コウノトリが飛来

テーマ:

野生のコウノトリは46年前に絶滅したが、近年人の手助け飼育や環境保全などで徐々に増えてきました。 

その コウノトリが 今朝の7:00  かかし村の田んぼに飛来してきました

そ~っと そ~っと 気配を消して 

電柱のかげに隠れて カメラをかまえていると  きた きた

近づいてきました 

朝食の邪魔をしてはいけない と 気を使いながら・・・

思っていた以上に でかい! なかなかのイケメンでした(笑)

 

20mほどの距離から撮った写真です

 
 
 
 

 

 

 

 

海陽町では なべ鶴も住み着いて鳴きながら 20~30羽が編隊組んで飛ぶ光景を

良く見るようになりましたよ。

 

AD

漢方米 米ぬかの力

テーマ:

漢方米のオーナー様である

鳴門のアプロサイエンスさんと

徳島大学が共同研究していた

「漢方米の米ぬか成分」の

研究結果が出ましたのでお知らせいたします。

 

梅宮アンナ ・ ピカ子 ・ あびる優 の人気TV番組

「ガールズ ハッピー スタイル」でも紹介されました

 

*下記アプロサイエンスさんの HPよりご覧ください

 

https://research.tanpakushitsu.com/

 

 

 

この方々の苦労の研究結果が証明されました  ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

 

AD

外は 中秋の名月 まんまるお月さんが 笑っています

 

これは 昼間のできごと

毎年 漢方米の田んぼをご契約いただいている会社

徳島県 鳴門市の「アプロサイエンス」の皆さんが 

社外研修をかねて 「収穫祭」に来てくださいました

 

2組に分かれて 餅つき体験 と 稲刈り体験をしてもらいました

 

こちらは 餅つき隊

稲刈り後の 2番穂が生えてきた田んぼに 

石うすをすえて 自然の中で 餅つきを開始

 

ペッタン ペッタン・・・と  いかない

う~んえーん 重いよオ 

(後ろにご注目)キョロキョロ

それを見ているほう も思わず 力が入ります

だから( ^ω^)・・・「力餅」なんでしょうか(笑)

 

 

 

さすが~男性 頼もしいラブ  と 女性の熱い視線を受けて

パワーも一段と アップ!

 

 

 

一方 こちらは    稲刈り隊

のこぎり釜を使って 稲の穂をギュッとつかんで刈り取り中 

ザック ザック刈り取る時の音が

気持ちイイ ストレス発散 :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

でも腰が痛い!

まぁ ボチボチ いこナ~

 

 

刈り取った 稲を束にして 藁でしばり・・ 「ハデ 作り」

ところがドッコイ この作業 簡単そうで けっこう難しいえーん

稲を束に握り 地面に立てて トントン 元を揃えて トントン

思わず 口から「トントン」とでてしまう ( ̄▽ ̄)

 

ぎゅっと 縛った稲束を ハデにかけました

 

・・・と まぁ そのぉ~ 色々ありましたが

ケガもなく マムシにかまれる こともなく  

熱中症もなくて

良かった 良かった   記念写真

作った「ハデ」の前で・・・・・刈ったど~

 

 

一仕事終えて 

 

つきたての餅を ガブリ

うんめえ~えええ

「やっぱり 餅はつきたて やな~」

昼食まで  待てない人続出  

こんな姿は街中では見せられませんてへぺろ

親や子にも旦那さまにも・・・黙っていてナてへぺろ

 

ランチタイム は 豪華「伊勢海老の味噌汁」

と つきたての餅 と

 

現場で炊いた 

炊きたての「新米 漢方米」

 

行列のできる炊飯器 店

「ハイ 並んで ならんで! こらムキー ズルは駄目だよ」

 

 

と 言う事もなく 爆  笑 仲良く 楽しく ワイワイ と

 

心も お腹も爆  笑 大満足の収穫祭 でした

「今日の満足度 ☆ ☆ ☆ 星三つ」 カナ

 

アプロサイエンスさんのホームページです

ご覧ください

 「5月田植え体験」の時の ドローン映像です

https://brand.aproscience.com/

 

 

AD

今晩のおかず

テーマ:

前に【魚屋さんから「カツオのたたき」 を作るのに

ワラが欲しいと頼まれ 稲藁を取りました】

って 記事を書きましたよね

 

その 魚屋さんから 

漢方米の藁のお礼です と言って

「カツオのたたきが届きましたあ~」

。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ

 

 
早速 今晩のおかずで いただきました
いやあああああ~ うま~いいいい~い
 
何と食レポをしましょうか?
 
