スローライフ的日々雑感~ハーブのある暮らし~

「健康ダイエットごはん日記」や「ハーブガーデンつくりたい」で

書けないこと書いちゃおっと。たわいない独り言です。


テーマ:
photo:01

「大津波のあとに」
震災後二週間後の仙台、東松島、石巻を撮影した記録。

「槌音」
故郷の岩手県大槌町が被災、家族も被害に見舞われた監督が、津波に流されることを免れた震災前の貴重な映像を編み込んで綴ったドキュメンタリー。
(チラシの紹介文より抜粋)

photo:02



あの日から、まもなく一年。

映像は、ほんの一部を切り取ったもの。現実は想像を絶する。

カメラを向けられた被災された方の「伝えて欲しい。知って欲しい」という言葉が心に残った。

知らなければ…
忘れてはならない…と思う。





iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2本続けて観てきました。

やっと観ることできました。



photo:01





上映してくれた横川シネマ‼
ありがとう!

(7月1日まで上映予定)



photo:02



photo:04



「未来のエネルギーをどうするのか?
祝島とスウェーデンでエネルギーの自立に取り組む人々の物語」
とチラシにある
「ミツバチの羽音と地球の回転」
詳しくは、HPをご覧ください。

2010年の作品なので、もちろん大震災前。

原発予定地として、28年前から反対運動を続けている年配の女性たちの姿に、胸が締め付けられるようでした。
推進派と反対派に島は二分され、今も現在進行形なのです。

「ミツバチの羽音と地球の回転」公式HP→☆




「六ヶ所村ラプソディー」は、2006年の作品。
あの班目氏や、京大の小出裕章先生の
インタビューあり。

横川シネマ‼では、鎌仲ひとみ監督特集として、あと「ヒバクシャ 世界の終わりに」(2003年)とともに三部作を一挙上映中。




photo:03







ひとりでも多くの人に観ていただきたいです。




「六ヶ所村ラプソディー」公式HP→☆










※今日、石原東京都知事がテレビで

「日本は核武装せよ。徴兵制を導入せよ。軍事政権にならないと、何処かの国の属国になる」のようなことを言っていたのを見て、背筋が凍る思いでした。














iPhoneからの投稿

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

気がつけば、明日17日まででした。

タカノバシの映画館サロンシネマ2で19:30~1回のみの上映です。


癌に冒され<いのちの授業を続けた山田泉さんこと山ちゃん先生と

パリで出逢ったチェリストとの心の交流。


山ちゃん先生が作詞した歌が心に沁みます。

            ↓

http://www.youtube.com/watch?v=rGr3QLUJ5jY&feature=player_embedded


詳しくは広島ブロガーのゆたかにみのるさんの

ブログをご覧ください。→☆クリックしてくださいね。

いのちの恩返し―がんと向き合った「いのちの授業」の日々/山田 泉
¥1,680
Amazon.co.jp

「いのちの授業」をもう一度―がんと向き合い、いのちを語り続けて/山田 泉
¥1,890
Amazon.co.jp


公式サイト→☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前からずっと観たかった映画『六ヶ所村ラプソディー』

どうもタイミングが合わず観ることできず。

きょうも、『六ヶ所村ラプソディー』は(私は)観れなかった

のですが、この映画が出来た後も撮影を続けている素材を編集した

『六ヶ所村通信no.4』を観ることはできました。

鎌仲ひとみ監督の交流会(質問&意見コーナー)も上映後あったし

行けてよかったです。


『六ヶ所村ラプソディー』は核燃料の再処理の開始に揺れる六ヶ所村と

その周辺の人たちの姿を描いた映画。

詳しくはHPをご覧ください→☆(クリックしてね)

ブログはコチラ→☆


情報に流されながら生きている毎日。

でも本当に知らなくてはならないことを

知らないのでは?と感じてはいる。こういったドキュメンタリーを

観ると特にそう気づかされます。

何故、六ヶ所村の現状が伝えられないのか?

そういった質問を監督にした人がいました。

監督は、「マスメディアが伝えないことを、

自分がメディアになって伝えよう。マスメディアを敵に回すのではなく

努力しましょう」と。「情報の共有が大切」とも。そうなんですよね。

知らないじゃすまされないこと多いし、多くの情報の中からの取捨選択、

その裏に隠れていることを見極め、流されず、

判断し続けるそんな力が必要なんですよね。



六ヶ所村ラプソディー


『六ヶ所村ラプソディー』は、監督が2004年4月から東京と六ヶ所村の

往復を繰り返し撮影した200時間の素材テープを119分に編集した

映画で納まりきらなかったものを『六ヶ所村通信no.1~3』にまとめ、

きょう観た4が最新情報2007年8月~2008年2月撮影したものだそう。


ドキュメンタリーを観て、外から意見を言うのは簡単だけど、

そこに一生住み続ける地元の人たちの心情を思うと

複雑な気持ちだ。

「絶対安全だから大丈夫」と信じ続けるしかない。


反対派だけでなく、賛成派も淡々と撮り続けている。


観終わった後、じゃあ、どうすればよいの?と考える。

そういった質問をした若い女性もいた。映画をみて

実際六ヶ所村へ行き、映画にも出てくる農家さんも訪ね

何日か手伝ったそうだ。ヒロシマに帰っても関心は低いようで、

自分で出来ることはなんだろうと。節電とか、節水はしているが・・・。

すると監督は「上映会を主催した人たちとまずは繋がってみては?」

と提案されていた。


鎌仲監督は、予想以上に、さわやかで明るい、感じいい監督でした。

限られた時間内でテキパキと質問に答える姿が、小気味よい。


          ***************


帰り、広島市内の繁華街は、稲荷さん(とうかさん)という祭りで賑わっていた。

昨日も、今日も、浴衣姿が多くて涼しそう。

明日は日曜日だからもっと多いでしょうね。(私は仕事。。。)


おまつりといえば、加計もきょう、明日と「かえるまつり」開催中!

そして、とうかさんと同じく、6、7、8日に川・森・文化交流センターでは

「太田川クラフトフェスタ」開催中!

そして、そして毎年この時期吉水園ではモリアオガエルの産卵を

観ることできるので是非!オススメです。











いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。