カキレイ★ブログ -「性別違和」(FTX)や「無性愛」「選択的シングルマザー」エッセイweb漫画-

カキレイ★ブログ -「性別違和」(FTX)や「無性愛」「選択的シングルマザー」エッセイweb漫画-

性別違和(性同一性障害)で漫画を描いてる華京院レイのブログです。
「Xジェンダー」で、恋愛に興味の無い「アセクシャル」、「無性愛者」です。
「選択的シングルマザー」です。
主にエッセイの4コマ漫画を描いてます。

★はじめまして、華京院レイです★
「性同一性障害者」でエッセイ漫画を描いている漫画家です。絵は全て自分で描いてます。
出生時の性別は女性です。

恋愛対象として、女性が好きな訳でも、男性が好きな訳でも無い、「無性愛者」です。

「FTM(女性→男性)」寄りの「FTX(女性→中性)」だと思います。自分でもわかりません。
ただこれだけは言いたいのですが、決してファッションとして男装している訳でも、
キャラ付けの為に男装している訳でもありません。
それなりに悩み、苦しんで生きてきました。

後に、海外の精子バンクを使い妊娠、出産しました!選択的シングルマザーです。


簡単なプロフィールです。
http://profile.ameba.jp/kaki-rei/
----------------------------------

★お仕事依頼は、ツイッターのリプライから相互フォローになり、★
★ダイレクトメッセージにて伺います。よろしくおねがいします。★

----------------------------------
●ツイッターです。フォローして頂ければ、更新を緩くリアルタイムでお知らせします。
 一番頻繁に動いています。
https://twitter.com/kaki_rei
----------------------------------
●ofuseです
 ofuseとはクリエイターに「感謝」と「応援」の気持ちを直接伝えたい
 ファンが投げ銭としてファンレターを送ることができるサービスです
https://ofuse.me/#users/8649
----------------------------------
●skebです
 skebとは短文で手軽にイラストを有償依頼できるサービスです
 アニメ系のイラストに限らず絵画風でも似顔絵(要写真)でもなんでもどうぞ
https://skeb.jp/@kaki_rei
----------------------------------
●最近の出来事など


2019/9/5




abemaTVのニュース番組「abema prime」にVTRで出演しました。
「結婚制度に疑問、アセクシャル…様々な理由から増える「選択的シングルマザー」を認め、支援する社会に」





----------------------------------
2018/8/3

ハフィントンポストに私の取材記事が掲載されました。
「「家族がほしい」と願ったXジェンダーは、精子バンクを選択した。」
好評だったようで後日韓国版ハフィントンポストにも翻訳され掲載されました。


----------------------------------
2018/5/22
東京新聞2018/5/22
東京新聞

東京新聞朝刊にインタビュー記事が掲載されました。
無性愛や選択的シングルマザー、精子バンクの利用について書かれています。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2015/12/25単行本 発売

「女だけど女装してキャバ嬢してみた!-ヒゲ女子のいる店-」発売です!

男性ホルモンを打ちながらキャバ嬢をしていた私のエッセイ漫画です!

100ページ以上の描きおろし!よろしくおねがいします!


★女だけど女装してキャバ嬢してみた!★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

----------------------------------
★ブログ上の漫画のもくじ★


自己紹介
性同一性障害って?
無性愛者って?
Xジェンダー(中性など)って?
胸を潰すために
洋服
下着
お風呂
子供の頃の夢
男子と私
----------------------------------
$華京院レイのブログ

 

「選択的シングルマザーが15年で3倍に増えた事についてどう思う?」

という質問へのコメントです。

 

まずはじめに、「選択的シングルマザーが15年間で3倍に」との事ですが、正しくは「未婚のシングルマザー数が15年間で3倍に」という数値です。

「選択的シングルマザーとは妊娠前からシングルマザーになる事を選んだ人」であり、

「未婚のシングルマザー」と「選択的シングルマザー」は大きく異なります。

その為、「妊娠前からシングルマザーになる事を選んだ人」が3倍の数になったようには私には思えません。

 

ただ、ここ数年でメディア等によって選択的シングルマザーが取り上げられた事により、

「妊娠前からシングルマザーになる事を選んだ選択的シングルマザー」という生き方を将来的な選択肢の一つとして加えた方は少なくないと思います。

 

一般的に女性には妊娠、出産の適齢期というものがあります。

その為、私を含む女性は「その適齢期内に、出会い、恋愛をし、結婚をし、出産をしなければ」という時間的な制約に縛られてしまっているように思います。

「選択的シングルマザーになる事」、または「選択的シングルマザーという生き方を自分の人生の選択肢に増やす事」は、

その時間的制約の焦りから解放される事にも繋がると思います。

そう考えると、これから「選択的シングルマザーという生き方を自分の人生の選択肢に増やす」人は増えて行くように思います。

私の両親は時間の制約により焦って結婚をし、その結果自分も相手も不幸になり、その両親の不幸と不満足が子どもである私にも波及し、私と父と母の家族は幸せではありませんでした。

「父と母がいれば幸せな子、シングルの子どもは不幸」と、単純には言い切れません。

 

「結婚」と「出産」を切り離し、もっと柔軟に社会が家族というものを捉えられれば、生きやすくなる人が増えると思います。

この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。