神奈川県

テーマ:

平成30年7月2日(月)、梶山弘志(内閣府特命担当大臣)は、神奈川県(横浜市、藤沢市、川崎市)を訪問し、地方創生に取り組んでいる現場の数々を視察。
 横浜市では、国家戦略特区制度を活用したホテルシップの取組をはじめとする客船クルーズの受入れ機能強化の取組など横浜港の国際競争力の強化に向けた取組を視察。
 藤沢市では、「SDGs未来都市」の先導的なモデル事業が行われる藤沢SSTを視察し、国家戦略特区制度の下、関東で初めてオープンした農家レストラン「いぶき」において意見交換を行いました。
 川崎市では、成長戦略拠点の形成を支えるインフラとして期待される羽田連絡道路や国内外の大学や企業が連携し、ナノ医療技術の実用化に向けた研究を実施するナノ医療イノベーションセンターを視察。

 

横浜港を船上から

 

 

 

藤沢SST

 

 

 

 

 

 

 

農家レストラン「いぶき」において意見交換

 

 

 

羽田連絡道路の工事現場視察

 

 

ナノ医療イノベーションセンターにて

 

(事務所スタッフ報告)