白髭神社 | おおとり駆の城日記

おおとり駆の城日記

子供の頃からお城好き 今までに巡ったお城の感想 その他どうでもいい趣味のことなどあれこれ綴っていきます

坂本城のあと、琵琶湖西岸を北上し、高島市にある白髭神社まで足を伸ばしました。



白髭神社は近江最古の神社とされ、その創建は約1900年前、第11代垂仁天皇の頃といわれています。祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)で、社名のとおり、延命長寿・長生きの神様として知られ、福徳開運・縁結び・子宝・交通安全・船舶安全等人生の全ての道案内の神として古くから信仰を集めています。


戦国期に荒れ果てていた境内を豊臣秀吉の遺命を受けた秀頼が整備しました。


この本殿も片桐且元を奉行として慶長8年(1603)に造営させたものといわれています。桃山時代特有の建築様式を今に伝えるもので、国の重要文化財に指定されています。

境内には著名な歌人、詩人の歌碑が多数あります。古くは紫式部、松尾芭蕉、与謝野鉄幹・晶子夫妻が大正元年にこの白髭神社を参拝した時に読んだ「しらひげの  神の御前にわくいずみ これをむすべば 人の清まる」の歌碑もあります。


そして白髭神社といえば、「近江の厳島神社」ともいわれるように湖上に建てられた
朱塗りの鳥居で有名ですね。
もともとは鳥居も陸上にあったそうですが、琵琶湖の水位上昇によって、水中に立つようになったと伝えられています。現在の鳥居は比較的新しく昭和56年(1981年)に再建されたものです。

近年ではパワースポットとしても知られており、この日も若い人達の参拝者が目立ちました。
ただ、この神社の最大の問題と思われますが、湖上の鳥居と本殿の間を寸断するように国道161号線が走っているのです。
そのためお目当ての湖上の鳥居を見に湖岸に出るには交通量の多い国道を横断しないといけません。
神社の前には信号はおろか、横断歩道すらなく、次から次へと車やバイクがスピードを出して両方向から突っ込んできます。カーブの手前という悪条件もあり、車の切れた瞬間をみてみなさんそれっとばかりに一斉に走って渡ります。このあたり、地元の警察はなんとか考えてもらえないものでしょうか。


もうひとつ、残念なことは鳥居の周りを我が物顔でジェットスキーで走り回る輩の多いこと。
みんな湖岸から綺麗な鳥居の写真を撮りたいのに、彼らが邪魔になってなかなかシャッターを切ることができません。いつの時代でも、またどこの土地でも自己顕示欲の強い自分勝手な連中はいるものですが、こんな連中が高価なジェットスキーを購入できること自体が自分のような庶民からすると余計に腹立たしいです。
鳥居の周りを走りまわるバカ者どもに白髭様の罰が当たればいいとに思ったのは私だけではないでしょう。


国道の対岸から見た神社
たまたま車の切れた瞬間を撮りました。



ランキング参加しています。

よろしければご協力お願いします。