表面のこげめから ほのかに漂う 藁の香り
藁以外では出せないカツオの旨みをひきだしています。

この味を知ってしまうと 1年は脳裏に刻み込まれて離れません

カツオがカツオを飛び越えていく 感じです

 
下手な食レポですみません (*'-'*)エヘヘ
送れるものなら ブログ見てくださっている全員に送りたい
ホント
新鮮なカツオ+無農薬漢方米の藁の 究極のコラボです
 
贅沢な夕食のおかずでした

 

漢方米 最後の稲刈り

テーマ:

今年の [漢方米]の稲刈り最終日でした

8月のお盆前の稲刈りの時は 気温は50℃近かったのに 

今日はなんと 楽なこと24℃ 時折小さな雨粒が落ちてきました

でも 何とか29年産 の稲刈り   おわった ああああ~

朝陽の中の まんじゅしゃげ と漢方米

この時は天気よかったのにナ(A m7:00頃)

 

★肩にとまったバッタ 正面からみると 仮面ライダー

漢方米の田んぼは とにかく昆虫が多い

オケラ カエル トンボ ミズスマシ バッタ

農薬(殺虫剤)を使わないから かな?

害虫も多いからそれを狙って益虫(バッターやカエル・トンボ)が集まって

害虫を捕食してくれる

漢方米の田んぼが 昆虫に優しい 自然環境に優しい理由がそこにある

だからそこで育つ漢方米は 人に優しい!

 

カラス・トンビ・シラサギ・白い羽の可愛い小鳥

カメラをかまえたら サッといなくなった

信用ないんだなぁ~(笑)

 

コンバインで稲を刈っていると バッタが腕や肩に飛び乗ってきた

こちらは、遠慮なく 顔にだって飛び乗ってくる

胸にとまったら 生きたブローチ 

 

あと 一筋で   お ・  わ ・ り

「お疲れ様でした」 と

機械 と 自分の身体に つぶやく

 

残るは もち米だけ

10月4日 「アプロの収穫祭」 (今年で3回目)

手で刈り取って「ハデ干し」 

石臼で餅つきして つきたてを食べる

何餅にしようかな? ヨモギ餅 芋の餅 小豆餅?

 

 

18

テーマ:

                   台風18号がやってきます

      18(イヤ)と言う数字は 毎年日本に大きな被害をもたらす嫌な台風だそうです。 

      今日はその対策で 家を囲ったり ビニールハウスを補強したりです

      案山子地方は・・・今晩くらいから 明日17日に かけて暴れて通るらしい

            進路の方 ご注意下さい 早めに対策を・・・ 台風の最中や直後には危険な

      ところには行かないでください(気象予報士のような事を言いました)

 
 

 

          漢方米の稲刈りも あと少し残っています   約 3反

      そのうち0.8反は アプロサイエンスさんの「収穫祭(10月4日)」

      に稲刈り体験をする もち米を作っています。

      手がりして 「はで」 を作って 天日干し します(こんな感じ)

 
           当日は ペッタン ペッタン 石臼と杵で 餅つき大会を企画
           つきたての餅を食べて貰います。 (こんな感じ)

        昔 使っていた「石臼と杵」が残っていたので 引っ張り出してきました

 
              あとは   太陽晴れ男  晴れ晴れ女 が集まるだけ(笑)
              まさか 台風など来ないよネ
 
 
 

 

 

稲刈り トンビ時々とんぼ

テーマ:

台風18号  18(嫌な)台風です 予報コースを来ると

猛烈な暴風雨になりそう 

台風が来る前に と今日 漢方米の稲刈りをしました

 

知り合いの魚屋さんから「カツオのたたき」 を作るのに

ワラが欲しいと頼まれ 稲藁を取りました

漢方米の藁の匂いがする 「カツオのたたき」 絶品です

 

稲刈りをしていたら 赤トンボが2匹戯れていました

恋人同士かな~? 邪魔したら悪いと 稲刈りストップ

カメラを向けたら 恥ずかしがって 離れてしまった

ごめん ゴメーン   ごめ~ん ゴメーン

トンビ集団が集まってきました

頭のすぐ横を ビューっとかすめて飛ぶ

風圧と 羽音でビックリ ビックリ  ビックリ

 

畦には まんじゅしゃげ(ヒガンバナ) が咲き始めています

秋が 来ているのを感じる 猫じゃらしも写っている

これは 来年用の「漢方米の種もみ」です

天日で干して保存(来年3月の苗作りに残します)

安全な漢方米は 種から始まっています 

この種籾を使って 自分たちで「漢方苗」を作っているんですヨ

 

稲刈りはまだ残っている・・・台風来るな!!

 

 

稲刈りの社員たち

テーマ:

秋らしく澄み切った空気になってきましたね

日中は まだまだ暑いけれど 

夜や早朝は とても気持ちが良い風が吹いています

漢方米の稲刈りも 残り半分になりました

雨の合間の天気を狙って 稲刈りがすすんでいます

 
 

 

こちらでは端刈(はたがり)と言って 稲刈りの前日に田んぼの

4隅を刈り取って コンバイン君が方向転換するスペースを作ります

軽トラにのっているのが「秋太郎」君 コンバインからモミを受けて

乾燥機まで運ぶ 運び屋さんです

遠くでコンバインが汗を流して 働いています。

刈取り・脱穀・選別・藁を刻んで田んぼの撒く 

4役を一人でこなす 有能な社員です

ひぇぇ~の続き

テーマ:

暑い 暑い と言っていいたら いつの間にか9月ですね

空気が全く変わってきました

太陽の下は相変わらず45℃を超える きつ~い日差しですが

空気が乾いてきたので 風が吹くと涼しい 木陰ではヒンヤリします

夜 見上げると 

天の川 白鳥座 織姫(ベガ) 彦星(アルタイル)の 夏の大三角がまだクッキリと見えます

 案山子の大好きな 秋の季節です

  と

前置きはこのくらいにして

今日 前回の記事で刈り出した「にっくき ひぇぇ~」が良く乾いたので

 焼きました よく燃えましたヨ 

残った畔の草はには 害虫の卵が産みつけられているから

11月頃に 草刈りして乾いたら 又燃やします

あれ!?

前置きの方が長くなってしまいましたね(笑)

 

 

ひぇぇ~

テーマ:

ご無沙汰しております

案山子は稲刈りの真っ最中です

 

無農薬の漢方米も色がついてきました

無農薬ゆえの“悲劇” 雑草(ヒエ)がはびこってしまいました

毎朝    ヒエがいっぱいの田んぼを見て 「 ひぇぇ~ 」と悲鳴ガーン

このままでは、稲刈りできへん。

 

太陽があがる前から田んぼの中、昼間は45℃を超える高温の中

(ヒエを刈りだしています。軽トラック2車ほどの量でした)

 

(★刈り取ったヒエを畦に並べ干してから焼却します)

(★ コレみ~んな ヒエです)

 

稲の葉先で目を突き眼医者に走ることしばしば 、釜で指を切りました、 

吸血鬼(アブ)に襲われました マムシと遭遇しました、

中腰の作業は腰痛になり、 昨晩は両足が痙攣して悶えのたうち回った

1週間ヒエと戦って 今日の昼 やっと1枚の田んぼが終了!

無農薬の苦労は想像を絶する作業です・・・

なのにどうして?と聞かれる事があります

答えは・・・

「農薬を使わないと 約束したから」

だからどんな事があっても 農薬は使わない!と決めている

 

徐々に増えてきた 無農薬漢方米の契約栽培は8反(8000m2=約2400坪)

これが 無農薬の限界かと思う 心配

これ以上契約すると 案山子のからだが無能役になってしまう(笑)

 

皆さん お店で「無農薬米」を見かけたら

その陰で まじめな生産農家の方が命を削って作っている姿を想像して下さい

「ご苦労様」と そっと言ってあげて下さいネ