おおとり駆の城日記

おおとり駆の城日記

子供の頃からお城好き 今までに巡ったお城の感想 その他どうでもいい趣味のことなどあれこれ綴っていきます

子供の頃からお城好き 今までに巡ったお城の感想 その他どうでもいい趣味のことなどあれこれ綴っていきます

毎年12月に横浜で開かれている日本最大級の城郭イベント「お城EXPO」が今回出張版として滋賀県大津市で開かれました。



新型コロナの影響もあって、自治体ごとのブース出展が中止になるなど、規模を縮小しての開催になりましたが、自粛期間が終わったこともあり熱心なお城ファンが全国からつめかけました。


会場は滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール。現代のお城のような立派な建物です。



入場口
「もしサポ滋賀」というQRコードをLINEで登録することが必須となっています
万一感染者が出た場合に濃厚接触者にお知らせが来るというシステムのようで、時節柄仕方ないとはいえ、登録に手間取る人もいててなかなか列が前に進みません。

近江武将の戦国絵巻
戦国時代数々の合戦の舞台となった近江の国。パネル展示とお城ジオラマで紹介されています。

安土城


坂本城


佐和山城


彦根城


小谷城



日本100名城パネル展示

お城EXPOと同じ展示がありました。
滋賀県からは彦根城、安土城、小谷城、観音寺城が選ばれています。続日本100名城の展示はありませんでした。



観光情報ゾーン
滋賀県内のお城や観光パンフレットが置かれています。


また写真はありませんが、物販コーナーもありました。
オリジナル御城印帳、ステッカー、缶バッチや書籍などが販売されていました。こちらも本番のお城EXPOに比べると品数が少なめでひっそりという感じです。


縮小版の今回の出張お城EXPOですが、今回のメインは「厳選プログラム」


お城のスペシャリストが登壇して講演会やトークショーが2日間にわたって行われます。
来場できない人のためにオンラインでの視聴も可能です。こういうサービスは嬉しいですね。(私も2日目はオンラインで参加しました)

当日は中井均先生(滋賀県立大学教授)の基調講演を聞きました。
テーマは「近江守護・戦国大名の居城」
SNSでの講演内容の発信はご遠慮くださいとアナウンスがありましたので、今回は講演要旨のアップは控えますが、中井先生地元の滋賀県がテーマということもあって濃密なお城のお話が聞けました。


今回の戦利品

やはり自治体ブースがないということで貰えるグッズやパンフも少なめでした。

缶バッチは津山城と篠山城。手前の「日本100名城のひみつ」は萩原さちこさんが子供向けに書いたお城の本で以前からほしかったのですが、書店で見かけることがなかったのでちょうどよかったと思い購入しました。


本番のお城EXPO2020は12月19、20日の日程で例年通りパシフィコ横浜で開催される予定ですが、開催スタイルは大幅に変更されると思われます。



ランキング参加しています。

よろしければご協力お願いします。