靖国神社に参拝するおじいさんの話 | あたま出版ブログ 禿頭席(とくとうせき)

あたま出版ブログ 禿頭席(とくとうせき)

あたま出版http://atama-pub.net/  のブログです。夫婦で書いています。


テーマ:

以下は友人から教えてもらった話です。

胸が熱くなるような話でしたので、転載します。





リツイートです。

http://t.co/iuWTBTv

Tweet

昨日靖国神社に参拝してきました。

参集殿前のベンチで休んでいた時、隣に座った93歳のおじいちゃんが話しかけてくれました。

皆に知ってもらいたいので、脚色なく書きます。

以下すべておじいちゃんの話です。



暑いね~。

初めて靖国神社に来たのかい?

いくつ?

24歳か~。

若い人が靖国神社に参拝してくれるのは本当にうれしいよ。

僕はね、ガダルカナル島に行ってたんだよ。

右足撃たれちゃって途中で離脱しちゃったけどね(笑)

はぁ~

今の日本みてどう思う?

ねえ戦争についてなんて習った?

くやしい、本当にくやしいよ(ここでおじいちゃん泣き出した)

侵略戦争じゃないんだ、防衛戦争だったんだ。

強制連行なんてしてないんだ、不法入国されたんだ。

従軍慰安婦なんていなかった、募集慰安婦だったんだ。

国を守ったのに…どうして僕たちは殺人者のレッテルを張られなくちゃいけないんだ。

戦わなかったら日本はなくなってたんだ。

なのに・・・・・・なのに・・・・・・

あの時死んでればよかった。

死んでればこんなくやしい思いをしなくて済んだんだ。

あの時なんで心臓じゃなく右足だったんだ。

ごめんね、取り乱して。

僕はね、衆議院のエレベーターボーイしてたんだ。

今みたいにボタン押すんじゃなくてね、ハンドルでエレベーター動かしてたんだよ。

東條閣下も何度も乗せたよ。

乗るたびに「ご苦労」って言ってくれてね。

あんな高飛車じゃない政治家は他にいないよ。

国会議事堂の真ん中の建物の最上階に何があるか知ってるかい?

先輩からあそこは立ち入り禁止って言われてたんだけど、ある日東條閣下に行ってみたいとお願いしたら入らせてくれたんだ。

檜で造った立派な鳥居が皇居のほうに向かってあったよ。

素晴らしいものだった。

ねぇ、東條閣下は怖い人じゃないんだ。

日本を守りたかっただけなんだよ?

戦争に向いてない人だったと思うけどね。

本当はとっても優しい良い人だったんだ。

どうか忘れないでほしい、お願いだよ。

長く話してしまって悪かったね~。

来年も来るかい?

また会えたらいいね~。

それじゃあね。





先の大戦について、日本軍の負の部分、特に日本兵が大陸や半島でいかに悪いことをしたか、残虐な行為をしたか、さも見てきたように仰る人が少なくありません。

身内や親戚などから聞いた話も多く、信憑性のありそうな話もあります。


日本兵がすべて清廉潔白であったとは思いませんし、中には不心得者もいました。残虐な行為もあったかも知れません。


「よその国もしていたんだから構わないというのはおかしい。自らの行為をきちんと反省するのは、戦前からの日本人の美徳」と、戦前、戦中を否定している人が仰ったりします。


もうそろそろ、止しませんか? 自分達の先祖や生まれ育った国を悪く言うのは。


先人達に対し、静かに手を合わせませしょう。


「ありがとうございます」「おつかれさまでした」と。



柿本あつやホームページ

http://www.kakimotoatsuya.jp/





柿本篤弥さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス