教育勅語【再掲】 | あたま出版ブログ 禿頭席(とくとうせき)

あたま出版ブログ 禿頭席(とくとうせき)

あたま出版http://atama-pub.net/  のブログです。夫婦で書いています。


テーマ:

私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道徳的な国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。 そして、道徳的な政治のお手本をしてしてくれました。

国民の皆さんは、お父さんお母さんに孝行して、兄弟姉妹は仲良くして、夫婦は円満に愛情が溢れていて、友だちとはお互い信頼し合って礼儀を守り、自分はあまり調子に乗らないで控えめにして、人には親切にして、勉強を頑張り、仕事を身につけて、さらには知識を広めて自分の才能を磨いて、人柄や品性を高めて、進んでみんなのためになることを考えて、社会のためになるお仕事をして、 いつでも憲法を大事にして、法律、そして秩序を守りましょう。
非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。

そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

  このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行なっても、間違いないことです。

 私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

明治二十三年十月三十日
天皇陛下の署名と印

 

 

柿本あつやの常在戦場


 

12の徳目


 

柿本あつやの常在戦場
 


 

12の徳目
 

1 親に孝養をつくそう(孝行)

 

2 兄弟・姉妹は仲良くしよう(友愛)


3 夫婦はいつも仲むつまじくしよう(夫婦の和)


4 友だちはお互いに信じあって付き合おう(朋友の信)


5 自分の言動をつつしもう(謙遜)


6 広く全ての人に愛の手をさしのべよう(博愛)


7 勉学に励み職業を身につけよう(修業習学)


8 知識を養い才能を伸ばそう(知能啓発)


9 人格の向上につとめよう(徳器成就)


10 広く世の人々や社会のためになる仕事に励もう(公益世務)


11 法律や規則を守り社会の秩序に従おう(遵法)


12 国難に際しては国のため力を尽くそう、それが国運を永らえる途(義勇)

 

 

柿本篤弥さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス