゃんと手入れの勉強をしてからにしてほしい

(刀に限らず鎧や工芸品もかなり程度が悪くなってるのが多い気候風土が違うから

その土地の特性に合わない物は劣化が激しくなるのだ)

前に書きましたが次世代の誰かにバトンタッチしていく義務が所有者にあるんだから

実刀の場合そうした誰かが保存のために義務を果たしたからこそ

あなたが手にできていると言う事を忘れてはならない、

当時の対日本軍マニュアルを読めば日本軍に対する恐怖心とそれを無理に

笑い飛ばそうとする虚勢は見ていて笑える事この上なしで

大した武器でないのに(軍の軍刀に対する扱いは基本指揮刀あるいは

威厳だの象徴だの皇国史観の武士道だのを語る見せるアクセとしてが

主な用法で白兵戦用という考えは間違ってないが合っていない)

今現在規制をしたら日本人が没収するわけですが写真のように乱雑に積み上げられ

おそらくは痛むに任せてほったらかしです、

誰も手入れなんかしないですしそんな事に人手を割く余裕なんかないですからね、

そんなのに税金使ったらまた文句言われるでしょ?

後の世に伝わるべきまともな刀が減ってしまうじゃないですか、

そして刀工やそれにまつわる方も食えなくなってやめていくでしょう

それは文化と歴史の破壊です、

バカとクズのせいで起こりうることで絵空事ではありませんよ、

今のように野放図ならいつかきっと規制強化と刀狩りが始まりますよ

と言うか規制に対して見直しの声が上がり始めている由、

 

世の中にはとかく日本人ではそういう血の穢れに対して拒否反応を持つ人が

けっこういらっしゃる、思っている事をその場で顔に出さない言わない人が多いのは

日本人の特徴でそういうコスプレ犯罪者の行為を眉をひそめ

いつか規制を強化してもらってこの世から日本刀を消そうとたくらみ願う人は

ごまんといる訳ですよ、その口実になりえるのが祭りの主催者や行政に

庇われて図に乗った犯罪甲冑隊であったり不逞コスプレ集団であったり

(最近のコスプレイヤーさんは遅いとは思うが大半はまじめに頑張っている

そうした人へ裏切り行為は許されない)

新選組コスプレの犯罪者どもなんですよ、これは黙らせないといけない

でてくれば歴史のねつ造はするわ外国人など頭の悪い奴らにうそを吹き込むは

文化や歴史に対してなにも学ばないし覚える知能もないので野放しは危険です、

 

また被害に遭われた方は臆することなく警察なりネットなりで拡散していただきたい

そこならば行政や主催者の脅しの範囲外であるし

恐喝と言う犯罪行為をさらけ出すというダブルパンチをお見舞いできるからです、

奴らはそういうのを特に嫌がります、やってやりましょう、

役人や祭りの主催者にも犯罪者はけっこいいるものですそういう連中に

法の罰を与えいるべきでない所から追放するべきです、

 

また観光客もやつらが抜刀して何かしたらすぐに苦情を入れたり

写真などに撮影してネット拡散をして頂きたい、犯罪者の現行犯を世に

知らしめることで多くの人々や文化の保全に役立つんです、

刀を抜いていいのは自分の命を捨てて相手を殺すか手入れの時か

健全な居合鍛錬の時だけです、

普段差していても安易に抜かない事で自らの自制心と井地と言う時の決死の覚悟を

示せますし当然規制の抑制にもなるのです、

(尤も今の甘えて首までぬるま湯の連中にそこまで読めるかはなはだ疑問ではあるが)

 

後は低知能なバカな観光客が刀を抜けだの斬られているシーンを記念撮影で撮りたいだの

というのは頼んでも聞いてはいけませんし健全な連中なら拒否すべきでしょう

そんな写真が拡散したら迷惑ですし(とかくあなたの見えない多数の他人がね)

なにかやらかしして規制がかかればこれまた迷惑、あんたはいいよ神妙な顔を

その場で作って反省のポーズすれば済むと思ってるし他に荒らす場所が見つかれば

残った人が大迷惑でもへらへら笑いながら逃げれば済むんだからな!

