山の里加子母。今朝は雨。昨夜遅くに降り出した雨は、夜半に雷を伴う大雨になりました。窓越しに雨の音が聞こえていました。

 

       車         救急車          車           救急車       

 

今日の午前中、後期高齢者の自動車運転免許証更新の条件でえある「認知機能検査」を受けるために、中津川市茄子川の東濃運転者講習センターへ出かけます。

 

この検査の一番の難関は、テレビ画面に映しだされた16枚のイラストを記憶して、その直後の問題を回答した後、記憶したイラストの名前を回答用紙に記入する検査。

 

歳を経るごとに記憶力が衰えていくのは必然なだけに、この検査をクリアーできるかどうかが、「認知機能検査」のポイントといっても過言ではありません。果たしてどうなりますか・・・。

 

        カメラ         カメラ          カメラ          カメラ

 

昨日は雨の予報でしたが、降ったのは短時間で大地を潤すほどにはなりませんでした。

それでも確実に気温は下がり、秋の気配が漂う一日になりました。

 

以下は、そんな気配が漂う山の里の風景の一部です。いつもの年なら周囲の山の山頂部から紅葉が始まるのですが、今年はまだその兆しがほとんど見えません。

 

小郷の里のソバ畑。面積は約2000㎡程ですが、当地では唯一のソバ畑です。

 

 

ソバ畑の奥は「加子母トマト」を栽培しているビニールハウス。今月末まで収穫が続きます。

 

 

この時期に秋を象徴するススキの穂。小郷の里の稲刈りが終わった田の畔で、風に揺れるススキです。

 

 

ソウタの散歩道から福崎公園を望む白川(旧加子母川)沿いのススキです。鮎釣りのシーズンが終わって、川に人影を見ることは少なくなりました。

 

 

ソウタのお散歩道コースの一つである福崎公園。白川への降り口にある木の葉が色づきはじめました。木の名前は不明です。

 

 

いつもの年なら9月末で収穫を終える「ミニトマト」が、今年はまだ色を付けていて食卓に上ります。

 

この時期に収穫できるのは、高冷地の当地としたは珍しいことです。夏日が長く続いたことによるものと思われます。

 

 

*撮影日=2021.10.11