おおとり駆の城日記

明日の夜は 何国の誰か ながむらん なれし御城に 残す月かげ
新島八重


テーマ:

秋晴れの一日、名古屋城に行きました。


{4D1CB817-CFF0-4043-8740-754D11761355}

紅葉にはまだ少し早かったです。


{49904217-B6DB-45B2-A3E9-CB9AA588F91B}
「恩賜元離宮名古屋城」

名古屋城の正門前にある石碑です。
「おんし・もとりきゅう・なごやじょう」と読みます。
大正時代、名古屋城は宮内省の管理下にあり名古屋離宮として皇室の別邸とされていましたが、昭和5年に名古屋市に下賜されました。同じような例としては京都二条城があります。


{38C17065-0860-4BA1-BF4B-B770A122C2D3}
二代藩主徳川光友と正室千代姫
この日、名古屋城では秋祭りが開催中で菊花大会・菊人形展が開かれていました。
光友は初代藩主義直の長男で、以前このブログでも紹介した建中寺や八事興正寺など現在も市内に残る寺院を創建しました。
また万冶三年(1660)名古屋城下の大半が焼失したと言われる「万冶の大火」の後は、その復興に尽力し、現在も名古屋のメインストリートである広小路を碁盤割の南端に防火帯として作り、名古屋城下町発展の基礎をかためた殿様です。

{4E98F0B9-6EAC-499B-99F6-5031E39FFE3D}

{93671988-87F6-4FCE-9D9E-CA640E3A385F}


{72E28DDA-512A-4707-A38C-34F7BFD1A7C4}
「金鯱」
これはレプリカですが、名古屋城といえば金の鯱です。
戦国時代、江戸時代には安土城、大坂城はじめ家康の江戸城、駿府城など多くの城に金の鯱が使われていましたが、明治維新まで残ったのは名古屋城だけです。
その名古屋城の鯱も1945年(昭和20年)の名古屋大空襲で天守とともに焼失しました。
金鯱の残骸は、戦後GHQに接収されたのち、大蔵省に移り、1967年(昭和42年)に名古屋市に返還されています。
名古屋市は残骸から金を取り出し、名古屋市旗の冠頭と、金の茶釜に作り替えて大切に保存してあるそうです。
ちなみに現在の鯱に使われている金は2体で88キロ。時価で1億3千万とか。


{26F31002-C4F6-45DA-9EF0-291CEC8257E4}
「清正公石曳きの像」
天下普請が行われた名古屋城では加藤清正が天守台の石垣普請を担当し、その巨石を運ぶにあたって自ら石の上に乗り音頭を取ったと伝えられています。
天守の中には当時の石曳きを体験できるコーナーもあります。


{4213DFFA-A15A-4A93-A9DF-5C7851ABD7EC}
「東南隅櫓」
名古屋城にはかつて11の櫓がありましたが、戦災で天守とともにその大部分を焼失し、現在は東南隅櫓、西南隅櫓、西北隅櫓(清須櫓)の3基を残すのみです。いずれも重要文化財に指定されています。
今回は秋まつりのイベントで東南隅櫓の内部が公開されていました

二層三階ですが、他の城であれば天守としてもおかしくない堂々とした規模です。


{CCF23A6E-843B-4F6B-8AFA-0A6D77922783}

看板は明らかに前回西北隅櫓(清須櫓)が公開になったときのものを使い回ししています。


{594DB339-1185-4272-8BB6-B9A713669A2B}

石落としがあるのは1階ではなく、2階部分だけです。外側から見ると出窓のようになっています。


{2D83AE8B-DC3C-41D5-8DAB-47F751EEAD65}

内部はかつて武器庫として使われていたようです。


{3FF43B38-A8C7-4D95-BC74-F15B35844267}

3階から見る本丸虎口
枡形になっているのがよくわかります。
ちなみに左側は馬出しと呼ばれる部分ですが、現在は本丸との出入りをスムーズにするため埋められています。


本丸御殿と大天守はその2で紹介します。



ランキング参加してます。

よろしければご協力お願いします。






AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

おおとり駆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。