2月12日(水)さくら通り虎丸商店街様の講座、終了しました! | 今より確実に店の売上UP!小売業の経営ドクター島村信仁による潰れない店作りとは?
2014-03-08 23:47:03

2月12日(水)さくら通り虎丸商店街様の講座、終了しました!

テーマ:¦-講演・講座・セミナーの報告
● 2月12日(水)さくら通り虎丸商店街様の講座、終了しました!

おばんでございます。島村信仁です。

秘書 「地元の郡山市さくら通り虎丸商店街様から依頼を受けた講座の様子を教えてください。」

ドクター島村 「最近は、福島県外で話をすることが多かったけれども、地元のお店さんに向けて話が出来る機会をもらったのはありがたいない。」

秘書 「そうですね。さくら通りは東日本大震災でかなり被害を受けた通りでしたからね・・・」

ドクター島村 「そうなんだない。今回は、そのさくら通りにあるお店、割烹赤津さんで講座を行ったばい。」

秘書 「割烹店で行ったんですね!?珍しい!」

ドクター島村 「いつもは、会議室やセミナールームなどの部屋だから、割烹店で行うのは新鮮でえがったない。」

秘書 「確かになかなかないから新鮮ですよね。逆に楽しそう。」

ドクター島村 「お店の中ということもあって、写真は撮影できなかったんだばい(汗)これが実際に配布された案内文になるばい。」



秘書 「ああ、こういうのがないと本当に行ったのか!?って思われてしまいますからね(笑)」

ドクター島村 「そうそう。そうなんだばい。今回は、手書きPOPの作り方講座ということで90分の時間で話をしたばい。」

秘書 「少しだけ内容をお願いします。」

ドクター島村 「POPはない・・・普通に書いていても売れないんだばい。書き手と売り手の目線がズレたまま書いている人が大半だからない。」

秘書 「・・・ズレるというと?」

ドクター島村 「売り手の気持ちでPOPを書いてしまっているからほとんどの人は売れないPOPを書いているのだけれども、そのことに気づいていない人がたくさんいるんだばい。」

秘書 「なるほど・・・」

ドクター島村 「お客様が買いたい!っていうふうになるPOPを書けた方がええばい?」

秘書 「どうすれば、そのズレに気づいて売れるPOPを書けるようになるのでしょうか?」

ドクター島村 「その方法は・・・ズバリこれだばい!」








小売店の手書きPOPで売上UP:経営ドクター島村信仁さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]