山の里加子母。今朝は雨。今日は一日「雨」の予報です。

   

         ニコニコ        爆  笑        照れ        ウインク

 

名古屋市中区の眼科杉田病院で「白内障」と「黄斑前膜症」の手術を受け、5日の入院生活を経た後、昨日の午前に同院を退院して、午後に無事に我が家に帰りました。

ご心配をいたただきました皆様に厚く御礼を申し上げます。これからはしばらくは眼帯を付けたまま静養期間に入ります。 

 

というわけで、5日ぶりにブログを再開します。

 

        カメラ         メガネ         メガネ          カメラ

 

白内障の手術は今や日常の医療行為。妻も昨年、市内の眼科医院で日帰りの手術を受けています。ご近所などの方や、知人も日帰りで手術を済ませた方が多くなりました。

 

私の場合。細かな字が見ずらくなったことから市民病院の眼科を受診したところ、白内障、黄斑前膜症に加え初期の緑内障と診断されました。

 

担当に医師から「白内障と緑内障は市民病院で治療できますが、黄斑前膜症の手術はできないので専門病院を紹介します」ということになりました。

 

その紹介先が名古屋市の眼科杉田病院。開院後100年の歴史を持つ眼の専門病院です。

地元だけでなく全国から患者が訪れるとのことです。

 

以下の画像は、同院のホームページに掲載されたものを転載しました。

 

私が白内障と同時に受けた「黄斑前膜症」の手術の概要図です。黄斑前膜症の手術では、網膜の前面に張り付いた膜をカッターで一枚づつ剥がしていく様子が、私にも見えていました。

 

 

 

私の手術時間は、手術の待合室に入ってから約40分?くらいだったと思われます。

 

 

 

 

手術室前の家族待合では、モニター画面で手術中の様子をライブで見ることができます。

付き添った妻も手術の様子を画面で見ていました。

 

この画面は、白内障の手術の様子です。