 

全国の中身もない誰にも必要とされていない不逞の輩たち

呑百姓が調子に乗るな、お前たちのような自制心も人心もない生まれつきの

犯罪者にそんなものを帯びる資格もないし表に出てくる資格もない

やり方は任せるからさっさと自身の人生を総括してくれ生きる価値すらないわ、

偽善者や思想犯どもの「人権が」が「自由が」どれだけ犯罪者を

のさばらせることになったか偽善者どもも責任を取って総括すべきであるし

そうあるべきだ、それをたがえる事は許されない、

老人もそういう輩に罰を与えるべく今後色々と手は打っていきます

こちらに迷惑行為をつづける不逞甲冑武者やそれをかばうクソ行政と

それに同調する輩たちを、殴らなければいいんだろ?

ならお望み通りこぶしを使わずに合法的につぶしてやるよこれが次世代の人に

残せるワシからの贈り物だからです、そして日本の歴史を汚さぬために。

またとりとめのない事を書いてしまいましたねいい加減バカな老人です、

刀がなぜ当てにならない武器かと言う事について触れて行こうかと思います

過去に書いた記事に重複があれば無視してくださいな、

 

日本刀の持ちが悪いと言う事についてですが日本刀は剣類の中ではかなり軽く

作られています、鞘を払った状態で800g~あって1.2㎏前後が普通でしょう

もちろんこれは鞘はありませんが柄と拵えを含めた重さです、刀身だけだと

もっと軽いわけですよ、

西洋の剣などは軽くても2㎏以上時代が上がると鍛造の悪さをカバーするため

(叩きつければ表面が薄皮が剥けるように剥がれるのでそれを見越して厚く造る

ノルマン人などの武器の重厚さはそれが理由なのも一つで

なかなかまともな形で残っている剣はありません使い潰しや上記理由)

あるいは厚い装甲に対応するため重く鈍い作りが多いのです、

(斬るより殴りのダメージ)

と言う事は必然的に使われている金属、日本刀なら玉鋼ですね

軽いと言う事は刀身が薄くならざる負えません厚くしたら重くなりますからね、

薄く造って鍛造をしっかりやれば切れ味がとても良くなるのは必定です、

薄くてもある程度まで持つように中は柔らかい鋼で外は固い鋼というさながら

蟲の体構造に近い方法を編み出しそれを多くの刀鍛冶に伝播され

各地で作られるほどになると言うのはすごい事なんですよ、

そこは誇っていい事です事実ですからね、

世界の武器に目をやれば出来のばらつきの大きさに驚かれると思います、

国土の広さであったり鉄の質、鍛冶の移動の有無など色々な要素があるにしてもだ

それだけ鍛冶の技術にばらつきがあり均一化ができてない事の証左になるわけです、

 

前記事でも書いたのですが日本刀の切れ味を試すのは据え付けた動かない物を

斬る所謂「据え物斬り」がほとんどで動く物を斬ったというレポートはまずありません

動物やましてや人を斬った体験があるほうがおかしいので当然と言えば当然で

それは正直に話すべき事です、「いつもは動かない物を斬っていますがいざ動く物を

斬れば同じようにできるかは分かりません、法的な物も含めて動く物を斬ればどうなるか

お話しできませんがご了承下さい」

どうですか?これは筋の通らない発言でしょうか正直で誠意があると思いますが

如何でしょうか?

実戦の記録が少ないのもしっかりとした知識の伝播の遅れの要因です、

刀が実戦での使用頻度が少なかったのも理由の一つです

不特定多数の使った経験その結果がどうであったかのレポートは極めて少ない

良識のある刀剣愛好家のように刃の付いた美術品として割り切って下さる方々

は過剰なというか病的な精神論であったりスペック外の事は語られないので

規範とすべきでしょう、

ただしそういうレポートが全くないわけでもありません、以下にご紹介する

成瀬関次著 戦う日本刀、実践刀譚

この本は従軍鍛冶として出征された成瀬氏の刀の修理レポートが収録されていて

使われた刀がどのように破損して自分の所に持ち込まれたのか統計が取られています、

その内容を見ると面白がって細枝を斬って刃こぼれしただの振り下ろしすぎて

小石にあたって破損だのと案外些細でつまらない理由で刀が痛む

つまりは持ちの悪い側面がリアルに描かれています、

ましてや実戦の具足を着た相手に通用するわけがなくどうしても使うなら

斬るより突いたほうが持ちも良いでしょうし(曲がりにくく刀身も傷みにくい)

効果的なのは必定です、

だから武器が刀と脇差だけになってあきらめて自害とか

敵が「もし」刀で切り付けてくれば兜や籠手鎧の胸で受ければいいとか

(現に破損や錆や腐りで程度が落ちてない具足ならまず通りません安全だと言う事です

その名残なのか剣道の有効ポイントである面、胴、籠手これはいずれも

当たって比較的ダメージが少なく済む箇所なんですよね、そこを剣道が創設された時に

創始者たちもそれが分かっていて有効ポイントにしたわけですよ)

そういう話が出てくる刀は当てにならない証拠ですね、

似非居合や刀狂信者がとても嫌がる本です、なぜなら自分たちが祭り上げる刀の欠点と現実が

嫌と言うほど分からせられるのでそういう本がある事が許せないわけです、

当然そういう本の存在など教えないし門下がもつそんな物について聞いてきても

大したものじゃない読むななどと思想統制に走るわけです、

もっともカッコつけたいだけの軽薄な輩は最初から自分のやってる事に色々と

想いを馳せることなどないだろうけど、だから軽いし薄っぺらい

今までいろいろな人の恩情や死にたくもないのに食べ物として死んでくれた生き物に

報いようとか感謝しようとか言う心がない、そんな奴が愛されるわけもないし

この世の中に必要なわけがない人の形した動物以下の何かですよええ、

しかし興味のある人が実際に手に取って使えばどの程度のスペックかは

おいおい分かるんですよなんという思慮の浅さか、

今では刀なんか物を選ばなけれ5万円くらいから買う事も出来ますからね

売る方は高く売りたいからもったいぶってるが実際は売れなくてヒーヒー行ってるんだ

それで試す事は簡単なんですぐバレる嘘なんかついちゃダメなんですよ

包丁刀と鈍刀の使い分けをしているから似非居合の輩なんかもそれは分かってるだろうに、

いつも嘘やまやかしがばれないか内心でびくびくしているウソつきちゃんでいて

恥ずかしくないだろうか、とても日本の伝統や武道に携わる資格があると思えない、

 

ただ刀には作った人のあるいは古い品ならば託された思いであったりがあるわけで

文化と伝統の体現した日本のメンタリティの象徴の一つの形ですから

性能云々はさておいてもそれは尊重し自分が死んだ後はだれかに「良い状態で」

バトンタッチできるようにはしておきたい、

そして過剰に持ち上げて嘘をひとに伝播しない事これは所持する方の義務と責任です、

最近刀剣乱舞だったかのゲームや漫画アニメからにわかが日本刀にはまって金にあかして

実刀を買って来ても手入れせず信じられないくらい短期間にダメにしてしまって

修理や研ぎに直しを持ちかけはするが費用を聞いて引き下がり現状放置でもっと刀を

ダメにするケースが聞かれるようになりましたがこれはいけない

バカな外人とやってる事が同じなんですよ金があれば何をしてもとか自分の自由や

人権がとかわがままやエゴの前面に出た非常によろしくない事柄です

自分の内面を見つめなおしましょう、個人の自由も大切ですが

伝統や矜持全体の調和はそんなものよりもっと大切です

そんな事も分からん人の形した動物以下のやつらの人権や自由はその命に

相応して価値のない物です、せいぜい今度生まれ変わる時には人様の役に立つ

ウシかブタにでも生まれ変わってくださいね、

 

つづく